ボディのキズやへこみはどうする?

スポンサーリンク
試乗記682×171

へこみやキズはそのままで良い?

ボディに、へこみやキズが有った場合、「修理して査定の方が高く売れるのでは」と思いがちですが、それは間違いです。

買取店は、通常整備工場を持っており原価で修理出来ます。原価で修理し、商品価値を高めて販売します。

あなたが、整備工場に修理を依頼した場合、原価で修理する事は出来ません。工場側も、利益を出さないと行けませんので、修理代金に反映されます。

その利益分は、あなたの支払になってしまい、結果的に損をしてしまいます。

へこみやキズは、修理はしないで査定をするのがおススメです。

コンパウンドを使うのはNG

「キズを隠して、少しでもキレイにして査定をする」これは、非常に良いのですが、しかし、コンパウンドを使うのはお勧め出来ません。

コンパウンドを使用すれば、確かにボディの浅いキズは消えます。しかし、コンパウンドは、基本的に、塗装を削ってキズを消しているので、その部分の塗装の膜(厚み)は確実に薄くなっています。

その事に依り、塗装に色むらが出来てしまう事もあります。

ボディをキレイにするのは、ワックスやコート処理迄で止めておきましょう。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1