ホンダが提案する「N-VAN」の使い方とその価格

新しい軽バンとして登場したホンダ「N-VAN」は、FF駆動のメリットを活かし低いフロアに、ピラーレスのスライドアで、これまでの軽商用車にない使い易さを実現させています。

また、FF駆動方式で不利になる、荷室の狭さに対応するため、助手席までフラットになる構造とし、長尺もの荷物を積み込むことを可能としています。

このようにアイデアを積み込んだ「N-VAN」は、趣味の遊びと仕事の業種において、それぞれの使い方を提案しています。

「N-VAN」の使い方を提案する趣味は、車中泊、サーフィン、フィッシング、バイク、自転車の5つで、仕事の業種では「運輸・宅配」「修理・サービス」「クリーニング店」「酒類販売店」「建築・設備」「水産・農業」「電気設備」「生花店」の8つで提案しています。

さらに、趣味おいてはダイハツ「ウェイク」が、先立って使い方を提案しているので、「N-VAN」と比較し、装備と価格を比べてみます。

仕事の業種別による使い方では「ハイゼットカーゴ」を、比較対象として比べてみます。

スポンサーリンク
試乗記682×171

車中泊仕様の装備と価格

車中泊では足を伸ばして休める仕様としています。

この仕様での12アイテムのオプション装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションマルチボードラゲッジ用66,960円
マルチボードリア用31,320円
外部電源入力キット36,720円
プライバシーシェード31,320円
テールゲートメッシュ21,600円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
ルーフインナーラック10,800円
ルーフコンソール17,820円
有孔ボード11,340円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
簡易テーブル14,040円
フロアカーペット プレミアムタイプ22,680円
合  計  金  額1,670,824円(取付料込)

「N-VAN」の運転席シートの上にはボードがないので、寝る人は少し辛い姿勢となりそうですが、ベース車両をL Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円とした、車中泊仕様の合計金額は1,670,824円です。

「N-VAN」「ウェイク」の車中泊仕様を比較

では「N-VAN」とダイハツ「ウェイク」の車中泊仕様価格の比較を行ってみます。「ウェイク」は「N-VAN」とは違い、4ナンバーの軽バンではありませんが、アクティブな使い方を提案する、同じカテゴリーに属する車です。

比較対象とした「ウェイク」のグレードは、L レジャーエディション“SAⅢ”(4AT)1,598,400円です。

N-VANウェイク
グレードL Honda SENSINGFUN Honda SENSING(1,560,600円)L レジャーエディション“SAⅢ”(1,598,400円)
オプションマルチボードラゲッジ用ジョイントクッション(くつろぎパック61,301円)
マルチボードリア用
外部電源入力キット
プライバシーシェードプライバシーシェード(くつろぎパック)
テールゲートメッシュバックドアタープ(23,760円)
ルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール+クロスシステムバー(31,968円+6,113円)
ルーフインナーラックオーバーヘッドネット(7,560円)
ルーフコンソール
有孔ボードクォーターウィンドネット(8,251円)
リアアンダーミラー標準装備
テールゲートバー
簡易テーブル
フロアカーペットプレミアムタイプフロアカーペット高機能タイプ(25,553円)
価 格1,670,824円1,890,064円1,762,906円

「N-VAN 」と「ウェイク」の車中泊仕様は、「N-VAN L」が92,082円安い価格です。

「N-VAN L」はベース車両に近いので、「ウェイク」の L レジャーエディションより、基本の仕様が簡素となりますが、「ウェイク」より多くのオプションを装備しても価格が安く、割り切って使うならおとくな仕様です。

「N-VAN」のグレードを L Honda SENSING から、FUN Honda SENSINGに変更すると1,890,064円で、「ウェイク」車中泊仕様より127,158円高い金額です。

ちなみに、「N-VAN」の装備を「ウェイク」にあわせ、外部電源入力キット、ルーフコンソール、テールゲートバー、簡易テーブルを外した価格は、「N-VAN L」で1,606,197円「N-VAN FUN」で1,825,437円です。

サーフィン仕様の装備と価格

「N-VAN」のサーフィン仕様では、運転席とリアシートに前後2人で乗車し、長いサーフボードを積む込む装備としています。

この仕様での7アイテムのオプション装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションラゲッジマット TPOタイプ10,260円
テールゲートバー9,720円
シートカバー撥水タイプ23,760円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
ルーフコンソール17,820円
リアアンダーミラー6,480円
リアピロー9,720円
合  計  金  額1,451,239円(取付料込)

L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円に、サーフィン仕様の装備で合計金額1,451,239円です。

リアシートのピローは、乗員頭部保護のため必ず付けたい装備です。

「N-VAN」「ウェイク」のサーフィン仕様を比較

N-VANウェイク
グレードL Honda SENSINGFUN Honda SENSING(1,560,600円)L レジャーエディション“SAⅢ”(1,598,400円)
オプションラゲッジマット TPOタイプイージーフロアケア(標準装備)
テールゲートバー
シートカバー撥水タイプシート撥水加工(標準装備)
ルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール(31,968円)
ルーフコンソールオーバーヘッドコンソール(21,924円)
リアアンダーミラー標準装備
リアピロー標準装備
価 格1,451,239円1,682,121円1,652,292円

サーフィン仕様の「N-VAN L」と「ウェイク」を比べると、「N-VAN L」が201,053円安い金額です。「N-VAN」のグレードを FUN Honda SENSING にすると1,682,121円で、 FUN Honda SENSING サーフィン仕様は、「ウェイク」より29,829円高い金額です。

この仕様では「N-VAN FUN」と「ウェイク」の価格差が小さく、「N-VAN FUN」を購入対象として検討できます。

フィッシング仕様の装備と価格

フィッシング仕様では車内を濡らすことなく、かさばる釣り竿などの道具を積める装備としています。

この仕様にするための8つのオプション装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションラゲッジマット縁高防水タイプ16,200円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
クロスバー固定式10,800円
シートカバー撥水タイプ23,760円
ルーフコンソール17,820円
オールシーズンマット5,400円
有孔ボード11,340円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
簡易テーブル14,040円
合  計  金  額1,473,228円(取付料込)

L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円に、フィッシング仕様の装備で合計金額1,473,228円です。

「N-VAN」「ウェイク」のフィッシング仕様を比較

N-VANウェイク
グレードL Honda SENSINGFUN Honda SENSING(1,560,600円)L レジャーエディション“SAⅢ”(1,598,400円)
オプションラゲッジマット縁高防水タイプラゲッジマット(11,513円)
ルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール(釣りパック36,266円)
クロスバー固定式クロスシステムバー/ロッドホルダー(釣りパック)
シートカバー撥水タイプシート撥水加工(標準装備)
ルーフコンソール
オールシーズンマットオールウェザーマット(14,753円)
有孔ボードクォーターウィンドネット(8,251円)
リアアンダーミラー標準装備
テールゲートバー
簡易テーブル
価 格1,473,228円1,732,298円1,669,183円

フィッシング仕様の「N-VAN L」と「ウェイク」では、195,955円「N-VAN L」が安い金額です。

「N-VAN」のグレードを「FUN」に変えると1,732,298円で、「FUN」フィシング仕様は「ウェイク」フィシング仕様より63,115円高い金額です。

「ウェイク」には装備されない、ルーフコンソール、テールゲートバー、簡易テーブルの合計金額は41,580円です。これが必要ないとすると「FUN」と「ウェイク」の金額の差は21,535円です。

この金額差であると十分に検討できる範囲です。

トランスポーター仕様の装備と価格

トランスポーター仕様では、モトクロッサーなどのバイクを積む装備としています。

この仕様での5つのオプション装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションラゲッジマット TPOタイプ10,260円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
テールゲートバー9,720円
ルーフコンソール17,820円
リアアンダーミラー6,480円
合  計  金  額1,435,579円(取付料込)

L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円に、トランスポーター仕様の装備で合計金額1,435,579円です。

ロードバイク仕様の装備と価格

ロードバイク仕様では自転車を、そのまま積み込み運ぶための装備としています。

この仕様での6つのオプション装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションラゲッジアシストポール41,040円
ラゲッジマット TPOタイプ10,260円
ルーフコンソール17,820円
有孔ボード11,340円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
合  計  金  額1,473,444円(取付料込)

L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円に、ロードバイク仕様の装備で合計金額1,473,444円です。

「N-VAN」「ウェイク」のロードバイク仕様を比較

N-VANウェイク
グレードL Honda SENSINGFUN Honda SENSING(1,560,600円)L レジャーエディション“SAⅢ”(1,598,400円)
オプションラゲッジアシストポールサイクルホルダーセットA・B(自転車パック35,575円)
ラゲッジマット TPOタイプラゲッジマット(11,513円)
ルーフコンソールオーバーヘッドコンソール(21,924円)
有孔ボードクォーターウィンドネット(自転車パック)
リアアンダーミラー標準装備
テールゲートバー
価 格1,473,444円1,692,684円1,667,412円

ロードバイク仕様の「N-VAN L」と「ウェイク」を比べると、193,968円「N-VAN L」が安い金額です。グレードを「N-VAN FUN」に変えると、25,272円「N-VAN FUN」が高い金額です。

この仕様では「N-VAN FUN」と「ウェイク」の金額は接近しています。

運輸・宅配仕様の装備と価格

運輸・宅配の使いでは大小の荷物、長い荷物などを効率よく運ぶことを想定しています。

この仕様で提案される11アイテムの装備と金額は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションマルチボードラゲッジ用66,960円
ラゲッジマットTPOタイプ10,260円
ルーフコンソール17,820円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
ルーフインナーラック10,800円
シートカバー プロテクション10,800円
スチールインテリアパネル5,400円
簡易テーブル14,040円
有孔ボード11,340円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
合 計 金 額1,576,173円(取付料込)

ベース車両を「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円とすると、車両と装備品合計で1,576,173円です。

「N-VAN」運輸・宅配仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)
オプションマルチボードラゲッジ用荷室ボードセット(34,906円)
ラゲッジマットTPOタイプ荷室マット(15,120円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
ルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール+クロスシステムバー(23,328円+6,113円)
ルーフインナーラックオーバーヘッドネット(7,560円)
シートカバー プロテクションシートカバー(18,684円)
スチールインテリアパネルインパネトレイ(4,860円)
簡易テーブルハンドルデスク(4,860円)
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
有孔ボードクォーターウィンドパイプ(8,208円)
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
テールゲートバー
価 格1,576,173円1,296,454円

「ハイゼットカーゴ」はデラックス“SAⅢ”1,155,600円をベースに、「N-VAN」の装備に近づけています。この仕様で両車を比べると「N-VAN 」は、「ハイゼットカーゴ」より279,719円高い金額です。

ベースとなるグレードの車両価格が、「N-VAN 」は「ハイゼットカーゴ」より185,760円高い設定ですが、装備を追加するとことで、さらに金額の差が大きくなっています。

修理・サービス仕様の装備と価格

修理・サービスではビルメンテナンスなどの仕様向けと考え、乗員4人と荷物を積むことを想定し、車内空間を提案しています。

この仕様で装備されるオプション9アイテムと金額は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションルーフインナーサイドパイプ21,600円
ルーフインナーラック10,800円
マルチボード ラゲッジ用66,960円
有孔ボード11,340円
ルーフキャリア32,400円
ルーフコンソール17,820円
テールゲートバー9,720円
リアアンダーミラー6,480円
リアピロー9,720円
合 計 金 額1,576,022円(取付料込)

ベース車両「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円では、車両と装備品で1,576,022円です。

「N-VAN」修理・サービス仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGクルーズ“SAⅢ”
オプションルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール+クロスシステムバー(23,328円+6,113円)
ルーフインナーラックオーバーヘッドネット(7,560円)
マルチボード ラゲッジ用荷室ボードセット(34,906円)
有孔ボード
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
ルーフキャリアルーフキャリア(53,590円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
テールゲートバー
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
リアピロー標準装備
価 格1,576,022円1,384,712円

「N-VAN」修理・サービス仕様に対して「ハイゼットカーゴ」は、リアシートの安全性を考慮し、クルーズ“SAⅢ”をベース車両として装備を追加しています。

この仕様で両車を比べると、「N-VAN」が「ハイゼットカーゴ」より、191,310円高い金額です。

クリーニング店仕様の装備と価格

クリーニング店での使用では、衣類を吊るしシワを防ぐことを考えた装備としています。

これに必要となるオプション8アイテムと金額は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションハンガーパイプ25,920円
スチールインテリアパネル5,400円
有孔ボード11,340円
ルーフコンソール17,820円
ラゲッジマット フローリングタイプ21,600円
テールゲートバー9,720円
リアアンダーミラー6,480円
フロアカーペット プレミアムタイプ22,680円
合 計 金 額1,495,972円(取付料込)

ベース車両が「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円とすると、車両と装備品の合計で1,495,972円です。

この仕様では配達先での衣類の仕分けに、テールゲートバーが活躍しそうです。

装備品の金額を抑えるとすると、ラゲッジマットとフロアカーペットのグレードを変え、ラゲッジマットはTPOタイプに、フロアカーペットはスタンダードタイプに変えると、1,479,729円に金額を抑えることができます。

「N-VAN」クリーニング店仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)
オプションハンガーパイプハンガーバー(23,328円)
スチールインテリアパネルインパネトレイ(4,860円)
有孔ボードクォーターウィンドパイプ(8,208円)
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
ラゲッジマット フローリングタイプ荷室マット(15,120円)
テールゲートバー
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
フロアカーペット プレミアムタイプカーペットマット(17,673円)
価 格1,495,972円1,233,144円

「ハイゼットカーゴ」はデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)をベースに装備を追加しています。「N-VAN」クリーニング店仕様では、高価格タイプのオプションが選ばれているため、「ハイゼットカーゴ」との価格差は大きく、262,828円「N-VAN」が高い金額です。

酒類販売店仕様の装備と価格

酒類販売店に向けては箱もの、ケースもの、樽ものを積むための装備としています。

この仕様の10タイプの装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションマルチボード ラゲッジ用66,960円
ラゲッジマット TPOタイプ10,260円
スチールインテリアパネル5,400円
ルーフコンソール17,820円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
ルーフインナーラック10,800円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
有孔ボード11,340円
オールシーズン マット5,400円
合  計  金  額1,556,733円(取付料込)

ベース車両「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円では、車両と装備品を合計した金額は1,556,733円です。

「N-VAN」酒類販売店仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)
オプションマルチボード ラゲッジ用荷室ボードセット(34,906円)
ラゲッジマット TPOタイプ荷室マット(15,120円)
スチールインテリアパネルインパネトレイ(4,860円)
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
ルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール+クロスシステムバー(23,328円+6,113円)
ルーフインナーラックオーバーヘッドネット(7,560円)
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
テールゲートバー
有孔ボードクォーターウィンドパイプ(8,208円)
オールシーズン マット縁高フロアマット(13,673円)
価 格1,556,733円1,286,583円

「N-VAN」の仕様に「ハイゼットカーゴ」の装備を近づけると、270,150円「N-VAN」が高い金額です。

建築・設備仕様の価格

建設・設備の仕様ではコンパネなどの板を、平積みするのではなく立てに積むことで、荷室を有効に活用します。

この仕様での9タイプの装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションラゲッジアシストポール41,040円
ルーフキャリア32,400円
リアアンダーミラー6,480円
ラゲッジマット TPOタイプ10,260円
簡易テーブル14,040円
ルーフコンソール17,820円
有孔ボード11,340円
テールゲートバー9,720円
ユーティリティフック3,780円
合  計  金  額1,528,977円(取付料込)

ベース車両が「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円では、車両と装備品を合計した金額は1,528,977円です。

「N-VAN」建設・設備仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)
オプションラゲッジアシストポール
ルーフキャリアルーフキャリア(53,590円)
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
ラゲッジマット TPOタイプ荷室マット(15,120円)
簡易テーブルハンドルデスク(4,860円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
有孔ボードクォーターウィンドパイプ(8,208円)
テールゲートバー
ユーティリティフック
価 格1,528,977円1,254,593円

「N-VAN」建設・設備仕様ではコンパネなどのボードを、立てて積むためラゲッジアシストポールが必要となりますが、「ハイゼットカーゴ」では平積みのため装備が必要となりません。

その他「N-VAN」ではリアクォーターウィンドを、有効にかつようできる有孔ボード、ユーティリティフックがありますが、「ハイゼットカーゴ」はクォーターウィンドパイプのみとなり、使い勝手では「N-VAN」が良いと思われますが、金額は274,384円「N-VAN」が高い金額です。

水産・農業仕様の装備と価格

水産・農業仕様では荷室を濡らさない、汚さないで荷物を運ぶ装備としています。

これに必要となる9アイテムのオプションと価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションラゲッジトレイ43,200円
セパレートカーテン11,880円
ルーフコンソール17,820円
防水シートカバー9,720円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
ルーフインナーラック10,800円
有孔ボード11,340円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
合  計  金  額1,515,801円(取付料込)

「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円をベース車両とすると、オプション装備を含めた合計金額は1,515,801円です。

「N-VAN」水産・農業仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)
オプションラゲッジトレイライトケース(47,520円)
セパレートカーテン間仕切りカーテン(11,124円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
防水シートカバー防水シートエプロン(8,640円)
ルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール+クロスシステムバー(23,328円+6,113円)
ルーフインナーラックオーバーヘッドネット(7,560円)
有孔ボードクォーターウィンドパイプ(8,208円)
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
テールゲートバー
価 格1,515,801円1,285,308円

「N-VAN」の仕様と「ハイゼットカーゴ」の装備を同じ程度にすると、230,502円「N-VAN」が高い金額です。

電気設備仕様の装備と価格

電気設備仕様では脚立、工具、作業着などを、すぐに使える装備としています。

これに必要となる7アイテムのオプション装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションラゲッジアシストポール41,040円
ラゲッジマット TPOタイプ10,260円
ルーフコンソール17,820円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
有孔ボード11,340円
リアピロー9,720円
合  計  金  額1,487,592円(取付料込)

「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円をベース車両とすると、オプション装備を含めた電気設備仕様の金額は1,487,592円です。

「N-VAN」電気設備仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)
オプションラゲッジアシストポール
ラゲッジマット TPOタイプ荷室マット(15,120円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
テールゲートバー
有孔ボードクォーターウィンドパイプ(8,208円)
リアピロー
価 格1,487,592円119,6143円

電気設備仕様での「N-VAN」は前後に2人乗りで、助手席側に長い脚立などを積み込みますが、「ハイゼットカーゴ」は荷室が長いため、そのまま積み込むことができ、必要となるオプション装備が少なくなります。

このため価格は291,449円「N-VAN」が高く、金額の差が大きくなっています。

生花店仕様の価格

生花店へ向けては箱入りの鉢植え、背の高い観葉植物などを運ぶ仕様としています。

この仕様での10アイテムのオプション装備と価格は次のとおりです。

グレード/装備金   額
L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円
オプションセパレートカーテン11,880円
マルチボード ラゲッジ用66,960円
ラゲッジマット TPOタイプ10,260円
ルーフコンソール17,820円
ルーフインナーサイドパイプ21,600円
ルーフインナーラック10,800円
リアアンダーミラー6,480円
テールゲートバー9,720円
有孔ボード11,340円
オールシーズン マット5,400円
合  計  金  額1,565,870円(取付料込)

「N-VAN」L Honda SENSING(FF/CVT)1,341,360円がベース車両では、オプション装備を含めた生花店仕様の金額は1,565,870円です。

「N-VAN」生花店仕様と「ハイゼットカーゴ」を比較

N-VANハイゼットカーゴ
グレードL Honda SENSINGデラックス“SAⅢ”(1,155,600円)
オプションセパレートカーテン間仕切りカーテン(11,124円)
マルチボード ラゲッジ用荷室ボードセット(34,906円)
ラゲッジマット TPOタイプ荷室マット(15,120円)
ルーフコンソールオーバーヘッドシェルフ(標準装備)
ルーフインナーサイドパイプアッパーシステムレール+クロスシステムバー(23,328円+6,113円)
ルーフインナーラックオーバーヘッドネット(7,560円)
USB電源2個(標準装備)USBチャージャー1個(6,804円)
リアアンダーミラーリヤアンダーミラー(10,411円)
テールゲートバー
有孔ボードクォーターウィンドパイプ(8,208円)
オールシーズン マット縁高フロアマット(13,673円)
価 格1,565,870円1,292,847円

生花店仕様とした「N-VAN」と、同程度の装備した「ハイゼットカーゴ」では、「N-VAN」が273,023円高い金額です。

「N-VAN」は個人の事業者向けか?

「N-VAN」はベース車両の価格が「ハイゼットカーゴ」より高く、同程度の装備としても仕様により19万円~29万円の価格差があります。

ベース車両の基本設計や装備に「N-VAN」はコストをかけており、オプション装備の使い勝手も優れていると思われます。

しかし、法人が業務用に数台から数十台を購入しようとする場合に、この金額の差では、「N-VAN」を積極的に選ぶのは難しいと考えれ、法人相手の販売では苦戦が予想されます。

「N-VAN」を仕事用の車として使うのは、金額より機能や使い勝手に拘りをもつ、個人で事業を行う人達ではないかと考えられます。

「N-VAN」「ハイゼットカーゴ」積載量の比較

N-VANハイゼットカーゴ
最大積載量350kg350kg
段ボール長さ380×幅310×高さ280mm71個長さ380×幅310×高さ280mm65個
ビールケース長さ447×幅364×高さ315mm40個長さ445×幅365×高さ315mm36個
パンケースno data長さ680×幅420×高さ100mm66個
no data長さ1,820×幅910×高さ55mm8枚

積載量は容量をもとにした計算上の数量なので、あくまでも目安でしかありませんが、「N-VAN」は「ハイゼットカーゴ」より多くの荷物を積み込むことができます。

「N-VAN」の試乗記事はこちらです。

ホンダ「N-VAN」試乗してみた
ホンダより新しい軽商用車バン「N-VAN」が登場しました。「N-VAV」はこれまでの軽商用車「アクティバン」に変わる車です。軽バン初のピラーレススライドアを採用し、大きな開口部をサイドに設け、積載性を大幅に向上させています。また、助手席までフルフラットとなる構造は、長尺ものの荷物にも対応しています。
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1