フルモデルチェンジが影響する?

スポンサーリンク
試乗記682×171

フルモデルチェンジする理由

車の、フルモデルチェンジは多くの場合、4~6年のスパンで実施されています。

フルモデルチェンジの目的は、新しいデザインの車体やフォルム、技術の導入により、魅力が薄くなった現行車に対して、購入層を刺激し、売上拡大を図るのが最大の目的です。

近年では、購入層に対するアピールポイントして、省燃費、安全技術に各メーカー力を入れており、欠かす事の出来ない技術になっています。

新型車が与えるインパクト

新しいコンセプトの新型車が出ると、さすがに旧型車はいかにも古臭く、一時代前の車に、見えてしまうのも致し方有りません。

又、新型車登場により、旧型車のオーナーが買い替えを加速させ、市場に、旧型車が多く出回る事になり在庫車が増えます。

買取店は在庫車が増えると、管理費用が嵩み負担が増えます。負担が多くななるので、高く買取は出来ない事になります。

このように、新型車の登場は、市場にかなりのインパクトを与え、旧型車の買取額を、一気に下げてしまいますので、新型車の登場前に、売却する必要が有ります。

フルモデルチェンジの時期を知る

車を売却する場合、フルモデルチェンジはいつ頃だったのか、遡って調べておくと、次のフルモデルチェンジの時期が、いつ頃なのか、おおよその見当が付きます。

正式発表は、1ヶ月前になっていますが、自動車雑誌やNet上には、スクープ記事がもっと早く載るので、買い替えを検討中のときは、新型車情報を収集し素早く行動しましょう。しかし、スクープ情報は、その時期が早ければ早いほど、信憑性は薄くなりますので注意しましょう。

稀だが新型車が不人気になる場合は

稀な事ですが、新型車が不人気になる場合が有ります。

多くの理由は、スタイリングが受け入れられず、新型車になったのに目新しさが感じらず、魅力に乏しい車になってしまった時です。

この場合は、旧型車の人気が上がり、買取価格が下がらない(上がる)時も有ります。

一つの例としては、「スカイラインGTR33」です。

人気を博した「スカイラインGTRR32」の後継車として登場した「GTR33」は、ボディサイズが拡大され、居住性性、安定性が改善されましたが、そのスタイリングが受け入れられず、「シャーシも専用設計では無い」「大型化されたことにより運動性能が失われた」など厳しい指摘を受け人気は高まりませんでした。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1