自動車安全評価一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

マツダ「CX-5」の予防安全性能評価を考えてみる

マツダ「CX-5」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「CX-5」はミリ波レーダー+近赤外線レーザー+単眼カメラによる、安全運転支援システム i-ACTIVSENSEを搭載し、その性能は次のように説明されています。

マツダ「CX-8」の予防安全性能評価を考えてみる

マツダ「CX-8」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「CX-8」はミリ波レーダー+近赤外線レーザー+単眼カメラによる、安全運転支援システム i-ACTIVSENSEを搭載し、その性能は次のように説明されています。

マツダ「CX-3」の予防安全性能評価を考えてみる

マツダ「CX-3」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「CX-3」はミリ波レーダー+近赤外線レーザー+単眼カメラによる、安全運転支援システム i-ACTIVSENSEを搭載し、その性能は次のように説明されています。

ホンダ「CR-V」の予防安全性能評価を考えてみる

ホンダ「CR-V」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「CR-V」はミリ波レーダーと単眼カメラによる、安全運転支援システムHonda SENSINGを搭載し、その性能は次のように説明されています。

ホンダ「インサト」の予防安全性能評価を考えてみる

ホンダ「インサイト」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「インサイト」が搭載するHonda SENSINGは、ミリ波レーダーに単眼カメラを組み合わせた安全運転支援システムで、その性能は次のように説明されています。

2018年前期予防安全性能6位~11位を発表

独立行政法人自動車事故対策機構が、2018年度前期予防安全性能アセスメントを発表しています。試験に用いられた車両は11車種で得点により予防安全性能を評価しています。ここでは予防安全性能評価6位~11位の車種を紹介しその内容を詳しくお伝えしています。

トヨタ「カローラスポーツ」2018年前期予防安全性能最高得点を獲得

独立行政法人自動車事故対策機構が、2018年前期の自動車アセスメントを発表しました。2018年度の予防安全性能アセスメントでは、これまでの試験項目に加えて、夜間での被害軽減ブレーキ試験と、ペダル踏み間違い時加速抑制装置試験が取り入れられ、より実際の使用に近づいた性能評価になっています。

ダイハツ「ミライース」2017年度予防安全性能評価を考えてみる

ダイハツ「ミライース」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「ミライース」に搭載される予防安全システムは、スマートアシストⅢでソナーセンサーと、ステレオカメラを組み合わせたシステムです。3代目に発展したスマートアシストⅢの性能は、どのような評価を獲得したのでしょうか

スバル「インップレッサ」の予防安全性能を考えてみる

スバル「インップレッサ」の2016年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されています。「インップレッサ」のアイサイトはVer.3へと進化し、性能と機能を向上させていますが、性能評価試験ではどのような結果を残したのか興味が湧きます。ぶつからない車?はその真価を証明できたのでしょうか。

スズキ「スイフト」2017年度予防安全性能を考えてみる

スズキ「スイフト」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「スイフト」に搭載されるのは、デュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれるシステムで、単眼カメラとレーザーレーダーにより、障害物を認知し衝突を回避し被害を軽減させるものです。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171