スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ダイハツロッキー スズキクロスビー比較してみた

国内でジャストサイズといえるコンパクトSUVダイハツロッキーとスズキクロスビーを比較してみます。これまではスズキが得意としていたサイズですが、満を持してダイハツがロッキーを投入し、このクラスでも戦いが始まりました。それぞれのコンセプトと個性をもち誕生した、ロッキーとクロスビーの違いを確かめてみます。

ダイハツ新型ロッキー試乗してみた

ダイハツの新型ロッキーがいよいよ登場します。ロッキーは使い易いサイズを求めて開発された、コンパクトSUVで全長は4m、全幅も1.7m内に収まる大きさです。スタイルがトヨタRAV4に近くミニRAV4的な外観は、SUV的なカッコ良さをもつ力強さが特徴となっています。価格も廉価したとする新型ロッキー試乗してみました。

トヨタ新型カローラツーリング試乗してみた

カローラスポーツに続きワゴンのカローラツーリングとセダンが登場し、カローラフファが待望するラインナップの完成です。国内仕様のツーリングとセダンは海外モデルとは違い、専用車であることが大きな特徴となっています。今回は人気を集めそうなワゴンボディのカローラツーリングの試乗を行ってみました。

ホンダN-WGNカスタム/日産デイズハイウェイスター比較2019

軽ハイトワゴンのホンダN-WGNと日産デイズが2代目へと進化しました。両モデルはクルマの基礎となるプラットホームから開発され、新世代の軽自動車として高い性能を備えています。ハイトワゴンに新しい基準を持ち込んだN-WGNとデイズ比べてみます。比較したのはN-WGNカスタムとデイズハイウェイスターです。

ホンダ新型N-WGNカスタム2019FMC試乗

ホンダN-WGNがフルモデルチェンジを行い2代目へと進化しました。新型N-WGNではこれまでの、ライバルに追随するようなスタイリングを止め、独自のコンセプトで新しいポジションを確立しようとしています。軽ハイトワゴンの新たなシンプルスタイルを追求した新型N-WGN試乗してみました。

タントカスタム/N-BOX カスタム比較2019

軽自動車の頂上決戦となるダイハツ「タント」とホンダ「N-BOX」の戦いが始まります。現在、販売台数日本一を記録する「N-BOX」は人気No.1を誇りますが、元祖スーパーハイトワゴンのダイハツ「タント」が、6年振りのフルモデルチェンジを行い王座復帰を狙っています。この戦いを制し勝つのはどちらになるのでしょうか。

ダイハツ新型タントカスタム2019/7(FMC)試乗

ダイハツ「タント」がフルモデルチェンジを行い4代目となる新型モデルの登場です。近年「タント」はライバルの台頭によりトップの座を失い後塵を拝する結果となっていました。新型「タント」ではダイハツ史上初となる開発を行い、軽自動車初となる装備も備え巻き返しを狙っています。全面刷新した新型「タント」の実力確かめてみます。

ホンダシャトル/トヨタカローラフィールダー比較2019

ホンダ「シャトル」と、トヨタカローラ「フィールダー」を比較してみます。両モデルは今や貴重な存在となる5ナンバーサイズステーションワゴンで、取り回しの良い扱い易いサイズが特徴となっています。実用性の高いステーションワゴンとしては、どちらが優れているのでしょうか。

ホンダ新型シャトル2019/5MC試乗

ホンダの5ナンバーサイズステーションワゴン「シャトル」が、2019年5月にマイナーチェンジを行いました。今回「シャトル」のマイナーチェンジでは、前後バンパーの形状を見直し、フロントフォグランプの形を変えて、シャープなイメージを強調しています。貴重な存在となったワゴン「シャトル」試乗してみました。

ホンダ新型N-WGN2019年7月18日登場

ホンダが軽ハイトワゴン「N-WGN」のフルモデルチェンジを行い、新型モデルを2019年7月18日に登場させます。新型「N-WGN」では大ヒットとなっている2代目「N-BOX」のノウハウを注ぎ込み開発されたと考えられ、軽自動車の枠を超えた高い性能をもつことが予想されます。2代目となる「N-WGN」いよいよ発売です

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171