ホンダ「S660」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

「S660」は「S2000」以来のSモデル復活

【IMPRESSION】S660 プロドライバー 試乗インプレッション

2015年4月より発売が開始された「S660」。軽自動車の規格で、オープン2シーターにミッドシップエンジンと、ホンダのスポーツマインドを注いだ、心躍らせる仕様の車となっています。

ホンダには過去、同じ軽自動車規格で、オープン2シーターミドシップの「ビート」が存在していましたが、「S660」はその「ビート」の後継を担う車と考えて良さそうです。

試乗車のグレードは、上級モデルとなるαの6速マニュアルミッション車で、ステンレス製スポーツペダル、本革ステアリング・シフトノブ、スポーツレザーシートが標準で装備されます。

ミッドシップ「S660」は、とにかくボンネットが低い

ホンダが打ち出したデザインコンセプト、ソリッド・ウイング・フェイス。

ヘッドランプとフロントグリルに一体感を持たせて、精悍なイメージを作りだしています。

車体が低くなっているので、タイヤの存在感が強調されます。

ミッドシップエンジンのため、ボンネットは低くデザインされていて、リアに向って高くなるウエッジシェイプデザインになっています。

エンジンフード上に、造形される二つのコブが特徴的です。

リアビューは、丸みを感じさせるデザインになっており、マフラーはセンターに配置され1本出しとなっています。

ダッシュボードのデザインはスタンダードな印象です。

マニュアル仕様は、軽自動車初の6速ミションが装備されます。

メーターパネルは、アナログのタコメーター内側に、デジタルのスピードメーターが表示され、コンパクトなデザインになっています。

ホンダ車最少径のステアリングは、Ø350mmで下端は膝との干渉を避けるために、水平にカットされています。

エンジンスタートボタンは、ホンダ車としては珍しく、ステアリング右側に配置されます。

シートは、バケットタイプのスポーツレザーシートが標準で装備されます。

フロントには、収納ボックスが設置されますが、オープン走行をする場合は、ロールトップを保管する必要があり、収納スペースは無いと考えたほうが良いでしょう。

S07A型ターボエンジンは「S660」用に専用チューン

ミッドシップされるS07A型水冷直列3気筒横置きDOHCエンジン。Nシリーズに使用されているターボエンジンを、「S660」用にチューンして搭載しています。

装着されるタイヤも専用開発タイヤ

フロントタイヤサイズは165/55R15のヨコハマADVAN NEOVA AD08Rです。

リアタイヤサイズは、195/45R16の同じくヨコハマADVAN NEOVA AD08Rが装着されます。

前後異径のタイヤサイズです。

ADVAN NEOVA AD08Rは、ヨコハマタイヤとの共同開発された専用タイヤです。

「S660」が目標としたのはレーシングカートのドライビングポジション

ヒップポイントを極めて低く設定された、「S660」に乗り込もうとしますが、右足が高いサイドシルにつかえます。シートが低く設定されているために、乗降性はあまり良くありません。

バケットタイプのシートに収まると、その低さを実感します。レーシングカートの感覚を、表現したとされる室内は、一般的な車では体感できない、いかにも、スポーツカーに収まっていると感じさせるタイトな空間です。

スピードメーターとステアリングが、顔の目前にくる感じのドライビングポジションで、ステアリングはチルトしますが、シートリフターは装備されないために、そのようなボジションになります。

視界は、着座位置に対して、ベルト(ウェスト)ラインが高くなっているので、外見から想像する以上に狭くなっています。Aピラーもボディ強度を確保するため、太くなっていて斜め前方の視界を遮っています。

バックする場合にも、エンジンフードのコブが、視界を遮っていますので神経を使います。バックカメラは必需装備かも知れません。

クラッチを踏みエンジンをスタートさせます。背中から、S07A型ターボエンジンの鼓動が響き、ミッドシップエンジンを実感させます。

ギアを1速に入れ公道へと走り出します。クラッチの繋がり方は、やや滑るように繋がりますが、踏力は妥当で軽快なタッチです。ただストロークは少し長めに感じられます。

エンジンに尖ったところは無いけれど操縦性はさすがミッドシップ

S07A型エンジンは、Nシリーズ搭載車同様トルクのあるところを見せ、「S660」に搭載されても、気難しさは見せずに走り出してくれます。加速の仕方は、暴力的な加速ではなく、スマートな加速感で扱い易い特性です。

マニュアルトランスミションは、ミッドシップエンジンのため、ダイレクト感や剛性感はありませんが、2速から3速は自然な感じでスパッと入りますが、4速から5速はやや離れている感覚です。

ミションの操作幅を、もう少しショートストロークにできるなら、よりシフトチェンジが楽しめる仕様になると思います。

市街地を抜け、ワインディング道路のある交通量が少ない、山側の道路に入って行きます。スピードを上げ、小径で握りが太い、手に馴染むステアリングを操作して、コーナーに入って行きます。

コーナーでの挙動は、さすがミッドシップと思わせる鋭い反応で、ステアリングを切る方向に、フロントノーズがスッと入って行きます。

ヘアピンコーナーのような、回り込んだコーナーでも、ミッドシップの特性を活かして、苦も無くクリアして行きます。次のコーナーは、「どのように曲がってやろうか」と思わせる、曲がる度に楽しさが増す、そんなセッティングです。

この「S660」の、気持ち良い走りを実現させているのは、「一線入魂ボディ」と言われる強固な専用設計のフレームに、アジャイルハンドリングアシスト、4輪独立懸架サスペンション、前後異径の専用開発タイヤが、高い次元でバランスしているからです。

さらに、走りに楽しさを加えているのが、シート後方にある小さなウィンドガラスです。このガラスを開けると、エンジン音がダイレクトに室内に響き、意識的に残された、ターボのタービン音、ブローオフバルブの作動音が、やる気を倍増させます。

この、やる気を支えてくれるのが、強力なブレーキ性能です。前後ø260mm大径ディスクブレーキは、剛性感も高く踏み応えがあり、急ブレーキで止まる場合でも、想定停止位置より、かなり手前で停止してくれます。

少し気になるのは、ミッドシップの特性からか、コーナーを回る際に一定の舵角から、急激に回る傾向もあります。これを上手に利用すれば、コーナーを素早く回れるのですが、最初はその特性に戸惑うかも知れません。

「S660」の走りは非日常の世界

乗り心地は、固められたサスペンションを考えれば、良いと思われます。但し、それも舗装状態が良い道路に限られ、荒れた舗装や段差の乗り越えでは、ダイレクトに振動がシートに伝わります。

視界に改善の余地はありますが、低く設定されたドライビングポジションに、オープンボディ、専用フレーム、サスペンション、タイヤに、回頭性が極めて高いミッドシップレイアウトで、室内にダイレクトに響くエンジンの音。

「S660」を走らせると、非日常の世界へと引き込まれます。その刺激は強烈で、ホンダが「心が昂ぶる本格スポーツカー」と言うのも頷ける車です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1