ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」比較してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」のスペックを比較してみる

キャストシリーズは、「キャストスポーツ」の発売を終えて、シリーズが完成しましたが、気になるのがターボエンジンを搭載した「キャストスポーツSA-Ⅱ」と「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」です。

キャストシリーズの中でも、近い存在と思われる「キャストスポーツSA-Ⅱ」と「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」は、どのように違うのか比較してみたいと思います。

まずは、カタログスペックを比較してみます。(数値は共に2WD)

全長(mm)全幅(mm)全高(mm)室内
長さ(mm)幅(mm)高さ(mm)
キャストスポーツ3.3951.4751.6002.0051.321.245
キャストスタイル3.3951.4751.6002.0051.321.245

ホイールベース(mm)トレッド最低地上高(mm)車両重量(kg)
前(mm)後(mm)
キャストスポーツ2.4551.3051.295150850
キャストスタイル2.4551.3051.295150840

燃費エンジンタイヤスタビライザー
最高出力[kw(ps))/rpm最大トルク[N・m(kg・m)]/rpm
キャストスポーツ24.847(64)/6.40092(9.4)/3.200165/50R16前後
キャストスタイル27.047(64)/6.40092(9.4)/3.200165/55R15前後

「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」とも、同じシャーシに、同じボディを乗せてエンジン仕様も同じなので、数値はほぼ等しく違うのは、車両重量、燃費、タイヤサイズとなっています。

注目するのは車両重量で、同じターボエンジンを搭載する「キャストスポーツSA-Ⅱ」より、「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」は10kg軽くなっています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」のスタイルを比較してみる

「キャストスポーツSA-Ⅱ」はチンスポイラーにデイライトを装備。

「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」は、チンスポイラーを追加して、フロントのエアダム部分を大きくしています。

両車種共に、オプションの2トーンカラーを装備しています。タイヤザイズとホイールデザインが異なります。

フロント、リアのバンパーが、「キャストスポーツSA-Ⅱ」は「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」より、下まで伸びているのが分かります。

リアバンパーのデザインが異なる他は、同じデザインとなっています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」のインテリアを比較してみる

ステアリングがmomo製になり、パドルシフトが装備される「キャストスポーツSA-Ⅱ」。メーターパネルの色は赤色となります。

ステアリングは革巻きでパワースイッチが装備される「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」。メーターパネルの色は黒色となっています。

レザー調シートが標準で装備される「キャストスポーツSA-Ⅱ」。豪華でエレガントな感じです。

「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」はシックな落ち着いた感じのシートです。

インテリアはオプションのインテリアアクセントカラー(ライトブラウン)を装着しています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」のラゲッジスペース。

「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」のラゲッジスペース。

ラゲッジスペースは両車種とも同じ作りとなっています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」のエンジンとタイヤを比較してみる

「キャストスポーツSA-Ⅱ」のエンジンルーム。

「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」のエンジンルーム。

KF型エンジンの仕様、搭載方法は同じになっています。

タイヤサイズは165/50R16で、ヨコハマADVAN-A10を装着する「キャストスポーツSA-Ⅱ」。

タイヤサイズは165/55R15で、ダンロップエナセーブを装着する「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」の走りを比較してみる

同じ部分が多い両車種ですが、実際に乗り込んで走行した場合は、どのように違うのでしょうか。

いつも通り良く回る、KF型エンジンをスタートさせ、山道のワインディング道路に入っていきます。両車種とも、小気味よいテンポで走り回れるのですが、コーナーでの追随性や安定感では「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」より「キャストスポーツSA-Ⅱ」が一枚上手です。

スピードを上げてコーナーに侵入しても、ロールは抑えられており、気持ちよく曲がってくれます。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」の足回りは、コペンより流用されたスポーティサスペンションが装備され、16インチ50扁平のタイヤは、走行性能と快適性能をバランスさせた仕様になっています。

「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」は、他のスタイルシリーズと同じサスペンションとなっており、15インチ55扁平のタイヤは省燃費指向で、走行性能や快適性の追求はあまり行われていません。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」は、特徴のあるmomo製ステアリングで、最初、扱い辛さを感じるのですが、徐々に馴染んでいきスポーツ走行をサポートしてくれます。

さらに、Sレンジマニュアルモードを持ち、パドルシフトを装備していますので、ワインディング道路で、任意のギアが選べる走りは楽しくなります。

「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」の、パワースイッチも悪くは無いのですが、比べてしまうとワインディング道路では、Sレンジマニュアルモードにパドルシフトが欲しくなります。

ステアリリングの応答性も、「キャストスポーツSA-Ⅱ」が、若干ですが上回っています。タイヤの性能の違いと、16インチとなりタイヤ接地面積の拡大が貢献しています。

乗り心地は、両車種間にそれ程の差はありません。低扁平率のタイヤを装着する「キャストスポーツSA-Ⅱ」が健闘している印象です。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」と「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」の装備と価格を比較してみる

両車種の、違いがみられる装備について抜き出し、メーカー希望小売価格を比べてみます。

キャストスポーツSA-ⅡキャストスタイルGターボSA-Ⅱ
サスペンションスポーティサスペンションノーマルサスペンション
Sレンジ基本的にマニュアル変速自動変速
パドルシフト標準装備設定なし
パワースイッチ設定なし標準装備
レザー調シート標準装備プライムインテリアとしてオプション
SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)標準装備プライムインテリアとしてオプション
運転席シートヒーター標準装備プライムインテリアとしてオプション
ステアリングホイールmomo社製革巻き
タイヤサイズ165/50R16165/55R15
メーカー希望小売価格1,620,000円1,517,400円

標準装備の状態では、「キャストスポーツSA-Ⅱ」が102.600円高い設定になています。

価格が高く設定されている要因の一つは、「キャストスポーツSA-Ⅱ」には、「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」ではオプション装備となる、プライムインテリア(75.600円)が標準で装備されています。その他「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」には装着できない

  • スポーティサスペンション
  • Sレンジマニュアルモード
  • パドルシフト
  • momo製ステアリング
  • 16インチタイヤ

を考慮すれば、「キャストスポーツSA-Ⅱ」は妥当な価格か、ややお得とも思える価格です。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」と「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」をどう選ぶか

走りの気持ちよさ、楽しさを重視するなら、標準装備の状態では価格は高いですが、「キャストスポーツSA-Ⅱ」を選んだ方が後悔が無い選択と言えます。

momo製ステアリングに、Sレンジのマニュアルモードにパドルシフト、スポーティサスペンションに16インチタイヤなど、KF型ターボエンジンの力を引出し、速く楽しく走れる装備が付きます。

ターボエンジンは必要だが、そこまでのスポーツ走行はしないし、燃費も気になるユーザーなら、「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」を選んだ方が良いと思います。「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」でも充分満足できる走りができます。

Sレンジは自動変速ですが、ギアをホールドする仕様になっていますので、エンジン回転を高めにキープし、走りを楽しめるようになっています。Dレンジを使用中に、パワースイッチを入れても、Sレンジ同様の走りができます。

最後に、「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」には、「キャストスポーツSA-Ⅱ」に選択できないオプションとして、インテリアカラーがあります。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」は、ブラックかホワイトのレザー調インテリアカラーのみですが、「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」には、ホワイトレザー調インテリアカラープライムインテリアの他、バーガンディとライトブラウンの、インテリアアクセントカラーを選ぶことができます。

バーガンディとライトブラウンの、インテリアアクセントカラーを装備するなら、「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」を選ぶ必要があります。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1