ホンダ新型「インサイト」2018年冬に登場

Photo: American Honda  URL:https://www.honda.com/

3代目となるホンダ新型「インサイト」が2018年冬に国内へ登場します。

「インサイト」はホンダ初の量産ハイブリッドカーとして開発され、初代は1999年に販売が開始されています。

当初は2シータースポーツクーペの斬新なデザインで、優れた空力性能と燃費性能を備えたモデルでしたが、2代目からは5人乗りの5ドアハッチバックのスタイルに改められました。

ライバルとされのはトヨタ「プリウス」ですが、大きなヒット作となった「プリウス」とは対照的に、ハイブリッドシステムの違いなどで「インサイト」は後塵を拝し、常に「プリウス」の陰に隠れた存在となっていました。

このため販売台数は振るわず、初代から2代目が登場するまでに生産が一時中止され、今回登場する3代目までにも、生産が一時中断されています。

新型の「インサイト」では「シビック」をベースに開発が行われ、パワーユニットは1.5Lエンジンに2モーターのSPORT HYBRID i-MMDを搭載しています。

北米ではすでに発表されていますが、国内仕様はフロントグリルのデザインが違い、サスペンションも国内向けのセッティングを施し、リアにはスポイラーを装備します。

新型「インサイト」の位置付けは、「シビック」より上級の4ドアセダンとされ、サイズも若干ですが「シビック」より拡大しています。

これまではハイブリッド方式で、「プリウス」より見劣りしていた「インサイト」ですが、パワフルな2モーターで、ライバルを上回る動力性能を発揮させ「プリウス」の追撃開始です。

Introducing the Honda Insight
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

「インサイト」北米仕様のエクステリア

北米仕様の「インサイト」はフロントグリルが、ベースとなった「シビック」に近く、シャープな印象を与えるデザインです。

リアはファストバックのスタイルが、「シビック」と共通するデザインですが、リアコンビネーションランプは横に長く、優雅な印象をもたせます。

「インサイト」北米仕様のインテリア

インパネの基本配置は「シビック」の流れを受け継ぎますが、2眼タイプのメーターやセンターコンソール、助手席前のデザインが変えられ、「インサイト」は質感を向上させています。

特徴的なのはレバーを廃止し、プッシュスイッチでポジションをセレクトする方式を採用しています。

「インサイト」のスペック

インサイト北米仕様プリウス国内仕様
全長mm4,6634,540
全幅mm1,8181,760
全高mm1,4121,470

「インサイト」は北米仕様のスペックなので、国内仕様のモデルでは若干の違いが出るものと考えられますが、「プリウス」より全長、全幅が大きくなるのは確実だと思われます。

このサイズで低い全高の「インサイト」は、ワイドな印象が強調されるスタイリングです。

「インサイト」の価格

北米仕様の「インサイト」はベースモデル“LX”、中間の“EX”、トップモデル“Touring”のグレードが設定されています。

価格は円換算にすると、“LX”が2,500,000円台~、“EX”2,700,000円台~、“Touring”3,100,000円台~です。

「インサイト」の国内グレード展開はまだ未定ですが、同じ経緯で導入された「CR-V」は、北米で展開する4グレードのなかで、中間とトップモデルの2グレードが国内に投入されています。

価格は北米仕様の中間グレード“EX”3,000,000円台~、トップグレード“Touring”3,700,000円台~とされ、国内仕様では“EX”3,230,280円~、トップグレード“EX・Masterpiece”3,591,000円~となっています。

国内仕様と北米仕様は、装備が全く同じではないことなどがあり、価格は単純に比較できないのですが、「CR-V」を参考に「インサイト」国内仕様の価格を考えると、北米仕様の価格より1割前後上下すると思われます。

「インサイト」“LX”2,500,000円±10%~、“EX”2,700,000円±10%~、“Touring”3,100,000円±10%~程度の価格と予想されます。

「プリウス」国内仕様はベースグレード“S”2,479,091円、トップグレードAプレミアム“ツーリングセレクション”3,199,745円なので、「インサイト」は価格的にも「プリウス」と、激しく競合する設定です。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1