知っておきたい交通事故の基礎知識一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

人身傷害保険は使い方で補償額が変わる

人身傷害は交通事故でケガを負った場合や死亡した場合に、補償が受けられる保険です。補償されるのは、契約した車両に乗車中が基本となりますが、他の車に搭乗中や歩行中、自転車に乗車中など、補償の範囲を広くし契約することもできます。このように補償が手厚い人身傷害保険ですが、使い方により補償額が変わる場合があります。

事故の治療中に再度事故で負傷したときの賠償

交通事故で治療中に再度事故に遭い、ケガをすることがまれにですがあります。このような場合は1回目の事故で既に保険での治療中に、また事故に遭い治療が必要となってしまうので、賠償の請求も複雑になります。加害者が複数の場合は、共同不法行為となりますが、2度にわたる事故のケガはこの法律が適用されるのでしょうか。

交通事故で健康保険は使えるか

普段の生活で負ったケガと同様に、交通事故で負ったケガは健康保険を適用させ、治療することができます。医療機関では交通事故によるケガは、健康保険が使えないと多くの場合説明されます。しかし、これは間違った解釈の基に話されている場合も多くまた、医療機関側の都合でそのように説明している場合もあります。

交通事故の加害者が免責となる場合

交通事故を起こすと賠償責任が発生し、その責任を果たすことが義務付けられます。しかし、加害者が免責となる場合があります。免責となると被害者は、加害者から損害賠償金を回収することができず、事実上泣き寝入りするしかありません。加害者の賠償責任が免責とされるのは、どのような場合に行われるのでしょうか。

加害者が複数いる事故での賠償責任はどうなる

交通事故では加害者が複数となる場合があります。歩行者を2台の車が立て続けにひいた場合や、2台の車が衝突しその弾みで、歩行者をはねた場合などがこれに該当します。このような事故は共同不法行為と呼ばれ賠償方法を定めています。共同不法行為での加害者の損害賠償と、被害者の損害賠償請求は、どのように行われるのでしょうか。

自家用車での通勤中の事故と会社の責任

自家用車での通勤を認めている会社は、多く存在すると考えられますが、従業員が自家用車で通勤中に起こした事故でも、会社が賠償責任を負う場合があります。通常では営業車両でもない自家用車が起こした事故は、会社の管理責任は発生しないと考えられていますが、業務との関わり具合で、会社の支配下にあったとされる場合があります。

盗難車事故で問われる所有者の責任

車が盗難されその車が事故を起こした場合に、所有者の責任はとわれるのでしょうか。所有者は車を盗難されたうえに、その車が事故を起こし、被害者の立場と考えられますが、状況に因っては所有者が、管理責任を問われ損害賠償請求をされる場合があります。盗難されても車の所有者は、被害者の立場だけで終わらない可能性があるのです。

社用車を無断使用された会社の責任

会社の従業員が無断で社用車を私用に使い、その途中で事故を起こした場合には、会社の管理責任はどのようになるのでしょうか。会社は従業員に無断で社用車を使われたのですから、管理責任は問われないと考えられがちですが、実はそうではありません。従業員が会社に嘘を言い、勝手に社用車を使ったとしても、会社には管理責任があります。

下請会社が起こした交通事故で親会社が負う責任

一般的に下請会社と親会社は別の法人として扱われるので、下請会社が起こした交通事故の責任を、親会社が負うことはありません。しかし、下請会社と親会社の関わり合いや、指示命令関係において、一定の条件が揃うと、親会社の管理責任が問われ、運行供用者責任場合が問われる場合があります。

自動車保険の一括請求手続きとは

自動車事故での賠償は自賠責保険と自動車(任意)保険により行われます。補償は始めに自賠責保険が使われ、それでも不足する場合は自動車保険が補う仕組みです。この2つの保険は一括請求手続きを行うと、まとめて保険金を受取ることができますが、注意しおくべきこともあります。手続きは内容を良く理解し利用することが必要です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171