ゆるく乗りゆるく評価する車試乗記一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ダイハツ新型「ミライース」試乗してみた

ダイハツのベーシックカー「ミライース」がフルモデルチェンジされ2代目が登場しました。「ミライース」は低燃費で低価格であることから、誰でも乗れる第3のエコカーとしてその存在を大きくアピールして来ました。新型の「ミライース」では実燃費性能の向上を図るなどの改良が施されています。進化した「ミライース」試乗してみました

新型トヨタ「プリウス」PHV試乗してみた

4代目「プリウス」に登場した「プリウス」PHVは、不振だった先代「プリウス」PHVの反省をもとに入念な開発が行われました。スタイリングは大きな差別化が図られ、未来感漂うものへと変化し、EVでの走行距離、最高速度とともに大幅な進歩を見せています。「プリウス」を超えた「プリウス」PHV試乗してみました。

スズキ「スペーシアカスタムZ」試乗してみた

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシアカスタム」に「Z」シリーズが追加されました。「スペーシアカスタムZ」は、メッキパーツを多用したフロントデザインを採用しており、これまでのやや大人しく感じられた「スペーシアカスタム」から、存在感を主張する顔つきへと変身しています。「スペーシアカスタムZ」試乗してみました。

スズキ新型「ワゴンR」試乗してみた(2017/2FMC)

「ワゴンR」がフルモデルチェンジされ6代目の登場となりました。新型「ワゴンR」では、「Sエネチャージ」から「HYBRID」へと名称が変更されたことに併せて、モーターを高出力化させ、アシスト領域を拡大させています。「HYBRID」の名称を付けた新型「ワゴンR」の進化は、どこまで進んでいるのでしょうか。

スズキ新型「スイフト」試乗してみた

4代目となる新型「スイフト」がHYBRID、ターボモデルをシリーズに加えて登場しました。新型「スイフト」では更なる低重心化と軽量化が図られ、意のままに操れるドライバーズファーストの思想で造り上げらています。低燃費と切れの良い走りの両立を目指す新型「スイフト」HYBRID RSに試乗してみました。

スバル新型「インプレッサ スポーツ」試乗してみた

更なる進化を遂げて5代目の「インプレッサ」が登場しました。新型「インプレッサ」では新世代プラットフォームを採用し、走りと安全の基本性能を大幅にアップさせ、ダイナミック×ソリッドと、呼ばれるデザインは、スポーティで力強いボディを作り上げています。グローバルクオリティで作られた「インプレッサ」試乗してみました。

トヨタ「C-HR」試乗してみた

トヨタTNGAを採用する第2弾コンパクトSUV「C-HR」が登場しました。「C-HR」の開発コンセプトは、格好と走りが全てと言う尖がった車です。スタイルはスケッチから飛び出して来たような斬新さで、走りは欧州の国道やサーキットまでも徹底的に走り込んでいます。この個性的で野心的な「C-HR」に試乗してみました。

スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」トヨタ「ルーミー カスタム G-T」比較してみた

独走を続けるスズキ「ソリオ」に対抗すべく登場したトヨタ「ルーミー」は、これまでライバル不在と言われたAセグメントミニバン「ソリオ」に、真っ向から勝負するサイズです。今回は新たに登場し注目の「ソリオ ハイブリッド」と、ターボを装着した「ルーミー」のトップモデル「カスタム G-T」を比較してみました。

スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」試乗してみた

スズキ「ソリオ」に待望のハイブリッドモデルが登場しました。ハイブリッドへと進化した「ソリオ」はEV走行を可能としています。トランスミッションにはAGSを採用し、コンパクトなシステムとして重量増を抑えています。ハイブリッドへと進化した「ソリオ」は、マイルドハイブリッドを超えたのでしょうか試乗で確かめてみました。

ダイハツ「トール」試乗してみた

新型のハイトワゴンダイハツ「トール」が登場しました。「トール」は、これまで乗用車クラスにハイトワゴンを持たなかったダイハツが、満を持して送り出したAセグメントの車です。「トール」は軽自動車では満足出来ない又は、狭くなったと思う層を主な顧客と捉えています。ダイハツ初の乗用車ハイトワゴン「トール」試乗してみました

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171