ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」試乗してみた

「キャストスポーツSA-Ⅱ」いよいよ発売

2015年9月に、ダイハツよりキャストシリーズの販売が開始され、「スタイル」「アクティバ」に続き、約2ヶ月遅れて発売が開始された「スポーツ」、これでキャスト3タイプが出揃いラインナップが完成しました。

2015東京モーターショーにも展示されていた、「キャストスポーツSA-Ⅱ」。スポーツの名を冠するキャストの実力を探るべく試乗を行いました。

まずは、同じエンジンを搭載する、「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」と「キャストスポーツSA-Ⅱ」を、カタログスペックで、比較してみたいと思います。

全長(mm)全幅(mm)全高(mm)室内
長さ(mm)幅(mm)高さ(mm)
スポーツSA-Ⅱ3.3951.4751.6002.0051.3201.245
スタイルGターボSA-Ⅱ3.3951.4751.6002.0051.3201.245

ホイールベス(mm)トレッド最低地上高(mm)
前(mm)後(mm)
スポーツSA-Ⅱ2.4551.3051.295150
スタイルGターボSA-Ⅱ2.4551.3051.295150

車両重量(kg)燃費(km/L)タイヤ
スポーツSA-Ⅱ85024.8165/50R16
スタイルGターボSA-Ⅱ84027.0165/55R15

(数値は共に2WD)

ボディが同じなので、数値は等しくなっていますが、車両重量、燃費、タイヤサイズが異なっています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」のスタイリング

試乗車のボディカラーは、パールホワイトⅢ+デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)のオプションカラーです。

フロントバンパーチンスポイラーに、デイライトが装備され、赤いエンブレムとピンストライプでアクセントを付けています。

赤く塗られたドアミラー、リアクォーターパネルとボディ下部のピンストライプで、サイドを引き締めます。

赤いエンブレムと、リアバンパースポイラーにピンストライプで雰囲気を出しています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」のインテリア

momo製のステアリングに、パドルシフト、メーターパネルの色は赤くなっており、スポーティさを演出しています。オートマチックトランスミションは、Sマニュアルモードを備えた仕様になっています。

Sマニュアルモードは、基本的にパドルシフトでギアを切り替える仕様になっていて、ミッションが自動でシフトアップやダウンは行いませんので、スポーツ走行には大いに力を発揮します。(信号待ちなどで停車すれば、ギアは自動で下がります。走行中のシフト操作は、ECUがプログラムの中で選択されたギアを判断しますので、プログラムの想定範囲外ではギアは切替わりません)

「キャストスポーツSA-Ⅱ」では、ステアリングにパワースイッチは装備されていません。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」の、標準インテリアカラーはRed&Blackと呼ばれる、黒を基調にしたインテリアなのですが、試乗車はBlack&Whiteと呼ばれる、白を基調としたオプションのインテリアカラーが装備されていました。

Black&Whiteのオプションインテリアカラーは、追加料金無しで変更できます。

ラゲッジスペースは、他のキャストシリーズと同様の作りです。ラゲッジフロアの下には、小さな収納スペースがあり、小物入れとして使うこともできます。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」のタイヤ&エンジン

タイヤサイズは、165/50R16です。「キャストスポーツSA-Ⅱ」に標準で装着されるのは、ヨコハマADVAN・A10です。走行性能と快適性能を両立させたタイヤになっています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」の、KF型横置き水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボエンジン。搭載方法やエンジンルーム内の仕様は、他のキャストシリーズと同じになっています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」の走行性能

さて、ボディもインテリアも白で統一した、「キャストスポーツSA-Ⅱ」に乗り込みます。

レザー調の、白いインテリアが高級感を作り出しており、豪華かさと上品さを感じさせ、軽自動車とは思えぬ質感です。

乗り込んでまず目に付くのは、momo製のステアリングです。momo製のステアリングは、モータースポーツにも幅広く利用されており、実績のあるブランドです。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」に採用された、momo社のステアリングタイプは、丁度10時10分の位置にコブがあるタイプで、ステアリングを操作する場合に、滑り止めの効果を高めた仕様になっています。

次に、目に付くのが、赤い色をしたメーターパネルです。momo製のステアリングの、赤いステッチと合わさり、スポーツ心をくすぐります。

プッシュボタンを押し、エンジンをスタートさせ、公道へと出て行きます。走り出して最初に気付くのが、アイドリングストップのスムーズさです。

「スタイルGターボSA-Ⅱ」では、エンジン停止と伴に、カクッと急ブレーキをかけたように、デリカシーのない止まりかたをしていましたが、「キャストスポーツSA-Ⅱ」では自然な感じで信号待ちで止まることができます。

車は、発進と停止を繰り返しますので、この改良は大いに評価できるところです。

「キャストスポーツ」が目指した走りは4人乗りの「コペン」

「キャストスポーツSA-Ⅱ」を、市街地からワイディング道路のある山道へとドライブしていきます。

エンジンは、KF型ターボエンジンの特長で、エンジン回転がスムーズに上昇し、アクセルに良く追随してきます。

オートマッチクミッションを、Sレンジへシフトし、パドルシフトでギアを操作していきます。任意でギアを切れ替えられるパドルシフトは、不意のシフトアップ、ダウンが無いので、イメージした走りが描き易く、テンポ良くコーナーを抜けて行くことができます。

その抜けて行くコーナーで曲がる度に感じるのは、軽快感と安心感のあるサスペンションセッティングです。

サスペンションは、コペンのものを流用しており、4人乗りのコペンを目指したと言われるセッティングは、少し無理をしたスピードで、コーナーに入っていっても、ロールはよく抑えらていて、安定したスピードで曲がっていくことができます。

165/50R16タイヤサイズのADVAN・A10も、良いマッチングをみせています。

走りの質やフィーリングは、コペンのノウハウが移植されたことにより、他のキャストシリーズよりも一枚上手です。

momo製のコブのあるステアリングは、最初は違和感があります。

コブがどうしても邪魔に感じてしまうのですが、ドラインビングをしていく中で、そのコブをうまく利用して、ステアリング操作ができるようになり、スーポーツドライビングをサポートしてくれます。

乗り心地に関しては、50扁平率のタイヤを装着しているので、コツコツ感はありますが、それほど悪くはありません。

走りと乗り心地のバランスが良くとれている印象です。

「キャストスポーツ」は遅れてきた主役?

他のキャストシリーズから、2ヶ月遅れで発売された「キャストスポーツSA-Ⅱ」は、遅れて発売されただけあって、良く作り込まれていると感じます。

アイドリングストップのスムーズさや、サペンションとタイヤのマッチングは、他のキャストシリーズとは一線を画しています。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」は、車名の「スポーツ」からハードなイメージを持ちますが、乗り心地にも配慮がされており、女性でも充分に楽しめる車に仕上がっています。

ターボエンジンとのマッチング、走りと乗り心地の両立は、キャストシリーズの中では、ベストの車と言えます。

「キャストスポーツSA-Ⅱ」の主要な装備は

  • オート格納式カラードドアミラー・キーフリー連動(2WD)
  • オート格納式ヒーテッドカラードドアミラー・キーフリー連動(4WD)
  • Bi-Angle LEDヘッドランプ(ダークメッキ・オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • ヘッドランプ自動消灯システム
  • LEDフォグランプ
  • フロントLEDイルミネーションランプ(オールデイ)
  • レザー調プライムインテリア
  • 運転席ヒーター
  • 運転席シートリフター
  • momo製革巻きステアリングホイール(レッドステッチ)パドルシフト付
  • チルトステアリング
  • 本革シフトノブ
  • 衝突回避支援システムスマートアシストⅡ【衝突回避支援ブレーキ機能・衝突警報機能(対車両・対歩行者)車線逸脱警報機能・誤発進抑制制御機能・後方誤発進抑制制御機能・先行車発進お知らせ機能)
  • デュアルSRSエアバッグ
  • SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  • ABS
  • VSC&TRC
  • ヒルホールドシステム
  • プシュボタンスタート
  • キーフリーシステム【イモビライザー(国土交通省認可品)機能付・リクエストスイッチ付(運転席・助手席・バックドア)】
  • オートライト
  • 16インチアルミホイール
  • スポーティサスペンション
  • スタビライザー(フロント・リア)
  • 寒冷地仕様
  • UVカットガラス(フロントウィンド/リヤドア/バックドアウィンド)
  • スモークドガラス(リアドア/バックドアウィンド)
  • リアスポイラー
  • フットレスト
  • 車速感応式フロント間欠ワイパー(エアロワイパーブレード)
  • リバース連動リアワイパー
  • ワンタッチターンシグナル機能付方向指示スイッチ

JCO8モード走行燃費は2WD「24.8km/L」4WD「24.6km/L」

メーカー希望小売価格は

1.620.000円(2WD)

1.744.200円(4WD)

となっています。

「キャススト スポーツ」「キャスト スタイル」の比較試乗記事はこちらです。

ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」比較してみた
キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」は、同じボディで同じターボエンジンを搭載するモデルです。この両車種の走行性能の違いを試乗を通じて比較してみました。さらに、装備の違いと価格設定についても比べてみました。

ダイハツ「キャススト スポーツ」スズキ「アルトターボ」の比較試乗記事はこちらです。

ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」スズキ「アルトターボRS」比較してみた
ダイハツキャストシリーズの最後に登場した「スポーツSA-Ⅱ」と、軽量でハードな走りをイメージさせるスズキ「アルトターボRS」。この両モデルの、走りの質や性格はどのように違うのか試乗を通じて比較してみました。

「キャススト スポーツ」「ムーヴ カスタム」の比較試乗記事はこちらです。

ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」「ムーヴカスタムRSハイパーSA-Ⅱ」比較してみた
キャスト3シリーズ最後の登場で、スポティー部門を受け持つ「キャストスポーツSA-Ⅱ」。幅広い層から支持を集め、ダイハツの最量販車種として人気を集めるムーヴ。そのムーヴのスポティー部門トップグレード「ムーヴカスタムRSハイパーSA-Ⅱ」。同じメーカーで、スポーティ部門を受け持つ両車種を比較してみました。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1