ホンダ新型N-WGNカスタム2019FMC試乗

ホンダのN-WGNがフルモデルチェンジし2代目へと進化しました。

初代N-WGNは初代N-BOXとプラットフォームを共有し、高い基本性能をもった軽ハイトワゴンでしたが、先行するライバルのダイハツムーヴやスズキのワゴンRの壁は厚く、販売台数では大きく水をあけられていました。

この原因をN-WGNが他社に追随したコンセプトと、スタイリングにあったと考えたホンダは、初代同様に2代目N-BOXとプラットフォームを共用し、高い走行性能を確保しつつも独自のスタイリングを採用し、違う個性で新たなボジションを確立しようとしています。

これまでとは違うスタイルとコンセプトで登場した新型N-WGNは、軽ハイトワゴンの新しい流れとなるのか試乗で確かめてみます。試乗車となったのはカスタム L Honda SENSINGです。

スポンサーリンク
試乗記682×171

これまでとは違うシンプルなカスタム仕様

四角い形が強調されるカスタム仕様は、ヘッドランプも変形の角型タイプが装着され、ドット基調のメッキがフロントグリルに配置されます。

また、フロントグリルの下にはヘッドランプを結ぶように、メッキパーツが使われフォグランプベゼルのメッキパーツとともに、フロントは煌びやかな印象を与えます。

ボンネットは初代と同様にクラムシェルフード風の、サイドまで覆い被るタイプを採用し、初代より引き継ぐデザインです。

フォグランプは丸形タイプを採用し四角い印象のフロントにアクセントをつけています。

ヘッドランプ内は上からシーケンシャルウィンカーに、ハイービーム、ロービームの9灯式フルLEDヘッドライトが収まり、シルバーのモールはポジションランプとしての機能も備わります。

サイドビューはベルトラインを水平に走らせることで、リアウィンドウの面積を大きくし、初代より広い視界を確保しています。

ボディはスムーズな面で構成されボリューム感はあるのですが、やや平坦で間延びした印象があり、もう少し抑揚のある緊張感が欲しいところです。

開口部フロア位置が先代より下げられたため、テールゲートは下側に伸びた形状となり大きさを感じさせますが、腰高な印象はなく低重心なスタイルに見せています。

面白さに欠けるボディのパネル面に対して、ウィンドラインのつながりや、パネルの合わせ目の処理は良く考えられていて、クオリティの高い丁重な仕上がりです。

インパクトは少ないがシンプルの良さが伝わるスタイリング

新型N-WGNのテーマはNew Simpleですが、初めて対面する新型N-WGNのカスタム仕様は、ハッキリ言うとピンとこないスタイリングです。

これまでの尖った雰囲気で威圧感を出すなどの、分かり易い処理は行われておらず、古臭くさえ感じるフロントは、ギラついたカスタムモデルを想像すると拍子抜けしてしまいます。

しかし、時間が経つにつれるとこの四角い顔つきは、はしゃいだ感じのない落ち着いた印象が特徴的で、大人びた雰囲気は長く付き合えそうな表情です。

また、全体的な造形もテーマに沿ってシンプルに仕上げられ、四角い箱型のスタイルはカッコ良さの追求を止め、レトロで懐かしさを意識したデザインです。

シンプルさを意識し過ぎるあまり、ボディパネルが単純な面構成となっているのが残念ですが、流行を追わないスタイリングは、ベーシックなクルマの良さが伝わり、フロントバンパーの面構成や、フェンダーからのつながりには力が入れられています。

気になるのはテールゲートが下まで伸びたことにより、低重心に見えるのですが重く感じられ、スーパーハイトワゴンのようなリアスタイルに見えてしまいます。

Nシリーズを意識させる共通性の高いインテリアデザイン

水平基調の直線的なデザインはスッキリとしていて広さを感じさせます。

インパネの基本的な造形は2代目N-BOXから引き継いでいますが、メーターパネルの位置や助手席トレイの形状などが変えられ、新型N-WGN独自の雰囲気を作ります。

また、助手席のアッパー部やステアリングには、チタン調偏光塗装が施され質感の高い仕上がりとなっています。

メーターは中央にスピードメーター、左にタコメーター、右にマルチインフォメーションディスプレイを配置するレイアウトは、それぞれを仕切るパネルが存在します。このパネルは逆光対策かと思われますが、メーターパネル内を必要以上に狭く感じさせ窮屈な印象にしています。

空調の操作パネルやシフトノブとパネルは、2代目N-BOXと共通性が高く伝わる雰囲気はほぼ同じものです。

新装備のオートブレーキホールドと電子制御パーキングブレーキスイッチは、ECONスイッチの横に配置され、USBジャックは急速充電タイプが2個用意されます。

ステアリングにはホンダの軽自動車として初のテレスコピック&チルト機能が備わります。

空調送風口の下には角型のドリンクホルダーが備わり、ドアアームレストにはファブリックが巻かれます。

助手席前のトレイは室内側への張り出しが抑えられたため、乗せるものが限られそうですが、膝周りには余裕のある空間を作り出しています。

カスタム Lグレードにはダブルステッチが入るトリコット素材が使われ、ブラック×チタンのカラーは落ち着きがあります。

2段式の荷室は初代よりフロア位置を下げ積める荷物の容量を増やしています。テールゲートを開けると、直接下段の荷室にアプローチできるように改良されています。

リアシートを倒すと上段ボードの高さでフルフラットとなる仕様です。下段を別のスペースとして使えるメリットがありますが、センタータンクレイアウトの利点を活かした、ダイブダウン機能がないのは残念なところです。

質感の高いインテリアとソフトなシートが作る落ち着いた室内

新型N-WGNのインテリアはメーターパネルや、助手席前のトレイ形状が2代目のN-BOXとは違いますが、インパネなどのデザインは共通した部分が多く、同じNシリーズであることを強く感じさせる室内です。

メーターパネルの仕切りに鬱陶しさを感じますが、インパネはプラスチックのチープさがなく、しかっりとした作りは厚みを感じさせます。

さらに、助手席前のチタン調の加飾パネルや、ドアアームレストのファブリックは、室内の質感を高め軽自動車とは思えないクオリティで、落ち着きを感じさせるインテリアです。

また、柔らかさに拘ったとするシートは、これまでのホンダ車とは違いソフトな感触で仕上げられ、特にリアシートは適度に体が沈み込む心地良さがあります。

i-VTECではないがパワフルで活発な走りは健在

搭載されるS07B型エンジンは最高出力58PS/7,300rpm、最大トルク6.6kgf・m/4,800rpmを発揮し、燃費性能はWLTCモード23.2Km/Lのスペックです。

14インチのアルミホイールに155/65R14サイズのタイヤが組み合わされ、試乗車はブリヂストンエコピアを履いています。

新型となったN-WGNに乗り込んでみます。新たに採用されたテレスコピック&チルト機能は、最適なポジションに調整することができ、やはり軽自動車であっても必要だと実感させられる装備です。

運転席からの眺めはAピラーが立ち気味のため視界も良く、フロントクォーターウィンドのピラーの細さも死角の低減に貢献しています。

操作系の配置はN-BOXを踏襲していて、スイッチなどの触った感じや操作感も同じものですが、新たに装備されたオートブレーキホールドスイッチは、ステアリングの陰に隠れやや操作し難い配置となっています。

Dドライブにシフトし走り出すと、エアコンを作動させているにもかかわらず、新型N-WGNは発進加速に力があり、小排気量エンジンとは思わせないトルクの太さです。

N-BOXではノーマルエンジンにi-VTECを採用し、可変バルブ制御でパワーを引き出しているのに対して、通常バルブ動作によるN-WGNのエンジンは、i-VTECと比べても遜色がなく同等のパワー感があります。

これにはN-WGNの重量がN-BOXより、50kg軽いことも影響していると思われますが、B型エンジンの素性の良さとA型エンジンからの進歩が感じられます。

N-BOXから譲り受けたプラットフォームは、背が低くなったことにより、更にシッカリとした剛性感をN-WGNにもたらし、安定性が高い走りは軽自動車とは思えない走行感覚です。

高速域のスピードに達すると路面の凹凸によって、前後方向へのピッチングが収まり辛い傾向にありますが、その度合いも軽く不安になるようなものではありません。

また、カーブでのハンドリングはアンダーステアが弱く、素直にフロントが内側に入る扱い易い特性で仕上げられ、アジャイルハンドリングアシストがなくても、(アジャイルハンドリングアシストは装備されています)不満のないコーナリング性能を発揮させています。

さらに、長所としては静粛性の高さが挙げられ、ロードノイズの侵入が少ない室内は、ホンダが「防音対策を徹底した」と言う効果が表れており、このことも軽自動車を感じさせない一つとなっています。

新型N-WGNのカスタム仕様はどちらかと言うと、高めの年齢層を意識したスタイリングと、それに合わせ落ち着いたカラーのインテリアは、例えるといぶし銀のような軽自動車です。

N-BOXにように凝ったバルブ制御のエンジンや、コーナリング性能を助ける電子デバイスを装備せず、低重心パッケージングの強みで性能を高め、価格を抑えた設定としています。

スーパーハイトワゴンの必要がなくなった世代や、一人で乗ることが多いユーザーには、満足度が高いクルマなのではと思えます。

試乗したグレード カスタム L Honda SENSING のメーカー希望小売価格は1,587,600円(FF)です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1