トヨタ新型カローラツーリング試乗してみた

カローラスポーツに続きカローラファミリーを構成する、カローラセダンとワゴンボディのカローラツーリンが登場しました。

カローラはこれまで保守的な顧客層を意識し、国内では5ナンバーサイズに拘った車造りを続けて来ましたが、2018年6月登場のカローラスポーツより、3ナンバーサイズにへと変わっています。

この変化はこれまでの顧客層からは反発を招く恐れもあるのですが、カローラユーザーの高齢化に伴い、免許返納などで販売台数が落ち込むなか、より若い世代にアピールしグローバルで通用するクルマとして、生まれ変わることを決意した表れでもあります。

しかし、国内へ投入されるカローラセダンとツーリングは、3ナンバーサイズなのですが海外で販売されるモデルとは違い、極力大きく見せないように車幅を狭め、ホイールベースも短く造られています。

これにより見かけは3ナンバーサイズを意識させない、非常にコンパクトに感じるセダンとワゴンに仕上がっており、扱い易い大きさに思えるデザインです。

今回、試乗したのはワゴンボディのカローラツーリングで、グレードは最上位のハイブリッドW/Bです。

スポンサーリンク
試乗記682×171

カローラファミリーを形成する鋭いヘッドライト

フロントはシャープなヘッドライトとロアグリルが大きく開いた、トヨタ車特有のデザインで造られ、先行し発売されたカローラスポーツと同じ顔つきです。

ワゴンとするとリア部分は短くなっており、5ドアハッチバックに近いスタイルです。

W×Bにはデュアルエキゾースト風のメッキ加飾が施されます。

低いフロントからリアに流れるウェッジシェイプは、若さを感じるスポーティなラインです。

これまでの1.5Lハイブリッドから、1.8Lハイブリッドに格上げされ、3ナンバーサイズに相応しい動力性能となっています。

W×Bには17インチホイールに215/45Rサイズのタイヤが装着され、試乗車にはブリヂストントランザが履かされています。

国内仕様車は3ナンバーを感じさせないスリムな外観

カローラツーリングはカローラスポーツと同様に、低い全高にシャープなヘッドライトが組み合わされスポーティーな印象です。

先行し発売されたカローラスポーツとは、フロントバンパーなど細部の形状や加飾が違い、派手さを抑えているのですが、良く見ないとわからないほどフロントは同じで、カローラファミリーをイメージさせる顔つきとなっています。

国内仕様車はリアのオーバーハング部分が短く、本格的なワゴンとして捉えると、やや物足りなさを感じますが、その反面に躍動的で快活なスタイルに映ります。

また、基本のプラットホームが世界共通の3ナンバーサイズとなったボディは、フェンダーの張り出しやサイドパネルの形状が国内仕様に変えられ、大きさを感じさせないところは流石な処理です。

派手さを抑えた落ち着いたカラーのインテリア

インパネはカローラスポーツと基本的に同じ、ソフトパッドが多用される質感を高めた仕様です。

スモークシルバーメタリックの加飾が入るメーターナセルには、オプティトロン式のメーターが収まります。

アッパーとパッドの部分にもベージュのステッチが入り、最上位のグレードとして違いを出しています。

W×Bには合成皮革+レザテックのスポーティシートが装備されます。レザテックは皮の質感に、ファブリックの快適性を備える新しい素材です。

リアシートは膝周りと足元に広さの余裕がなく、ワゴンと考えると快適性は追求されていない印象です。

トランクルームは通常使用の状態で392L(VDA法)の容量があり、リアシートを倒しラゲッジフロアを下段にセットする最大容量では802Lを確保しています。

また、ラゲッジフロアはリバーシブルの構造で、汚れ物や濡れた物に対応ができる仕様です。

室内も基本的にカローラスポーツと同じデザインが踏襲されていますが、スポーティテイストの強いカローラスポーツと比べると、カローラツリーングはシックで落ち着いた仕上げとなっています。

グローバルモデルらしい高水準の走り

カローラの新しいワゴンカローラツリーングに乗り込んでみます。

低い全高に合わせるように設定されたシートは、沈み込むようなポジションとなり、低い視線はスポーティーで安定感が伝わります。

しかし、フィールダーからするとこの低い車高は、少し乗り込み難さがあり、好みが分かれる部分ではないかと感じます。

室内は先行したカローラスポーツとほぼ同じデザインで、中央の表示切り替えが可能なオプティトロンメーターも同じ仕様となっています。

ただし、カローラツリーングの内装はワゴンと言うこともあり、鮮やかなカラーと加飾でスポーティなカローラスポーツとは違い、シックなインテリアは落ち着いた仕上がりです。

一見するとビジネスライクな印象にも映るのですが、ソフトパッドを多用した内装は、触れると優しい感触が伝わる質感のある作りです。

走りでは新世代プラットフォームGA-Cにより、安定性が大きく向上していて、グローバルモデルとしての実力を感じさせます。国内仕様車はナロートレッドとなり、走行性能では妥協を強いられていると思われますが、それでもフィールダーの速度が高くなると、どこか頼りないフィーリングからは完全に脱却しています。

ハンドリングもカローラスポーツのクイックな切れ味とは違うのですが、ステアリングは切った方向に穏やかに反応し、素直な動きはトヨタ車らしい応答で安心感の高い設定です。

また、熟成の進む1.8Lハイブリッドエンジンは、燃費重視から走ることも考慮されたシステムへと変わりつつあり、アクセルの踏み込に敏感になった加速は、退屈だったハイブリッドから楽しめるハイブリッドへの変化が感じられます。

新型カローラツリーングはSUV全盛のなか、アンチテーゼのように低い車高によるカッコ良さや、走りの安定感を訴えたワゴンです。

地面が近い低いドライビングポジションは、コーナリングでの安定性も高く、足回りを固めることなくロール感を上手く消しています。

そのため、45扁平タイヤを履くクルマとしては、角のない揺れが乗員に伝わり、大きな段差の乗り越え以外では、しなやかなで快適な乗り心地です。

さらに、走行中でもロードノイズの侵入が少ない室内は、静粛性も高くハイブリッドの良さを活かしており、クラスを超えた静かな空間を実現させています。

国内仕様車は外観をコンパクトにするため、カローラスポーツのプラットホームを使い、日本専用のカローラツーリングを作り上げています。

トヨタは3ナンバーサイズとなった新型カローラを、国内で販売するうえで最も大切なのはサイズ感と考えたのでしょう。

これによりリアシートの余裕はなくなりましたが、大き過ぎないサイズ感は実現され、扱い易いクルマと思わせることに成功しています。

SUVではなくマルチに使えるクルマとして考えるなら、カローラツーリングは楽しめる1台ではないかと思います。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1