ホンダ「ステップワゴンSPADA」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

5代目「ステップワゴン」はわくわくゲートを備えて登場

2015年4月にフルモデルチェンジをされ、5代目となった「ステップワゴン」は、テールゲートの利便性を高める、わくわくゲートを備えて登場して来ました。

スタイルは大人しく感じるデザインで、気負ったところがない優しさを伝えて来る車です。

エンジンは新開発された、1.5Lダウンサイジングターボエンジンを搭載し、走行性能と燃費性能の両立を狙っています。

2016年5月に装備の充実化が行われ、メーカーオプション装備となっていた、Honda SENSINGと1列目シートi-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器が、G系とSPADAに標準で装備されました。

今回の試乗となった車は、SPADA Cool Spiritと呼ばれるトップグレードで、装備充実が行われる前の車両となっています。

イカツさを排除したSPADAのエクステリアデザイン

コンパクトに感じさせるフロントデザインです。カスタム感は抑えられて親しみ易いデザインになっています。

コンパクトに見えるフロントからのイメージとは違い、全長4.735mmのホディは堂々たるミニバンの佇まいです。

ホイールハウス上のキャラクターラインが、曲線で構成されて柔らかなサイド面を作り出しています。

テールゲートのわくわくゲートは、大きくて重いリアゲートの使い勝手を向上させる新しいアイデアで、女性や子供にも気楽に使える操作性が魅力となっています。

わくわくゲートで車内へのウォークインも楽に行えます。

ダッシュボードは水平基調のデザインを採用

ダッシュボードは平らな面が強調されており、インパネミドルパッドはウェーブメタル調デザインとなっています。

メーターパネルはデジタル表示となっていて、横長の高さを抑えたデザインです。

エアコンの操作パネルは上から見下ろすような感じです。

ブラック×シルバーのインテリアカラーに、シトートはプライムスムース×ソフトウィーブのコンビシートとなっています。

試乗車の2列目シートは、オプションのベンチシートが装着され、8人乗りの仕様となっています。

3列目のシートは小ぶりなデザインです。

ルーフに設置される、トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー操作パネルの出っ張りは、かなり存在感を主張していますので、収納式にして欲しかったところです。

3列目のシートを利用した状態でのラゲッジスペースは、それほどの広さはありませんが、シートを収納するためにフロアが凹んでいる分、容量の確保には貢献しています。

3列目シートを収納すると、広大なラゲッジスペースが現れます、ミニバンのスペース効率の高さがうかがえるところです。シートは簡易な操作で収納できるようになっています。

L15B型1.5Lターボエンジンは、最高出力150ps/5.500rpm、最大トルク20.7kgf・m/1.600-5.000rpmのスペックです。

エンジンルームの開口部はやや狭くなっていますので、整備には苦労しそうな印象です。

試乗車の燃費性能はカタログスペックで、15.4km/Lとなっています。

タイヤサイズは205/55R17で、トップグレードのみ17インチホイールが装着されます。タイヤはブリジストントランザER33です。

ブリジストンによればトランザは、ツーリングポテンザの略称で、乗り心地・静粛性と運動性能のバランスを、高い次元で追及したタイヤとされています。

見通しの効くドライビングポジションで運転がラク

フルモデルチェンジから、1年あまり経過する5代目「ステップワゴン」は、3列シートのミニバンとしては、コンパクトに感じさせるエクステリアデザインです。

特にフロントのデザインは絞られていて、コンパクトカーのように感じられます。

しかし近づいて行くと、その大きさが感じられリアはミニバン特有のスクエアな形で、スペース効率を追求しています。

乗り込んでまず感じられるのが、ウィンドガラスの下端が下にデザインされて、すこぶる視界が良くなっていることです。

ウェストランとも呼ばれるこのラインを下げ、ウィンドガラス面積を大きくとったことで、開放感と良い視界を確保しています。

インテリアではミドルパッドと呼ばれるインパネ部分が、平らな造形で物を乗せ易く作られています。停車中に食事をとるなどの場合は便利に使えるデザインです。

そのミドルパッド中央に、空調のスイッチが上から見下ろすような配置でデザインされ、操作性と視認性をうまく両立させています。

ドライビングポジションにシートを合わせてみると、平らなダッシュボードと高さの低いメータパネルのおかげで、前方の視界は良好でシートアジャスターを上げる必要はさほど感じられません。

ただ私の体格(身長167cm)では、シートアジャスターを一番低い場所にした場合と、もう一つ上げたポジションでは運転姿勢がマッチせず、一番低い場所から2~3つ上げたところが、ベストポジションに感じられました。

ミニバンの域を超える剛性感のあるステアリングの反応

ドライブしての感触は、まずステアリングの剛性感が高めてあることが伝わって来ます。

Cool Spiritが履く55扁平17インチの、ブリジストントランザとのセッティングが良く、ミニバンにありがちな、今タイヤがどこを向いているのかな、と思うような曖昧な反応がなくピッシと締まった感覚です。

大きな空間を確保しているボディも、軋むような音や動きは感じられず、コーナーでも狙ったラインをうまくトレースして、全長4.735mmの長さを意識することなくコーナーを抜けていきます。

わくわくゲートを装備しているので、テールゲートの構造は複雑でリアが重くなっているのですが、走りに悪影響は感じられません。

ただし大きく回り込むようなコーナーでは、さすがにボディの長さを感じさせられ、旋回の軌道も大きくなりがちです。

ダウンサイジングターボのL15B型エンジンは、加速の段付きもなくスムーズに加速し、ターボエンジンを意識させません。

ある回転域から、ターボパワーが盛り上がる仕様ではありませんが、扱いやすい特性は車の性格にマッチしています。

L15B型エンジンはECONモードでも、平坦な道路では非常にパワー感を伝えてくるのですが、上り坂になるとややパワー感は薄まる感じで、欲をいえば平坦地並みのフィーリングが欲しかったところです。

しかし、上り坂でパワー不足を感じることはありませんでした。

乗り心地は55扁平率のタイヤを装着しているとは思えない、角がとれた柔軟な乗り心地で、燃費指向のタイヤではなく、コンフォートタイヤトランザを採用し、上手くマッチングさせています。

従来のホンダ車サスペンションセッティングは、ダンパーを効かせた張りのある乗り味で、このセティングが、大柄な車でもサイズを感じさせない、キビキビとした動きをを与えていました。

このキビキビ感と引き換えに、やや硬く感じられる乗り心地と、高い速度領域での不安定さがありましたが、これを解消し奥行きのあるしなやかなサスペンションになっています。

室内の静粛性も高く確保されていて、エンジンの高回転域を使用するような場面では、「ヴェゼルハイブリッド」よりも静かに感じられます。

この辺りは高回転域までストレスなく回る、ターボエンジンの有利性が感じられます。

現在「ステップワゴン」のグレード構成は、トップグレード“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”、に続いて“SPADA・Honda SENSING”。

G系は“G・EX Honda SENSING”、“G・Honda SENSING”、そしてベーシックグレードの“B”となっています。

トップグレードの“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”は、

  • Honda SENSING
  • 1列目シートi-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器
  • LEDヘッドライト
  • アクティブコーナリングライト
  • フォグライト
  • LEDハイマウント・ストップランプ(スモークタイプ)
  • ダブルホーン

などが標準で装備されて、メーカー希望小売価格2.999.000円(FF)となっています。

「ステップワゴン」お勧めグレードを考えたのはこちらの記事です。

ホンダ「ステップワゴン」選ぶならこのグレードです | tatumiの車探訪記
5代目となるホンダ「スッテプワゴン」は、テールゲートにわくわくゲートを備えて登場して来ました。SPADAとノーマル系に分かれるシリーズ構成ですが、それぞれのシリーズで、どのグレードがお買い得なモデルなのか比べてみました。SPADAとノーマル系それぞれに、このモデルを選べば間違いなく楽しめます。

ホンダ「ステップワゴン」日産「セレナ」トヨタ「ノア」の比較記事はこちらです。

日産「セレナ」ホンダ「ステップワゴン」トヨタ「ノア」比較してみた
「セレナ」「ステップワゴン」「ノア」を比較してみました。5ナンバークラスミニバンの定番であるこの3車は、それぞれ違うアプローチでミニバンを解釈し、パワーユニットも違う方式を採用しています。「セレナ」「ステップワゴン」「ノア」各車の使い勝手から走行性能まで、ミニバンとして何処が優れているのか徹底的に比較しました。
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1