AIG損保が子どもの事故防止地図サービスの提供を開始

AIG損保が子どもの交通事故を未然に防ぐために、オンライン地図サービス「あんぜんmyマップ」(URL:https://www-511.aig.co.jp/p/anzenmap/)の提供を開始しました。

「あんぜんmyマップ」は交通事故多発エリアや、事故発生リスクの高い地点の閲覧と、投稿できる機能があり、パソコン、スマートフォン、タブレットから閲覧可能です。

交通事故多発エリアの基本情報は、交通事故総合分析センター(URL:http://www.itarda.or.jp/)3年分の、全国のデータが組み込まれ、危険度を色別で表示し危険エリアを分かり易くしています。

また投稿機能では保護者や教師が、「何がどう危ないのか?」をコメントでき、地域の中で安全意識を共用し、地図を作り上げていくことが可能となっています。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

「あんぜんmyマップ」の特徴

「あんぜんmyマップ」は日本全国の交通事故発生場所が表示され、被害に遭った子供の人数別に違う色で表示し、子どもでも分かり易い地図サービスとしています。

また使用者が投稿した内容が地図上に保存されるために、事故情報の蓄積が進みこれをPTAや学校の交通安全教育で活用することができます。また学校と自治体が情報を共用することにより、事故防止に向け改善が必要な場所が明確となり、地域全体で子どもの安全を守る活動に役立てることもできます。

「あんぜんmyマップ」の機能

「あんぜんmyマップ」には、閲覧機能、投稿機能、動画機能があり、閲覧機能では3年分(2013年~2015年)の日本全国の交通事故情報を見ることができ、事故多発エリアは子どもの死傷者数別に違う色で表示され、事故が起こった場所を写真で確認することも可能となっています。

さらに閲覧機能では使用者が投稿した、交通事故リスクに関する情報も見ることができます。

投稿機能は使用者が、子どもにとって危険と感じた場所を地図上に投稿することができ、「何がどう危ないのか」を具体的に書き込むこともできます。

また「子ども110番」の拠点も投稿することができ、地域の安全教育に活用可能となっています。しかしこの投稿機能は現時点(2018/4/24)では、まだ利用することができません。今後利用可能になると思われます。

動画機能は交通安全を補助するコンテンツが提供され、子どもが日常生活で役立つ交通ルールなどを分かり易く解説していいます。この動画機能も現時点(2018/4/24)では準備中で、近日視聴可能となる予定です。

「あんぜんmyマップ」を使ってみる

「あんぜんmyマップ」を開き地図を表示し事故地点の確認をしてみます。地図の場所は神奈川県の横浜公園近くです。

地図には交通事故が発生した場所と、内容のリスクが色に分けられて表示されています。

ちなみに表示される色のリスク分けは次のようになります。

事故多発エリア(こども死傷者数3人以上)

事故多発エリア(こども死傷者数2人)

事故多発エリア(こども死傷者数1人)

事故多発エリア(こども死傷者数0人)

色が最も子どもの死傷者数が多くリスクの高い、注意が必要な場所になります。

現在は使用者からの投稿ができないため、投稿者情報は地図上には表示されていません。

事故発生場所の詳しい内容は次のように表示されます。

事故はどのような状態で起こり、その人の年齢は何歳だったのかまた、そのときの天候も確認することができます。

AIG損保が提供する「あんぜんmyマップ」は、事故発生場所が容易に確認でき、そのリスクも知ることができるため、新入学や引っ越し先の新しい土地で、安全な通学を手助けする便利な地図サービスです。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1