トヨタ「C-HR LED Edition」のお得度を検証してみる

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」に、特別仕様車「LED Edition」が追加されました。

「C-HR」はこれまでトヨタのラインナップの中で、空白となる部分のサイズと車種を埋める車として登場しています。

スタイリッシュにデザインされたボディは、強烈な個性を放つSUVとして発売以来高い支持を集め、コンパクトSUVではトップの販売台数です。

この「C-HR」に追加された特別仕様車「LED Edition」は、どのような魅力を備えているのか、既存のグレードと比較してお得度を検証してみたいと思います。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

「C-HR」特別仕様車「LED Edition」とは

出典:トヨタ自動車 URL:https://toyota.jp/c-hr/grade/special/

出典:トヨタ自動車 URL:https://toyota.jp/c-hr/grade/special/

「C-HR」に追加された「LED Edition」は、1.8Lハイブリッド搭載車の2WD「S」「G」グレード、1.2Lターボ搭載4WD「S-T」「G-T」グレードに設定されます。

特別仕様となる内容は、フロントのアウトサイドドアハンドルが、カラードからメッキへと変更され、ヘッドランプが「Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト」となり、リアコンビネーショランプもLEDタイプが装備されます。

<LED Edition 特別仕様装備>

フロントアウトサイドドアハンドル メッキ
ヘッドランプ
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ
  • LEDクリアランスランプ
  • LEDシーケンシャルターンランプ
  • LEDデイライト
リアコンビネーショランプLEDタイプ

特別仕様車のベースグレードとなる、1.8Lハイブリッド搭載車の2WDの「S」と、1.2Lターボ搭載4WDの「S-T」は、LEDのヘッドランプとリアコンビネーショランプが、オプションでも用意されず、付けたくても付けられない装備となっていました。

そのためグレードは「S」か「S-T」で良いが、ヘッドランプとリアコンビネーショランプは、LEDランプにしたいと考える人には魅力がある特別仕様車です。

「LED Edition」と既存グレードの価格を比較

「C-HR LED Edition」の価格は、どのように設定されているのか、通常グレードと比較してみます。

まず1.8Lハイブリッド特別仕様車「S LED Edition」と、ベース車両「S」のメーカー希望小売価格を比較してみます。

特別仕様車「S LED Edition」のメーカー希望小売価格は2,670,000円で、ベース車両となる「S」は、ハロゲンヘッドランプとリアコンビネーショランプの装備で2,646,000円です。

ヘッドランプ/リアコンビネーショランプ メーカー希望小売価格
S LED EditionLED(標準装備) 2,670,000円
S ハロゲン(標準装備)2,646,000円

LEDランプとハロゲンランプの仕様差がありますが、「S LED Edition」と「S」グレードの価格差は24,000円「S LED Edition」が高い価格です。

次に1.8Lハイブリッド「G LED Edition」と、ベース車両「G」グレードを比較してみます。

ヘッドランプ/リアコンビネーショランプ メーカー希望小売価格
G LED EditionLED(標準装備) 2,929,200円
G ハロゲン(標準装備)2,905,200円
LED(オプション装備《+151,200円》)3,056,400円

ベース車両となる「G」グレードを、標準装備のハロゲンランプのままで、「G LED Edition」と比較すると「G LED Edition」が24,000円高い価格です。

ベース車両「G」にLEDランプをオプションで装備し、特別仕様車と比べると127,200円「G LED Edition」が低い価格になります。

それでは1.2Lターボエンジンを搭載する「S-T LED Edition」「G-T LED Edition」と、ベースグレード「S-T」「G-T」を比較してみます。

特別仕様車「S-T LED Edition」の、メーカー希望小売価格は2,540,400円で、ベース車両となる「S-T」は2,516,400円の価格です。

ヘッドランプ/リアコンビネーショランプメーカー希望小売価格
S-T LED EditionLED(標準装備)2,540,400円
S-T ハロゲン(標準装備)2,516,400円

「S-T LED Edition」とベース車両「S-T」との価格差は、ハイブリッドモデルと同じで24,000円特別仕様車「S-T LED Edition」が高い価格です。

最後に「G-T LED Edition」とベース車両「G-T」グレードを比較してみます。

ヘッドランプ/リアコンビネーショランプメーカー希望小売価格
G-T LED EditionLED(標準装備)2,799,600円
G-T ハロゲン(標準装備)2,775,600円
LED(オプション装備《+151,200円》)2,926,800円

特別仕様車「G-T LED Edition」と、ベース車両「G-T」グレードとの価格差も、ハイブリッドモデルと同じ金額です。

ベース車両「G-T」が標準装備のままでは、特別仕様車「G-T LED Edition」が24,000円高く、ベース車両「G-T」にLEDランプをオプションで装備すると、「G-T LED Edition」が127,200円低い価格になります。

特別仕様車「C-HR LED Edition」は非常にお買い得な車

「C-HR LED Edition」は非常にコストパフォーマンスの高い特別仕様車です。

LEDランプを今まで装備できなかった、ハイブリッドモデルの「S」、ターボモデルの「S-T」に設定されることで、ベースグレードでも「C-HR」のもつ雰囲気を高めることができます。

また上位のグレードとなる「G」と「G-T」に、オプションでLEDランプを装備するよりも低い価格で、特別仕様車はLEDランプを装備することができます。

「C-HR」は趣味性が強い車で、格好が全てとメーカーが言い切るほどの、パーソナルユース向けの車ですので、スタイルを引き立たせ雰囲気を高めるLEDランプは、必需品で外せない装備です。

「C-HR」を購入するなら「LED Edition」は、検討する価値のあるお得度の高い特別仕様車です。

トヨタ「C-HR」の試乗記事はこちらです。

トヨタ「C-HR」試乗してみた
トヨタTNGAを採用する第2弾コンパクトSUV「C-HR」が登場しました。「C-HR」の開発コンセプトは、格好と走りが全てと言う尖がった車です。スタイルはスケッチから飛び出して来たような斬新さで、走りは欧州の国道やサーキットまでも徹底的に走り込んでいます。この個性的で野心的な「C-HR」に試乗してみました。
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1