ホンダ新型「フリード」9月16日登場

スポンサーリンク
試乗記682×171

ホンダ新型「フリード」9月16日に登場

ホンダのホームページで先行公開されていた、新型の「フリード」は2016年9月16日に登場となりました。

新型の「フリード」は全長が4.265mとなっていて、旧型が4.215mですから5cm全長が長くなっています。

1列目から3列目のシート間の長さを9cm拡大し、2列目シートのスライド量も12cm増加させて、室内の快適性を向上させています。

安全運転支援システムHonda SENSINGをタイプ別に設定し、ハイブリッドシステムもIMAから、より高性能のSPORT HYBRID i-DCDへと変更され、新たに4WDもラインアップしています。

「フリード」のシリーズ構成は、まず3列シートの「フリード」と、2列シートの「フリード」“+”に分かれます。

「フリード」“+”は、これまでの「フリード」“スパイク”に代わるモデルとなっています。

「フリード」「フリード」“+”ともに、ハイブリッドモデルとガソリンモデルが用意され、それぞれのモデルにFFと4WDが準備されます。

「フリード」ハイブリッドモデルのグレード構成は

  • トップグレード“HYBRID EX”(6人乗り)
  • 中間グレード“HYBRID G”(6/7人乗り)
  • ベーシックグレード“HYBRID B”(6人乗り)

「フリード」1.5Lガソリンモデルは

  • トップグレード“G.Honda SENSING”(6/7人乗り)
  • 中間の“G”(6/7人乗り)
  • ベーシックグレード“B”(6人乗り)

「フリード」“+”、ハイブリッドモデルのグレード構成は

  • トップグレード“HYBRID EX”(5人乗り)
  • 中間グレード“HYBRID G”(5人乗り)
  • ベーシックグレード“HYBRID B”(5人乗り)

「フリード」“+”1.5Lガソリンモデルは

  • トップグレード“G.Honda SENSING”(5人乗り)
  • 中間の“G”(5人乗り)
  • ベーシックグレード“B”(5人乗り)

となっています。

尚、全てのグレードで、全9色あるボディカラーの全カラーが選択可能となっています。

最後に新型「フリード」のキャンペーン情報です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1