スズキ「アルトターボRS」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

8代目「アルト」にターボRS追加

スズキのボトムエンドを担当する、ベーシックな軽自動車「アルト」。そのアルトに、2015年3月走りを指向するユーザーに向けて、ターボモデルのRSが追加されました。

今回は、その「アルトターボRS」の実力を確かめるために試乗を行い、魅力を探ってみたいと思います。

フロントデザインは、ヘッドランプを囲むメッキのラインを、直線のメッキラインで繋げて、特徴のあるフロントグリルを作り出しています。

テールゲートドアに大きなガーニッシュと、リアバンパーのコンビネーションランプ下に、小さめのガーニッシュをメッキで配置し、アクセントを付けています。

「アルトターボRS」のインテリア

ステアリングは本革仕様となっており、パドルシフトが装備されます。

ミッションはAGSと呼ばれる、5速マニュアルミッションをベースとした、オートマチックミッションを装備しています。

ダッシュボードパネルは、赤色が効果的に使われており、ステアリング、シフトブーツのステッチの赤色と共に、雰囲気を盛り上げます。

シートは、ターボRS専用のものが与えられており、ノーマルエンジン仕様と比べると、サポート性に優れています。リアシートはスライド機能は装備されていません。

ラッゲジスペースは余裕があるとは言い難く、リアシートの背もたれは分割では倒れません。

「アルトターボRS」のタイヤ&エンジン

タイヤサイズは165/55R15で、タイヤはブリジストンポテンザRE050です。

R06A型水冷直列3気筒インタークーラーターボエンジンは、最高出力47kw/6.000rpm最大トルク98N・m/3.000rpmです。

ストラットタワーバーが装備されボディ剛性を上げています。

「アルトターボRS」の走行性能

プッシュボタンを押し、エンジンをスタートさせ公道に出て行き、道路が空いた状態を見計らって、ターボエンジンの加速性能を試そうと、アクセルを踏み込み加速させます。

すると、ギアが切り替わるタイミングで、エンジンブレーキが掛かったような減速が発生し、体が前につんのめります、次のギアが変わるタイミングでも、同じような状態でギアが切り替わります。

ギアが切替わる度に、体が前後に振られ、とてもスムーズな加速を体感するどころではありません。

これは、AGSと呼ばれるミションの影響で、フル加速させるとマニュアルミッション的な操作を行わないと、スムーズな加速が得られない仕様になっています。優しく加速させる場合には、普通にシフトアップしていくのですが、急加速の時は対応してくれません。

AGSオートマチックミションは、ややクセのある扱い辛いマニアックな印象です。

AGSには、難があるのですが、走り出しての印象は、予想を裏切る落ち着いた挙動を示します。

軽量なボディにも係らず、リアがしっかりと安定しており、軽量な車にありがちな、リアがヒョコヒョコと飛び跳ねる感じがありません。ポテンザタイヤとのマッチングも良くとれており、乗り心地も充分納得できるレベルです。

車の挙動を、安定させている一つの要因は、ターボRS専用に装備される、カヤバ製ショックアブソーバーによる、サスペンションのセッティングにあると思います。荒れた路面や段差乗り越えでも、リアがしっかりと衝撃を受け止めている感じです。

その、サスペンションを受け止めるボディも、ノーマルの「アルト」に比べて、剛性が上げられており、エンジンルームのストラットタワーバー、スポット溶接場所の追加、フレームの一部に高剛性のものを採用するなどで、ボディ全体のレベルアップが図られています。

「アルトターボRS」の難点はトランスミション

ターボエンジンを搭載し、ノーマルエンジン車に比べてボディ剛性を上げ、それに見合うサスペンションセッティングやタイヤが装着される、「アルトターボRS」ですが、AGSトランスミションがその走りをスポイルさせています。

スズキの野心的な、セミオートマッチックミッションとも呼べるAGSは、慣れてしまえばマニュアルミッションでドライブするような、楽しさが味わえるのかも知れませんが、慣れるまでにハードルが高過ぎる感じがします。

インテリアの質感は質素な印象ですが、ベーシックな価格で良い走りを提供しようとしたモデルなので、それを理解した割り切りが必要です。

走りを楽しめる要素が詰まった「アルトターボRS」ですが、その楽しさを実感するには、AGSトランスミションを、使いこなす必要があります。

この、トランスミションを使いこなすことができれば、大いに楽しめる車と言えますが、使いこなすことができなければ、ストレスが溜まる車となってしまいます。

スズキアルトターボRSの主要な装備は

  • 電波式キーレスエントリー(アンサーバック機能付)
  • キーレスプッシュスタートシステム
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • レーダーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 4輪ABS(EBD・ブレーキアシスト付)
  • ヒルホールドコントロール
  • ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービムオートレベリング機能付)
  • マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • オートライトシステム
  • エコクール
  • フロント間欠ワイパー
  • 電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
  • ヒーテッドドアミラー(4WD)
  • 運転席ヒーター
  • 助手席ヒーター(4WD)
  • PTCヒーター(4WD)
  • 本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)
  • パドルシフト
  • ステアリングオーディオスイッチ
  • チルトステアリング
  • 運転席シートリフター
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • スモークガラス(リヤドア・バックドア)
  • ストラットタワーバー
  • アイドリングストップシステム
  • イモビライザー(国土交通省認可品)
  • フロントスタビライザー
  • リアスタビライザー(2WD)

JCO8燃費は【25.6km/L(2WD)】【24.6km/L(4WD)】

スズキアルトターボRSのメーカー希望小売価格は

1.293.840円(2WD)

1.405.080円(4WD)

バックアイカメラ装着車は

1.304.640円(2WD)

1.415.880円(4WD)

となっています。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1