スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

トヨタ新型ハリアー試乗してみた 2020/6FMC

トヨタのアッパークラスSUVハリアーがフルモデルチェンジを行い、4代目となる新型モデルが登場しました。新型では都市型SUVの性格を益々強め、クーペフォルムのスタイルにコンフォートな室内をもつモデルとなっています。上級SUVの魅力を高めた新型ハリアー試乗してみました。

ダイハツタフト・スズキハスラー比較してみた

軽SUVの新顔ダイハツタフトと確固たる人気を確立しているスズキハスラーを比べてみます。軽SUVの王者として独走するハスラーは、2代目へとバトンタッチし進化を続けています。このハスラーにタフな外観で挑むタフトは、新しい軽SUVのスタイルを定着させることができるでしょうか。

ダイハツ新型タフト試乗してみた2020/6FMC

ダイハツから新型軽SUVタフトの登場です。タフトは東京モーターショー2019で発表された、コンセプトモデルWaku wakuが原型となるクルマで、目指すのは軽SUVで人気を誇る、スズキのハスラーを打倒することです。ワイルドで野性的な外観で表れたタフトは、新しい軽SUVの流れを作り出すことができるのでしょうか。

スズキ 新型ハスラー2020/1FMC試乗してみた

大ヒット作となった初代ハスラーの後を引き継ぐ2代目が登場しました。新型ハスラーは初代のイメージを残した、キープコンセプトのスタイルですが、より野性味を増しワイルドな外観となっています。7年目を迎えフルモデルチェンジした新型ハスラーは、どのように進化を遂げているのでしょうか。

ロッキーとライズはちらがお買い得か?

国内で使い易いSUVとして開発されたダイハツロッキーとトヨタライズは、ダイハツが製造を担う兄弟車で基本的な部分は同じクルマです。そのため、実際にロッキーとライズを購入する場合に、どちらのモデルがお得になっているのか気になるところです。今回はロッキーとライズのグレードを比べ装備の充実度と価格を比較してみます。

ダイハツロッキー スズキクロスビー比較してみた

国内でジャストサイズといえるコンパクトSUVダイハツロッキーとスズキクロスビーを比較してみます。これまではスズキが得意としていたサイズですが、満を持してダイハツがロッキーを投入し、このクラスでも戦いが始まりました。それぞれのコンセプトと個性をもち誕生した、ロッキーとクロスビーの違いを確かめてみます。

ダイハツ新型ロッキー試乗してみた

ダイハツの新型ロッキーがいよいよ登場します。ロッキーは使い易いサイズを求めて開発された、コンパクトSUVで全長は4m、全幅も1.7m内に収まる大きさです。スタイルがトヨタRAV4に近くミニRAV4的な外観は、SUV的なカッコ良さをもつ力強さが特徴となっています。価格も廉価したとする新型ロッキー試乗してみました。

トヨタ新型カローラツーリング試乗してみた

カローラスポーツに続きワゴンのカローラツーリングとセダンが登場し、カローラフファが待望するラインナップの完成です。国内仕様のツーリングとセダンは海外モデルとは違い、専用車であることが大きな特徴となっています。今回は人気を集めそうなワゴンボディのカローラツーリングの試乗を行ってみました。

ホンダN-WGNカスタム/日産デイズハイウェイスター比較2019

軽ハイトワゴンのホンダN-WGNと日産デイズが2代目へと進化しました。両モデルはクルマの基礎となるプラットホームから開発され、新世代の軽自動車として高い性能を備えています。ハイトワゴンに新しい基準を持ち込んだN-WGNとデイズ比べてみます。比較したのはN-WGNカスタムとデイズハイウェイスターです。

ホンダ新型N-WGNカスタム2019FMC試乗

ホンダN-WGNがフルモデルチェンジを行い2代目へと進化しました。新型N-WGNではこれまでの、ライバルに追随するようなスタイリングを止め、独自のコンセプトで新しいポジションを確立しようとしています。軽ハイトワゴンの新たなシンプルスタイルを追求した新型N-WGN試乗してみました。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル