自動車安全評価一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

日産「ノート」2017年度予防安全性能評価満点を獲得

日産「ノート」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構から公表されました。「ノート」に搭載されるインテリジェント エマージェンシーブレーキは、単眼カメラのみのシンプルな構成で、衝突回避を支援するシステムを作り上げています。「ノート」の予防安全性能はどのような評価を残したのでしょうか。

ホンダ「N-BOX」2017年予防安全性能軽自動車No.1

2017年5月に初めてのフルモデルチェンジを行った、ホンダ「N-BOX」の予防安全性能評価が独立行政法人自動車事故対策機構から公表されました。新型「N-BOX」は軽自動車としては初めて、全グレードにドライバー支援の予防安全安全システム Honda SENSING が標準装備され、その性能が注目されるところです。

ホンダ「フィット」2017年度予防安全性能評価を考えてみる

マイナーチェンジを行い 、Honda SENSING を搭載したホンダ「フィット」の、予防安全性能評価が自動車事故対策機構から公表されました。実車を使用し2017年度における4つの項目、対車両、対歩行者への被害軽減ブレーキ、車線はみ出し(逸脱)抑制、後方視界情報についてポイント制の得点として評価しています。

スズキ「ワゴンR」2017年度予防安全評価を考えてみる

独立行政法人自動車事故対策機構から「ワゴンR」の、実車衝突試験に基づく2017年度衝突安全評価が公表されました。「ワゴンR」に搭載されている、デュアルセンサーブレーキサポートの性能を4つの項目、対車両被害軽減ブレーキ、対歩行者被害軽減ブレーキ、車線逸脱抑制、後方視界情報に分けて評価をしています。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル