ホンダ新型「シビックハッチバック」発表

スポンサーリンク
試乗記682×171

10代目「シビック ハッチバック」はスタイリッシュなグローバルモデル

Civic Hatchback Prototype Studio Film

2016年ジュネーブモーターショーにおいて、ホンダが10代目新型「シビックハッチバック」を発表しました。

今回初公開された「シビックハッチバック」は、プロトタイプモデルで2017年欧州での発売を予定しています。

現行のモデルは、欧州地域専用のプラットフォームで作られているのに対して、10代目新型「シビック」は、セダン、ハッチバック共にグローバルモデル共通のプラットフォームが使われています。

欧州向けに搭載されるエンジンは、新開発の1.0L直噴VTEC TURBOエンジン、1.5L直噴VTEC TURBOエンジン、さらに進化した1.6L i-DTECディーゼルエンジンのラインアップとなっています。

エクステリアデザインは、現行モデルと比較して全長を130mm、全幅を30mm拡大し、全高を20mm下げるとともに、ロングホイールベース化することにより、ロー&ワイドなボディを実現させています。

加えてフロントのオーバーハングを短くした事に依り、スポーティーなデザインが強調される仕様となっています。

シビック ハッチバックは、ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドで生産が行われ、欧州だけでなく米国にも販売が予定されています。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1