エンジンオイルについて考えてみる

近年はモーターの力を利用するハイブリッドカーの普及で、車の燃費は飛躍的に向上していますが、燃費を向上させるにはエンジンそのものの性能も重要となります。

そのため、これまでは難しいとされてきた、アトキンソン(ミラー)サイクルのエンジンの導入や、気筒内への燃料直接噴射などにより、エンジン本体も長足の進歩をみせています。

そこで今回は燃費性能に大きく影響与え、エンジンの血液ともいわれるエンジンオイルについて考えてみます。

スポンサーリンク
試乗記682×171

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは車の心臓部となるエンジンを、良好な状態に保ち維持することを目的として使われ、その役割は5つの作用に分けられます。

1.潤滑作用

金属同士が直接触れることによる摩耗を軽減し滑らかに動かす。

2.密封作用

ピストンリングとピストンの隙間を埋め、燃焼や圧縮ガスの吹き抜けを防止しパワーを高めます。

3.冷却作用

エンジンより発生した熱を吸収し発散させ、必要以上の過熱を防ぎます。

4.洗浄分散作用

エンジンに発生するスラッジや煤などを包み込みクリーンな状態を保ちます。

5.防錆作用

エンジン内部に発生した水分や酸により錆びが発生するのを防ぎます。

エンジンオイルの種類

エンジンオイルには精製方法により3つの種類に分類されベースオイルが作られます。

1.全合成油

主成分となる炭化水素を科学的に合成したオイルで、酸化安定性に優れスラッジの生成も少なく高い粘度指数をもつ特長があります。

具体的には寒くても硬くならい、高温でも柔らかくならない、燃えにくい、蒸発しにくいなどの特徴があり、高性能ですが引き換えに価格は高いオイルです。

2.部分合成油

化学合成油と鉱物油を混ぜ合わせ作り出されるオイルです。

化学合成油ほど高性能で安定性はありませんが、コストパフォーマンスに優れベースオイルとしては、最も注目されており広いニーズに対応できます。

3.鉱物油

原油から不純物や有害物質を取り除いたオイルです。熱には弱く酸化しやすい特徴がありますが、性能の劣化が穏やかで安価で購入が可能です。

エンジンオイルの粘度

エンジンオイルの粘度を表す代表的なものが、アメリカ自動車技術者協会(SAE)の規格です。

5W-30や10W-30などで表記されますが、Wはウインター(冬)を指し前の数字は低温でも固まりにくい特性を示しています。0Wは零下35度、5Wは零下30度、10Wは零下25度まで使用可能で、数字が小さくなるほど低温時の粘度が低く始動性に優れています。

後半の数字は高温時(100度)での粘度を表し数字が大きくなるほど粘度が高くなります。

0W5W10W15W20W1620304050
 ⇐数字が小さいほど粘度が低い 数字が大きくなるほど粘度が高い⇒

一般的には粘度が低いエンジンオイルほど燃費が良くなる傾向にあります。

エンジンオイルの規格

エンジンオイルの規格は米国石油協会(API)、アメリカ自動車技術者協会(SAE)、アメリカ材料試験協会(ASTM)の三者が定めるAPI規格と、日米の自動車工業会(ILSAC)が認定するGF-5規格があります。

API規格のガソリンエンジンオイルはSで始まり、その後に続くアルファベットが進むと高性能な製品になります。

GF-5規格はAPI規格に省燃費性能を加えたものです。

API規格ILSAC規格特    徴
SA運転条件がゆるやかなエンジンに使用可で、添加物を含んでいないオイル(ベースオイル)。
SB最低レベルの添加物を配合したオイルで、かじり防止・酸化安定性の機能が改善されている。
SC1964~67年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、デポジット防止性・摩耗防止性・サビ止め性腐食防止性が備わっている。
SD1968~71年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SCより高い品質レベルを備えている。
SE1972~79年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SDより高い品質レベルを備えている。
SF1980年製以降の車に適応。酸化、高温デポジット(堆積物)、低温デポジット、サビ、腐食に対する優れた防止性能を発揮。
SG1989年製以降の車に適応。SFの性能に加え、動弁系の耐摩耗性と酸化安定性が要求され、エンジン本体の長寿命化を果たす性能がある。
SHGF-11993年製以降の車に対応。SGの性能に加え、スラッジ防止性、高温洗浄性に優れる。
SJGF-21996年製以降の車に適応。SHの性能を向上。さらに蒸発性、せん断安定性に優れる。
SLGF-32001年度制定。SJに比べ、省燃費性の向上(CO2の削減)・排出ガスの浄化(CO、HC、NOxの排出削減)・オイル劣化防止性能の向上(廃油の削減・自然保護)があげられる。
SMGF-42004年制定。SLに比べ、浄化性能・耐久性能・耐熱性・耐摩耗性に優れている。
SNGF-52010年制定。環境性能おいてより高い基準が設けられた。

推奨オイル粘度

単純に考えると燃費を良くするには、化学合成油で0W-16の粘度、SN規格のGF-5適合品が最も適していることになりますが、エンジンにはそれぞれ粘度特性が推奨されています。

5W-30が最も柔らかいオイルと推奨するエンジンに、燃費を良くしたいと思っても0W-16は使うことができません。

このような場合は推奨される粘度の範囲で、ベースオイルをより高性能なものへと変えることで、燃費が良くなる可能性が高くなります。

エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルはそれぞれのメーカーが、交換時期を指定し違いがみられますが、距離にして5,000km~10,000km、期間としては6カ月から1年で交換を推奨されることが多くなっています。

しかし、シビアコンディションとされる年間に走行距離が20,000km以上走る、8km以下の短距離繰り返し走行が多い、30km/h以下の低速走行が多い車などは早めの交換が必要です。

さらに、デコボコ道、砂利道、未舗装路など悪路走行が多い、山道、登降坂路での走行が多い、アイドリング状態が長いなどもシビアコンディションに当てはまります。

このようなシビアコンディションの車は、5,000kmまたは6カ月で必ず交換することが望ましく、それによりエンジンの性能低下やトラブルを低減させることに繋がります。

また、軽自動車は高回転を使用する頻度が高く、ターボエンジンは高い負荷がかかるなどのことから、早めの交換が推奨されています。

エンジンオイルの交換時期が変わる、ノーマルコンディション車とシビアコンディション車は、いずれの場合もメーカーがその距離と期間を指定しているので確認が必要です。

メーカーの純正オイル

ここではそれぞれの自動車メーカーが用意する純正エンジンオイルを紹介します。

トヨタ純正オイル

SAE規格0W-16が推奨されるエンジンに適合するエンジンオイルです。トヨタ純正オイルの中では最も柔らかく燃費性能の高さが特徴です。

全合成油をベースとするオイルはAPIのSN規格をクリアし、極めて低粘度で省燃費に優れ、洗浄作用の高い添加剤は、エンジン本来の性能を持続させます。

新型の「カムリ」やマイナーチェンジ後の「アクア」などに推奨されています。

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合するエンジンンオイルです。

全合成油をベースとするオイルは、キャッスルオイルの中では2番目に柔らかい特性をもち、低粘度で摩擦を低減させトップクラスの低燃費を実現させています。

洗浄効果を高めることにより耐摩耗性にも優れることから、一部のターボエンジンにも使用が推奨され、APIのSN規格とILSACのGF-5規格をクリアしています。

SAE規格5W-20が推奨されるエンジンに適合するエンジンオイルです。ここで紹介するトヨタ純正オイルの中では、3番目の柔らかさをもつ鉱物油オイルです。

API規格SN、ILSAC規格GF-5の基準をクリアし、省燃費性能と高いエンジン保護性能を実現しています。

SAE規格5W-30が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

汎用性の高い粘度特性は幅広いトヨタ車に対応し、高品質ベースオイルと耐摩耗添加剤技術により、優れた対摩耗性を発揮しエンジン内部の保護を行います。

APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

SAE規格10W-30が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

汎用性が高い粘度特性のため低年式から高年式の車に幅広く対応し、APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

高温時のオイル循環性能に優れ高速運転での安定した性能を発揮します。

日産純正オイル

SAE規格0W-16が推奨されるエンジンに適合する全合成油エンジンオイルです。

API規格SN0W-16を世界で初めて取得し、省燃費性能に優れるモリブデンを配合しています。

日産純正オイルの中では最も低粘度で柔らかい特性をもちます。

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合する全合成油エンジンオイルです。

API規格SNとILSAC規格GF-5をクリアし、高い省燃費性能と洗浄性能を実現させています。

SAE規格5W-30が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

鉱物油の中でも最も品質、性能の高い高度鉱物油をベースとし、優れた燃費性能と清浄性能は、API規格SNとILSAC規格GF-5をクリアしています。

SAE規格10W-30が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

コストパフォーマンスに優れ広い温度条件下で性能を発揮し、多くのエンジンに対応します。

APIのSJ規格とILSACはGF-2規格をクリアしています。

ホンダ純正オイル

ネクストオイルが推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

SAEで定める最も低粘度の規格よりさらに低粘度化され、適合するホンダ車と同時に開発された、専用設計となるエンジンオイルです。

低温から高温までエンジンの全温度域において、低粘度化された性能はエンジンの耐久性と省燃費を、高次元で両立させた次世代エンジン用オイルです。

グリーンオイルが推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

SAE規格に適合しないほどの柔らかさは、SAEで定める最も低粘度の規格よりさらに低粘度化し燃費性能に優れ、ホンダハイブリッドエンジンと同時開発されています。

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

低温の始動性に優れた粘度特性は、高い低燃費性能を持続させる特徴をもち、APIのSN規格とILSACのGF-5規格をクリアした環境対応型エンジンオイルです。

SAE規格5W-30が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

多くの車種に対応可能な粘度特性で、低温域から高温域まで幅広いレンジに対応し、APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

SAE規格10W-30が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

従来からの粘度特性のため幅広いエンジンに対応可能なスタンダードオイルで、APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

年間を通して常に安定した性能を発揮する、高性能と経済性を両立したマルチタイプオイルです。

ダイハツ純正オイル

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

ダイハツ純正エンジンオイルの中では、最高の省燃費性能をもつ、最高級エンジンオイルです。

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合するエンジンオイルです。

APIのSN規格をクリアしダイハツ車の性能を100%発揮できるよう相性を追求し専用開発されています。

SAE規格5W-30が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

汎用性の高い粘度特性は幅広いエンジンに対応し、ダイハツ車の性能を発揮できるように専用開発され、APIのSN規格をクリアしています。

スズキ純正オイル

SAE規格0W-16が推奨されるエンジンに適合する全合成油エンジンオイルです。

低い粘度特性で優れた省燃費とエンジン保護性能を実現させ、APIのSN規格をクリアしています。

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合する全合成油エンンジンオイルです。

燃費を良くする摩擦調整剤が省燃費を実現し、摩耗を防ぐ添加剤でエンジン状態を良好に保ち続けることができます。

APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

SAE規格5W-30が推奨されるエンジンに適合する全合成油エンジンオイルです。

幅広く対応する粘度特性のため汎用性が高く、燃費を良くする摩擦調整剤が省燃費を実現し、摩耗を防ぐ添加剤でエンジン状態を良好に保ち続けることができます。

SAE10W-30規格の鉱物油エンジンオイルです。スターンダードな粘度特性のため幅広いエンジンに対応可能です。

APIのSM規格とILSACはGF-4規格をクリアしています。

スバル純正エンジンオイル

エコオイル0W-20が推奨されるスバルエンジン(FA型/NA、FB型)に適合する全合成油エンジンオイルです。

サラサラな低粘度はスバル純正オイルの中で、最も柔らかい特性をもちGF-5規格の基準を上回る省燃費性能を実現させ、始動性に極めて優れた効果を発揮します。

また、耐摩耗性や耐焼付き性などは、粘度の低さからは想像できない高い保護性能をもっています。

APIの規格とILSACの規格には適合していません。

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合する全合成油エンジンオイルです。

高機能粘度調整剤を使用することで、燃費に効果的な粘度特性を実現し、摩擦調整剤の効果を高める新処方により、省燃費性能を向上させています。

エンジンの耐摩耗性、耐腐食性、エンジンオイルの酸化防止性、粘度上昇の抑制の性能も高め、エンジン内部をクリーンに保つ洗浄性能を強化しています。

APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

SAE規格5W-30が推奨されるエンジンに適合する部分合成油エンジンオイルです。

スタンダードな粘度特性は各種性能のバランスが取れ、使用するクルマ、季節を選ばず高性能を発揮します。

スバル純正オイルの中で唯一の部分合成油ですが、APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアし、コストパフォーマンスに優れています。

三菱純正エンジンオイル

ekワゴン、ekスペース(B11W)専用のエンジンオイルです。

オイル特性は0W-16相当の低粘度で燃費に優れ、省燃費エンジン本来の性能を発揮させます。

SAE規格0W-20が推奨されるエンジンに適合する鉱物油エンジンオイルです。

省燃費型エンジンに対応した低い粘度特性はその性能をフルに発揮させ、APIのSN規格をクリアしています。

SAE規格5W-30推奨されるエンジンに適合する部分合成油エンジンオイルです。

低温始動性と省燃費性能に優れ、エンジン保護性能も兼ね備え、APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

SAE規格10W-30が推奨されるエンジンに適合する部分合成油エンジンオイルです。

従来よりの粘度特性のため幅広いエンジンに対応可能で、APIのSN規格とILSACはGF-5の規格をクリアしています。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1