ダイハツ「トコット」スズキ「ラパン」比較してみた

ダイハツ「トコット」とスズキ「ラパン」の比較を行ってみます。「トコット」と「ラパン」は若い女性に向けた車ですが、「トコット」ではこれまでとは違うスタイリングとなり、「ラパン」は一見して女性に向けた車とわかるカタチをしています。それぞれのスタンスで、女性にアピールする「トコット」と「ラパン」の違いを調べてみます。

ダイハツ新型「トコット」試乗してみた

ダイハツより女性を意識した新型車「トコット」が登場しました。「トコット」は女性へ向けた「ミラココア」の、ポジションを引き継ぐ車ですが、多くの装飾で盛ったこれまでの仕様から、肩ひじを張らず自然体で乗れる車へと、大きくコンセプトを変えています。シンプルなスタイルとなった「トコット」の完成度を試乗で確かめてみました。

ホンダ「N-VAN」ダイハツ「キャディ」比較してみた

新しい商用車として登場した、ホンダ「N-VAN」とダイハツ「キャディ」を比較してみます。両モデルは4ナンバーの軽商用車ですが、乗用ベースの車で開発が行われています。しかし、造り込まれたコンセプトと、詰め込まれたアイデアイには大きな違いがあります。新しい軽バンとして使えるのは、「N-VAN」「キャディ」どちらか?

スズキ新型「ジムニー」試乗してみた(2018/7FMC)

20年振りのフルモデルチェンジを行い、スズキ新型「ジムニー」が登場しました。「ジムニー」は軽自動車でありながら、本格的な走破性能の高い4×4のオフロードカーとして、世界中にコアなファンを持つ車です。新型車は実用性を追求したスタイリングが特徴で、機能的なカッコ良さをもっています。4代目「ジムニー」試乗してみました

ホンダ「N-VAN」試乗してみた

ホンダより新しい軽商用車バン「N-VAN」が登場しました。「N-VAV」はこれまでの軽商用車「アクティバン」に変わる車です。軽バン初のピラーレススライドアを採用し、大きな開口部をサイドに設け、積載性を大幅に向上させています。また、助手席までフルフラットとなる構造は、長尺ものの荷物にも対応しています。

トヨタ「カローラスポーツ」試乗してみた

トヨタ「カローラ」に新しく「カローラスポーツ」が登場しました。「カローラスポーツ」は5ナンバーサイズの、セダン、ステーションワゴンとは違い、TNGA-Cのプラットフォームを使用し、3ナンバーサイズのワイドなボディを纏っています。新しい機能を搭載し走りに磨きをかけた「カローラスポーツ」試乗してみました。

ホンダ「シビックハッチバック」スバル「インプレッサスポーツ」比較してみた

7年振りに国内へと回帰し注目を集めるホンダ「シビック」と、5代目となり新しいプラットフォームで、走行性能を高めたスバル「インプレッサ」を比較してみます。対象としたのは「シビックハッチバック」と、「インプレッサスポーツ」です。ミドルクラスの5ドアハッチバックとなる両車は、どのような違いがあるのでしょうか。

【もっと早く買えば良かった】電動インパクトレンチ使ってみた

メルテックの電動インパクトレンチを購入してみました。購入したのは電源が必要とされる、AC100Vのコード付きのタイプです。幾つかの電動インパクトレンチを比較し、軽量なメルテック電動インパクトレンチを選んだのですが、そのパワーの実力はどの程度なのでしょうか。メルテック電動インパクトレンチ使ってみました。

タイヤ取付の安心を高めるトルクレンチ使ってみた

タイヤホイールの締め付けトルクを、適正な値で管理するために、トルクレンチを購入しホイールの取付を行うことにしました。今まではクロスレンチを使用し、感覚でホイールを取付ていたため、締め付けには若干の不安があり、確実性を高めることにしました。トルクレンチは精度よりも価格を重視し商品を選択してみました。

スズキ「スティングレー」ダイハツ「ムーヴカスタム」比較してみた(2018/6)

軽自動車の代名詞とも言えるスズキ「ワゴンR」と、ダイハツ「ムーヴ」のスポーティテイストを受け持つのが、「スティングレー」と「ムーヴカスタム」です。両車はともにエアロパーツを装着し、ノーマル車とは違う迫力のある力強いスタイリングを特徴としています。ともに軽自動車のスペシャリティーカーとして、ライバル関係にある「スティングレー」と「ムーヴカスタム」の比較を行ってみます。比較するグレードは「スティングレー」がベースグレードの “ L ”、「ムーヴカスタム」は中間グレードの X  “ Limited SAⅢ ”です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告