ダイハツ「キャストアクティバ」・スズキ「ハスラー」装備と価格を比較してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

「アクティバ」「ハスラー」装備と価格の違い

ダイハツ「キャストアクティバ」とスズキ「ハスラー」、ライバルと目されるこの2車、実際、購入するとなると、装備品と価格のバランスは気になるところです。

「アクティバ」と「ハスラー」の装備はどのように違い、価格はどのよに設定されているのか探ってみました。

「アクティバ」のグレードは、G-SA-Ⅱノンターボ(2WD)、「ハスラー」は、Jスタイル特別仕様車(2WD)を比較対象車として考えてみました。

「アクティバ」「ハスラー」2車の装備品について、できるだけ違いが明確なものに絞って、

検討してみたいと思います。

アクティバハスラー
ヘッドランプLED(自動消灯システム)ディスチャージ(消し忘れブザー)
ドアミラーカラードドアミラー(オート格納式)カラードドアミラー(リモート格納)
リアスポイラー標準装備設定なし
ボディ2トーンカラーオプション標準装備
ヒーテッドドアミラー2WDはオプション標準装備
プレミアムUVカットガラス(フロントドア)他の装備とセットオプション標準装備
リバース連動リアワイパー標準装備設定なし
運転席シートヒーター他のセットとオプション運転席・助手席標準装備
エコクール設定なし標準装備
オーバーヘッドコンソール標準装備設定なし
インテリアカラーオプション標準装備
リアヒーターダクト2WDはオプション標準装備
ラゲッジアクセサリーソケット設定なし標準装備
スピーカー2個6個
フロアマットオプション標準装備
スタビライザー前・後標準装備前のみ
ハイブリッドシステム設定なし標準装備
パワースイッチ標準装備設定なし
タイヤサイズ165/60R15(アルミ)165/60R15(スチール白)
燃費30(km/L)32(km/L)
メーカー希望小売価格1,414,800円1,494,720円

「アクティバ」と「ハスラー」のメーカー希望小売価格を比べてみると、標準装備品の違いで79.820円「ハスラー」が高い設定になっています。

「アクティバ」にオプションを追加して、「ハスラー」の特別仕様に近づけてみる

「ハスラー」Jスタイルのインテリアです。

では、「アクティバ」の装備を「ハスラー」の仕様に近づけてみましょう。

まずは、ボディカラーを2トーンに変更し、インテリアもボディカラーの色に合わせて変更しフロアマットを装備します。

ボディカラーはトニコオレンジメタリックで、ルーフがホワイトの2トーンとなり、インテリアカラーもオレンジになる仕様を選択します。

アクティバハスラー
メーカー希望小売価格1.414.800円1.494.720円
ボディ2トーンカラー43.200円装備
インテリアカラー21.600円装備
フロアマット14.753円装備
1,494,353円1,494,720円

価格は、ボディカラーのトニコオレンジメタリック+デザインフィルムトップ(ホワイト)で、43.200円で、インテリアクセントカラー(オレンジ)で、21.600円です。

フロアマットは、最もベーシックなタイプで14.753円です。

ボディ2トーンカラー、インテリアカラー、フロアマットの合計は79.553円です。これをメーカー希望小売価格の、1.414.800円にプラスすると1.494.353円となります。

「ハスラー」との差額は367円です。これで「アクティバ」と「ハスラー」の金額の差はほぼ無くなりました。

さらに、「アクティバ」へプレミアムUVカットガラスのオプションを追加します。

「アクティバ」は、プレミアムUVカットガラスだけの追加が出来ませんので、スーパークリーンエアフィルターとセットになる、コンフォータブルパックを選択します。

アクティバハスラー
メーカー希望小売価格1,414,800円1,494,720円
ボディ2トーンカラー43,200円装備
インテリアカラー21,600円装備
フロアマット14,753円装備
プレミアムUV&IRカットガラス(フロント)

12,960円

(スーパークリーンエアフィルターと同時装備)

装備
1,507,313円1,494,720円

価格は、12.960円です。先程の価格に追加していきます。合計1.507.313円です。差額は「アクティバ」が12.593円高くなります。

さらに、運転席シートヒーター、ヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクトを追加します。「アクティバ」では、ウォームパックというセットオプションになるため、ウィンドシールドディアイサーを含めて装備されます。

アクティバハスラー
メーカー希望小売価格1,414,800円1,494,720円
ボディ2トーンカラー43,200円装備
インテリアカラー21,600円装備
フロアマット14,753円装備
プレミアムUV&IRカットガラス(フロント)12,960円

(スーパークリーンエアフィルターと同時装備)

装備
運転席シートヒーター27,000円

(ヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクト、ウィンドシールドディアイサーと同時装備)

シートヒーターは 助手席にも装備

ヒーテッドドアミラーは標準装備

1,534,313円1,494,720円

価格は、27.000円です。先程の価格に追加していきます。合計1.534.313円で、39.593円「アクティバ」が高くなりました。

発売されたばかりの「アクティバ」に、「ハスラー」の特別仕様車と同じような、オプション装備をした場合は、やはり「アクティバ」の価格が高くなります。

装備の差は車に対するコンセプトの差

「ハスラー」には装備出来なくて「アクティバ」で装備されるのは、

  • LEDヘッドライト
  • リアスポイラー
  • パワースイッチ
  • リバース連動リアワイパー
  • 前後スタビライザー
  • ウィンドシールドディアイサー(オプション)

「アクティバ」に装備が無くて、「ハスラー」に装備されるのは、

  • ラゲッジアクセサリーソケット
  • 助手席シートヒーター
  • スピーカー6個
  • フロアマット
  • ハイブリッドシステム

が主なところです。

「アクティバ」では、走りに係る装備に力を入れており、前後のスタビライーザーやパワースイッチが標準装備となり、スタイリングではリアスポイラーを装備します。

「ハスラー」は、アメニティに通じる装備に力を入れています。キャンプで使う場合に、便利と思われる電源ソケットをラゲッジに設置し、スピーカーも6個標準で装備されています。

「ハスラー」で残念だと思われる装備は、ヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクト、シートヒーターは運転席だけでは無く助手席にまでも標準装備し、寒さ対策に力を入れているのに、ウィンドシールドディアイサー(ワイパーが氷結しないよう、ワイパー位置のフロントガラス下を電熱線で温める機能)がオプションでも装備出来ないことです。

ハイブリッドシステムは、「ハスラー」の目玉装備です。Sエネチャージと呼ばれ、最大で30秒エンジンをアシスト出来るシステムです。

「ハスラー」はハイブリッドシステムにより、「アクティバ」より良い燃費性能を実現させています。

オプション装備の必要性は良く考えよう

「アクティバ」で追加したオプション装備は、セットオプションのため「ハスラー」の装備を超える部分もあり、単純には「アクティバ」が高いとは言えない部分もあります。が、

発売より1年以上経過した、「ハスラー」に追加された特別仕様車Jスタイルは、かなりのお得装備となっていますので、現時点で装備と価格を考えれば「ハスラー」が有利と思われます。

「アクティバ」に装備を色々付けなくても、楽しみたいと思うユーザーは、2トーンのボディカラーとインテリアカラー、フロアマットだけ選択すれば、「ハスラー」の価格と変わらない金額で乗ることが出来ます。

「アクティバ」の標準装備で、必要なものは備わっていますので、不便を感じることは少ないと思います。(オーディオは、レス仕様になっているので必要ですが、これは「ハスラー」も同じです)

ボディカラー単色の場合を考えてみる

次は、ボディカラーを2トーンにしないで、ノーマルルーフ単色の場合を考えてみたいと思います。

「アクティバ」のグレードは、G-SA-Ⅱノンターボ(2WD)。「ハスラー」のグレードは、特別仕様車では無く通常ラインアップされる、X(2WD)です。

装備の違いが目立つ部分を抜き出してみました。

アクティバハスラー
フォグランプLEDハロゲン
ドアミラーカラードドアミラー(オート格納式)カラードドアミラー(リモート格納)
リアスポイラー標準装備設定なし
ヒーテッドドアミラー2WDはオプション標準装備
リバース連動リアワイパー標準装備設定なし
運転席シートヒーター他のセットとオプション標準装備
エコクール設定なし標準装備
オーバーヘッドコンソール標準装備設定なし
リアヒーターダクト2WDはオプション標準装備
ラゲッジアクセサリーソケット設定なし標準装備
スピーカー2個6個
スタビライザー前・後標準装備前のみ
ハイブリッドシステム設定なし標準装備
パワースイッチ標準装備設定なし
タイヤサイズ165/60R15(アルミ)165/60R15(アルミ)
燃費30(km/L)32(km/L)
メーカー希望小売価格1,414,800円1,423,440円

「アクティバ」が「ハスラー」より8.640円安い設定になっています。

では、「ハスラー」の装備に近づけるために、「アクティバ」にオプション装備を追加してみます。

運転席シートヒーター、ヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクト、ウィンドシールドディアイサーの、ウォームパック(27.000円)を装備してみます。

アクティバハスラー
メーカー希望小売価格1,414,800円1,423,440円
運転席シートヒーター27,000円

(ヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクト、ウィンドシールドディアイサーと同時装備)

標準装備

(ヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクトは標準装備)

1,441,800円1,423,440円

「アクティバ」の価格が、「ハスラー」より18.360円高くなりました。(ウィンドシールドディアイサーは、「ハスラー」では装備できません)価格差は特別仕様車と比べた場合よりも小さくなっています。

「アクティバ」の装備は、前後スタビライザー、パワースイッチ(Dアシスト)、リアスポイラー。

「ハスラー」では、Sエネチャージ(ハイブリッド)、燃費とそれぞれ長所があります。

価格の差と合わせて特徴ある装備の差が、「アクティバ」「ハスラー」を選ぶ決め手になると思われます。

走りにこだわるなら「アクティバ」、燃費や価格を重視するなら「ハスラー」と言えそうです。

(装備、価格に関しては独自に調査したものです、必ずメーカー、販売店で確認願います)

ダイハツ「キャスト アクティバ」スズキ「ハスラー」の試乗比較はこちらです。

ダイハツ「キャスト アクティバ」・スズキ「ハスラー」を比較してみた
ダイハツ「キャストアクティバ」は、スズキ「ハスラー」に似ていると思われていますが、実際に「キャストアクティバ」と「ハスラー」は、ガチンコで向き合う車種なのでしょうか。「アクティバ」「ハスラー」に試乗して、両車がアピールしようとしているユーザーや、車の特性について考え比較してみました。

ダイハツ「キャスト アクティバ」の試乗記事はこちらです。

ダイハツ「キャスト アクティバ」試乗してみた
ダイハツキャスト「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」3ラインナップの、SUV部門を受け持つ「アクティバ」。メーカーの開発のコンセプトも含めて、どのようなユーザーに向けての車なのか、試乗を通して探ってみました。

スズキ「ハスラー」の試乗記事はこちらです。

スズキ「ハスラーJスタイルⅡ」試乗してみた
スズキの「ハスラー」に「Jスタイル」に続き「JスタイルⅡ」が投入されました。「JスタイルⅡ」は、これまでの「ハスラー」の特徴でもある、カラフルなインテリアカラーを止め、シックなブラック基調のインテリアとなり、落ち着きを感じさせるデザインとなっています。今回「JスタイルⅡ」4WDの試乗を行い確かめてみました。
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1