ダイハツ新型タフト試乗してみた2020/6FMC

ダイハツ タフトG 2WD 2020

ダイハツから新たな軽SUVタフトが登場です。

タフトは軽SUVで人気を誇り独走する、スズキのハスラーに待ったをかけるべく、ダイハツが誕生させたクルマで、そのルーツは東京モーターショー2019で発表されたWakuWakuです。

実はダイハツがスズキのStop theハスラーを試みたのはこれが2度目で、1度目はキャストアクティバでした。

キャストアクティバは上質を備えるキャストスタイル、走りを追求するキャストスポーツ3兄弟の一員として登場し、同じボディをそれぞれのキャラクターで使い分ける戦略をとりました。

しかし、同じボディでの個性の追求というテーマが、コスト制約の厳しい軽自動車のなかにあっては、外観のイメージを大きく変えることができず、違いがハッキリとしないクルマと捉えられてしまいます。

そのため、タフさと玩具っぽさを絶妙にバランスさせたハスラーに比べると、キャストアクティバは中途半端な印象の軽SUVに映り、ハスラーに惨敗してしまいます。

この圧倒的とも言える結果からダイハツでは、ハスラーに対抗する第2弾の軽SUVを計画しタフトを登場させます。

タフトというネーミングは過去にダイハツが、使っていたのを復活させたもので、当時のタフトは登録車に区分される、クロカン仕様の本格的な4WD車でしたが、2代目となったタフトは軽SUVとなりました。

東京モーターショーでも注目を集め、ワイルド感溢れる新型タフトは、ライバルを凌駕し新しい流れを作り出せるのか大いに興味が沸きます。

今回試乗したのはフォレストカーキメタリックのGグレードです。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

新型タフトのグレード

グレード駆動方式スカイフィールトップボディカラー
Gターボ2WD/4WD標準装備モノトーン9色
G2WD/4WD標準装備モノトーン9色
X2WD/4WD標準装備モノトーン5色

新型タフトは最上位のGターボ、中間のG、ベースグレードXの3タイプでシンプルな構成で、特徴の一つであるルーフがガラス仕様となる、スカイフィールトップは前グレード標準装備です。

Xグレードは価格重視のグレードのため、一般のユーザーには向かない仕様です。そのため、実質的な選択はターボエンジンのGターボか、ノーマルエンジンGの2グレードです。

硬質感を作り出す水平の直線ライン

フロントは大きなバンパーに角型のヘッドランプを配置し、アッパーグリルのない表情は、メカニカルでロボットの顔を連想させます。

バンパーの両端はホイールアーチカバーとつながるようにデザインしまた、同じカラーとすることでタフネスさを強調し、大きめのリップバンパーもワイルドな印象を強めています。

フロントバンパーはタイヤが見えるように隙間が作られ、オフロダーのような逞しさを演出する手法をとっています。

水平の直線ラインで構成されるボディは、ウィンド面積を狭くしているためパネル部分が大きく、厚みを感じさせるデザインです。

タフトのアピールポイントの一つである、ガラス仕様のルーフスカイフィールトップは、大きな開放感を室内にもたらします。

また、ルーフレールはスカイフィールトップ仕様のため、後半部分のみの取付になっています。

フロントと同様にスクエアデザインで大型バンパーを配置するリアは、コンビネーションランプも角型で四角さが強調されます。

リアバンパーの両端とホイールアーチを繋げるデザインは、フロントと同様の手法です。

ホイールアーチカバーを延長するような、リアドアのガーニッシュプロテクターには、TAFTのロゴが入りアクセントをつけています。

水平に伸びる直線のキャラクターラインが、大きなパネル面に硬質な印象をもたせます。

大型のリアバンパープロテクターを装備し、ディパーチャーアングルは58°を確保しています。

タフな印象のボディにメカ的なフロントマスク

四角く角が張った新型タフトは、水平な直線ラインを組み合わせてタフな印象を作り出し、オフロダーのような雰囲気を漂わせています。

また、全高を抑えグラスエリアを狭くすることで、よりボディのパネル面を大きく強調したスタイルが、無骨なミリタリー車のようでもあり、軽自動車ですがワイドなクルマにも見せています。

フロントはグリルレスでメカニカルなロボット顔が特徴となっていて、このクルマのもつイメージを上手く創り出すのに一役買っています。

軽自動車はそのサイズ故にディテール部分に拘り過ぎると、登録車を小さくしただけのような、魅力に乏しいスタイルになりがちですが、新型タフトでは大雑把ともとれる細部の仕上げが、作り込まない面白さを伝えており、これはダイハツがトコットで試みたデザインの、延長線上にあるのではと感じます。

外観とイメージを共有する立体的インパネ

立体的な造形のインパネは外観とのイメージと合致した、ゴツイ雰囲気を前面に出したデザインとなっています。

両端の空調送風口とインパネセンター、メーターパネル内に使われるオレンジの差し色がアクセントをつけ、快活な印象を与えるインテリアです。

新型タフトのアピールポイントの一つスカイフィールトップは、室内に光を取り込み開放感を与えてくれます。

メーターは視認性の良い2眼タイプを採用し、中央にマルチインフォメーションディスプレイを配する、オーソドックスで馴染み易いデザインです。

D assistのパワースイッチを入れると、マルチインフォメーションディスプレイにPWR表示がされます。

これによりアクセルのオン・オフに対して、クルマがダイレクトな反応をみせ、メリハリの効いたドライビングを可能としています。

細身のセンターコンソールは足元のスペースを圧迫しない面白いアイデアですが、内部に収納できないのが残念です。

助手席前のグローブボックスは上下2段の構造で、上段にはETC、ドライブレコーダー、Wi-Fiルーターが収納可能です。

下段の収納は軽自動車として標準の容量と思える広さです。

ダイハツのクルマで初めての電動パーキングブレーキを装備しています。

オレンジステッチが入るカモフラージュ柄のシートはファブリック張りで、表面は面の粗さを出し滑りを抑えた仕様です。

リアはスライド機能がない固定式のシートです。近年の軽自動車では珍しく着座位置が低い沈み込む感覚のリアシートです。

荷室は防汚対応の樹脂フロアで軽自動車としては妥当な広さと思えますが、リアシートが固定式のため容量を変化させられないのが泣き所です。

荷室フロアの下にも収納スペースを確保しています。この収納スペースの下にはパンク修理キットが収まるため、深さがやや足りない印象です。

リアシートの背面も樹脂仕様のため、倒すと全面が防汚仕様のフロアです。サイドパネルとの隙間が少なく、小さな荷物が下に落ちる心配がないのは優れた作りです。

リアシートが固定式のため背もたれを倒しても、フロアがない大きなスペースが生れてしまいます。

チャイルドシート固定用のテザーアンカーを備えます。

オーソドックスでもSUVテイストを演出するインテリア

室内は先鋭的で新鮮な印象を与えるようなデザインではなく、コンパクトな空調のコントロールパネルや、整然と並べられたシートヒータースイッチなど、オーソドックスで機能を優先させたと思わせるインテリアです。

インパネは表面の段差を多く設けゴツさを表現していますが、これも外観のイメージと上手く合致していて、乗り込んでもSUVらしいワイルドさを感じ続けることができます。

オレンジの差し色も機能的なインパネに、賑やかな明るさをもたらしており、少し軽薄かなとも思わせますが、若さや躍動感を与えていることも確かです。

さらに、シートのカモフラージュ柄や粗い感触も、SUVテイスを盛り上げていて、それらしさを上手く演出しています。

また、細身のセンターコンソールはややチープですが、スペースを占領することなく程よいパーソナル感を前席に与えていて、ハイトワゴンとは違う雰囲気を作り出しています。

全く収納機能を備えていないのが残念ですが、配置される電動パーキングブレーキの使い勝手が良く、手を伸ばした位置で自然な操作が可能です。

目玉の一つであるスカイフィールトップは、屋根の低いタフトに開放感を与えてくれる装備となっていて、近年の標準となっているスーパーハイトワゴンの、高いルーフから乗り換えると、非常にタイトな空間と感じる室内に開放感をもたらしています。

小回りはやや苦手だが剛性感が高い走行感覚

搭載するエンジンは改良されたKF-DF型で、燃焼効率を高めるため半球形型燃焼室、マルチスパーク、スワール式燃料噴霧を採用した4代目タントと同じ仕様です。

なお、性能は最高出力52PS/6,900rpm、最大トルク6.1kg・m/3,600rpm、燃費はWLTCモードで20.5km/Lのスペックです。

15インチのアルミホイールに収まるのは、165/65R15のヨコハマブルーアースFE AE30です。これは軽自動車として外径が最も大きいサイズとなっています。

さて、新型タフトの走行性能ですが、タントより採用されたDNGAのボディは、ルーフが低くなったために、剛性感が増した印象が強く、硬質な締まったフィーリングが体に伝わります。

車両重量が830kgとガラスルーフを装備するクルマとしては、軽量にもかかわらず、路面のギャップなどへの追従性が良く、タイヤが路面を捉えサスペンションが、しっかりと機能していることが感じとれます。

ステアリングは直進を保とうとするダイハツ流の、キャスターアクションが残っているのですが、それも改善されて素直な反応をみせるようになっています。

ただ、スムーズに気持ちよくステアリングが回らないところがあり、これは以前から変わらないダイハツ車の特徴が受け継がれており、今後の改善に期待したい部分です。

エンジンもタントから搭載が始まった改良型KFエンジンを積み、今までの発進加速の遅さを改善し、ストレスを感じることが少なく、アクセルを思いっきり踏み込まなくてはならないと言う事はなくなっています。

しかし、他社のクルマを上回っているかと言えばそれ程でもなく、他社のクルマと同水準のレベルにやっと追いついたと感じられるレベルで、もう少しのアドバンテージが欲しいところです。

また、FF軽自動車で最大外径のタイヤを装着し、車体を持ち上げたスタイルは、SUVの雰囲気を盛り上げるのに一役買っているのですが、最小回転半径が4.8mと大きく小回りが効きません。

軽自動車だと思って油断すると駐車区画に入ることができず、切り返すことになりますので、駐車場やUターンでは登録車なみのクルマと考えて扱う必要があります。

最後にグラスエリアを狭めたワイルドSUVの室内は、スーパーハイトワゴンの高い天井に慣れていると、想像以上に天井が近く包まれ感が強くなっています。

これを解消するためにスカイフィールトップが装備されているのですが、熱い夏場などでは殆ど開けないと思われますので、そのことは良く理解しておく必要があります。

また、リアシートも沈み込むような着座姿勢となり、開放感には欠けるので、こちらもリアシートの住人からの理解を得る必要があるかも知れません。

ワイルドルックな軽SUVタフトは、そのスタイル故に切り捨てた部分もあり、パーソナル色の強い仕上がりとなっていますが、その反面魅力的なクルマでもあり興味をそそられます。

今回試乗したタフトGは、スマートアシストや15インチシルバーアルミホイール、オートレベリングフルLEDヘッドランプ、LEDフォグランプなどを標準装備して、のメーカー希望小売価格1,485,000円(2WD)です。

なお、Gグレードを含むその他のグレードのメーカー希望小売価格は次のとおりです。

グレード駆動方式メーカー希望小売価格
Gターボ2WD1,606,000円
4WD1,732,500円
G2WD1,485,000円
4WD1,611,500円
X2WD1,353,000円
4WD1,479,500円

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1