海外で軽自動車が爆売れ!

スポンサーリンク
試乗記682×171

爆売れの国はスリランカ

日本独自の車の規格、軽自動車が海外で人気となっています。

安全基準等の問題で、輸出用の車としては扱いが少なかった、日本の軽自動車が爆売れしている国があるのです。

その海外の国は、南アジアのスリランカです。スリランカはインドの南東に位置しており、セイロン島と言えばイメージが湧く方も多いと思います。

軽自動車は過去360cc2スト規格でヒットする

日本の軽自動車は、当初の規格より改変を受けて、360cc2ストロークエンジンを搭載したモデルが登場すると、人気を博し多くの車が販売されました。

その後、規格が変更され排気量が550cc4ストロークエンジンへ、それに伴いボディサイズも拡大し、基本性能の飛躍的な向上が図られました。現在は、それより更なる規格の変更で660cc4ストロークエンジンと、安全を追及したボディサイズになっています。

昔の360cc2ストロークエンジンを、搭載していた頃の軽自動車は、ベダル配置がオフセットされた車が多く、ドライビングボジションも独特のもので、エンジンも扱い易いとは言い難いものでした。

現在の軽自動車は長足の進歩

しかし、規格が変更され進化した現在の軽自動車は、普通自動車と比較しても、遜色となる部分は少なく、小回りが効く乗り易い、ドライバーフレンドリーな車に仕上がっています。

装備もドライバー支援の安全装備まで充実しており、さらにターボエンジンを搭載したモデルは、パワーも軽自動車とは思えない力強さで、技術の進歩はめざましいものがあります。

軽自動車ユーザーは売却が有利に?

現在、軽自動車は自動車税増税の影響で、国内では新車販売台数が落ち込んでいますが、海外で販売台数が増えることは、軽自動車メーカーにとっても嬉しいニュースとなっています。

現在は、メーカー直接の輸出ではなく、業者による輸出が行われているようですが、順調に台数が伸びて行けば、メーカーからの輸出も検討されるのではないでしょうか。

このように、海外でも高く評価され始めた軽自動車は、中古車市場で高く取引される可能性があります。

輸出されると、国内に出回る台数は減少し品薄になります。そうなると、需要に供給が追い付かない形となりますので、買取店は需要がある車を集めようと、「高値でも買い取りたい」との意向が強く働きます。

軽自動車のオーナーで、そろそろ乗り換えの時期と検討されている方は、チャンスかも知れません。高額買取が期待できる一括査定を利用して、乗り換えの資金を捻出して見ましょう。

高く売るには一括査定サイト

一括査定サイトには、海外に輸出している業者が数多く参加しています。

各国、その地域独特のニーズが存在しますので、そのニーズに合った車の場合は高く買い取られるのです。今回の、スリランカ向けの車としては「軽自動車」となります。

又、輸出台数が増えれば、それだけ修理部品も必要になりますので、動かない車でも、バーツ取りの車としての価値が高まります、事故で不動になった車でも、諦めずに査定をして見ると、予想以上の買取額が提示されることもあります。

一括査定は無料で使えるので、「どれ位の価格が付くか知りたい」と思われている方でも利用できます。又、査定を受けたので、必ず売却しなければならない、ということもありません。価格が気に入らなければ断れます。

高額売却の基本は、一社でけで決めるのでは無く、複数の会社から査定してもらう事です。複数の会社に査定をもらい、あなたの車を高く売れる業者を見つけましょう。

より良い買取金額を実現する為に、車を高く売る為にやるべき事 査定のやり方と一括サイトの利用を参考に最高額を獲得してください。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1