車試乗記一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

スズキ「スティングレー」試乗してみた(2017/2FMC)

スズキの「スティングレー」は、エアロパーツを標準で装備し、スポーティイメージで作り上げられた、「ワゴンR」のカスタム仕様車に位置づけされるモデルです。4代目「スティングレー」の特徴は、縦型にヘッランプを配置しイメージを大きく変えています。インパクトを与えるスタイリングとなった「スティングレー」試乗してみました。

ホンダ「ヴェゼル」試乗してみた2018/2(MC)

ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」がマイナーチェンジされ登場しました。今回のマイナーチェンジで外観は、これまでの「ヴェゼル」のイメージを変えない程度の、小変更に留めていますが、エンジンを含むパワートレーンなどは完成度を高める改良が行われ、走りの基本性能を引上げています。

日産「セレナ e-POWER」試乗してみた

日産の「セレナ」に「 e-POWER」が搭載され登場しました。「セレナ e-POWER」は「ノート e-POWER」に次ぐ第2弾のモデルになります。強烈な印象を与えた「ノート e-POWER」に次ぐ、「e-POWER」シリーズの第2弾「セレナ e-POWER」試乗してみました。

スズキ新型「クロスビー」試乗してみた

2017年の第45回東京モーターショーに出品されていた、スズキの新型「クロスビー」がいよいよ登場して来ました。「クロスビー」はバンのもつ広さと使い易さに、SUVの力強さを融合させることが開発のコンセプトとして造られています。スズキファンではなくても興味をそそる新型車「クロスビー」試乗してみました。

スズキ「スペーシア カスタム」ホンダ「N-BOX カスタム」比較してみた(2017)

軽スーパーハイトワゴンの王者ホンダ「N-BOX」と、それを追いかける挑戦者スズキ「スペーシア」がともにフルモデルチェンジを行い2代目のモデルを登場させました。ともに第二世代へと進化した両車の対決はどのような結果に終わったのでしょうか。「N-BOX」と「スペーシア」比較してみました。

スズキ新型「スペーシア」試乗してみた2017/12(FMC)

軽量ボディの軽スーパーハイトワゴンスズキ「スペーシア」に、2代目となる新型モデルが登場しました。新型「スペーシア」はゆるキャラ風なユニークな顔と雰囲気が特徴で、これまでの軽スーパーハイトワゴンとは一線を画したスタイリングです。今までの軽スパーハイトワゴンとは違う魅力を備えた新型「スペーシア」試乗してみました。

スズキ新型「スペーシアカスタム」(2017/12FMC)試乗してみた

「スズキ」の軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」が、フルモデルチェンジされ2代目となるモデルの登場です。新型「スペーシア カスタム」では、先代「カスタムZ」を引き継ぐような、高さのある大きなフロントグリルが与えられ、存在感が増すフロントデザインとなっています。新型「スペーシア カスタム」ターボ試乗してみました。

トヨタ「カローラ フィールダー」(2017/10MC)試乗してみた

トヨタの大衆車として長年親しまれて来ている「カローラ」が、2017年10月に2度目となるマイナーチェンジを実施しました。フロントの意匠変更が行われ華やかでスポーティなデザインとなり、インテリジェントクリアランスソナーも備わり安全性能を進歩させています。11代目となる「カローラ」試乗してみました。

ホンダ「ステップワゴン ハイブリッド」試乗してみた

ホンダ「ステップワゴン」がマイナーチェンジされ待望のハイブリッドモデルが登場しました。ハイブリッドモデルが追加されたのは、「スパーダ」系で同時にフロントデザインも変更され、存在感を高める顔付きとなっています。ハイパワーツインモーターを搭載した「ステップワゴン」は、どのように進化したのでしょうか。試乗してみました

ホンダ新型「シビック ハッチバック」試乗してみた

ホンダ主力車種の一つである「シビック」が7年のブランクを経て国内での販売を開始しました。新型の「シビック」はロー&ワイドの地面に張り付くようなフォルムで、スタイリッシュさが強調されるエクステリアデザインです。パワーに優れる1.5Lターボエンジンを積む「シビック ハッチバック」はどのような走りをみせるのでしょうか

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル