ホンダ新型「フリード」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

ちょうどいい「フリード」の2代目はシリーズを充実させて登場

ホンダ新型「フリード」は、2016年9月16日に正式に発表されましたが、発表される前の先行受注で1万3千台のオーダーがあり、順調な滑り出しをみせています。

「フリード」は「ちょうどいい」のキャッチフレーズで、2008年5月にコンパクトな3列シートミニバンとして初代が登場し、5ナンバーフルサイズのハイトミニバンでは、大きすぎると感じるユーザー層から支持を集めて来ました。

2代目へと進化した「フリード」の特長は、安全運転支援システムHonda SENSINGの搭載や、コンパクトミニバンでは初となる、ハイブリッドモデルの4WD仕様などが、大きなセールスポイントとなっています。

2代目「フリード」から、3列目のシートを持たないモデルは「フリード」“+”とネーミングされ、こちらは「フリードスパイク」の後継モデルとなっています。

「フリード」のグレードはハイブリッドモデルが

  • “HYBRID B”
  • “HYBRID G Honda SENSING”
  • “HYBRID EX”

ガソリンモデルは

  • “B”
  • “G”
  • “G Honda SENSING”

の構成となっています。

今回試乗車したのは、ガソリンモデル“G Honda SENSING”(FF6人乗り)で、CパッケージとSパッケージを装着し、さらにフロントグリル、フロントエアロバンパー、サイドロアスカート、テールゲートスポイラーがオプション装備された車両です。

精悍でシャープになった「フリード」

フロントグリルは、「フィット」「ステップワゴン」の流れを踏襲するデザインですが、ヘッドライトが細く長い形になり、オプションのフロントグリル(クロームメッキ)、エアロバンパーが装着されシャープで精悍なデザインになっています。

フロントウィンドガラス上端は、上方に広げられて見上げ角度を拡大させています。

フロントクォーターウィンドが、新たに設けられたサイドビューの全長は4.265mとなり、旧型と比較すると5cm長くなっています。

ロアスカートはオプション装備です。

先代「フリード」は曲面を感じる独特のリアスタイルでしたが、新型「フリード」は台形で安定感のあるスタイルになっています。

テールゲートスポイラーはオプション装備です。

キャラクターラインとともにボディ面に変化をつけて、抑揚のあるエクステリアデザインとしています。

水平基調のインテリアは明るく爽快なデザイン

ダッシュボードは「ステップワゴン」と同様の、水平基調のデザインを採用していて、受ける印象も「ステップワゴン」に非常に近くなっています。

試乗車のメーターパネル照明は、バイオレットカラーを選択していますが、この他の色としてピンク、アンバー、イエロー、ブルー、レッドが選択できます。

エンジンスタートスイッチが、これまでのホンダ車定番のステアリング左側から右側に設置されて、使い勝手は向上しそうです。

エンジン始動後スタートスイッチは赤い色に点灯します。

Sパッケージを装備している試乗車は、ブラックの(プライムスムース×ファブリック)コンビシートが装着されます。

試乗車は6人乗りキャプテンシート仕様となっていますが、ベンチ仕様7人乗りも選択することができます。

セカンドシートのスライド幅は、先代と比べると12cm増加させています。

運転席、助手席のシートバック背面に凹みをつけて、セカンドシートのレッグスペースを拡大させています。

フロントシートからサードシートまでを9cm長くして、サードシートの居住性も改善していますが、シートの位置が低いために大人が長時間座るには苦しそうです。

サードシートまでを使用した状態でのラゲッジスペースは狭く、大きな荷物は積めない容量です。

サードシートは旧型と同様に5:5分割のサイド跳ね上げ式を採用しています。

搭載されるL15Bエンジンは、排気量1.496L、最高出力131PS/6.600rpm、最大トルク15.8kgf・m/4.600rpmのスペックで、燃料消費率は19.0km/Lです。

タイヤサイズは185/65R15で、タイヤはヨコハマブルーアースが装着されています。

アルミホイールはSパッケージのオプション装備です。

足回りは硬めで走行性能を重視したセッティング

クリスタルブラック・パールの「フリード」に乗り込んでみます。

水平基調のダッシュボードは圧迫感が無く良い視界です。

ダッシュボードは、「ステップワゴン」のデザインをそのまま持ち込んだと感じさせ、メーターパネルも含めて「フリード」の独自性は低くなっています。

シンプルで機能的なデザインは好感が持てるのですが、もうひとひねりして「フリード」らしさが欲しかったところです。

「フリード」を走らせて気になるのは、低速域でのサスペンションの硬さです。

スピードがある程度乗ってしまえば、フラットな乗り心地となりますが、それでも道路の段差の乗り越えは不得意なようで、ガタンとシートに振動が伝わって来ます。

「ステップワゴン」のサスペンションが、走りと乗り心地を両立させる進化を見せていただけに、「フリード」の乗り心地は少々残念です。

乗り心地では硬さを伝えるサスペンションですが、その見返りとして走行性能は高く保たれています。

ロールの少ない走りはコーナーでも安定した姿勢で、ステリングの操作に素早く反応し車の向きが変わります。

プライムスムースとファブリックが使われるシートは、表面がツルツルとしていて滑り易い感触で、ホールド性が良くありません。

ゆったりと乗ることを重視したと思われますが、体が動き過ぎるとかえって疲れる要因となるので、もう少しサポート性を持たせたいところです。

新型の「フリード」は硬めの乗り心地が評価を分けそうですが、室内の居住性と質感は確実に進歩していて、走りの楽しいコンパクトミニバンに仕上がっています。

今回の試乗車「フリード」“G Honda SENSING”のメーカー希望小売価格は、2.100.000円(FF6人乗り)となっています。

「フリード」のおすすめグレードを考えたのはこちらの記事です。

ホンダ「フリード」お勧めのグレードを考えてみる | tatumiの車探訪記
2016年9月に登場した2代目ホンダ「フリード」は、Honda SENSING 、i-DCD を搭載し、予防安全性能と走行・燃費性能を大きく進歩させています。3列目シートを持つミニバンとしては、コンパクトで使い易いサイズとなっているコンパクトミニバン「フリード」の、装備を比較しお勧めのグレードを考えてみます。

ホンダ「フリード」トヨタ「シエンタ」の比較記事はこちらです。

ホンダ「フリード」トヨタ「シエンタ」比較してみた
コンパクトミニバンでライバル関係にある、ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」。「フリード」のモデルチェンジが遅れ「シエンタ」に独走されていましたが、いよいよ新型車が投入され巻き返しを図っています。待ちに待った新型「フリード」は人気を博している「シエンタ」を超える魅力を備えているのでしょうか。比較してみました。
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1