TOYOTA一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

トヨタ新型「RAV4」試乗してみた

トヨタ新型「RAV4」が3年の空白期間を経て国内へ登場しました。新型の「RAV4」は多角形のデザインを多用することで、、悪路走行が似合うワイルドなスタイリングに仕上げ、ハードな走行をイメージする車となっています。都会的なSUVとは違う逞しさを表現する新型「RAV4」は、どのような魅力を秘めているのでしょうか。

トヨタ新型「プリウス」(2018/12MC)試乗してみた

トヨタの元祖ハイブリッドカー「プリウス」が、2018年12月にマイナーチェンジを行い登場しました。今回は不評とされるスタイリングの変更に大きな力が注がれ、親しみ易を増すことが大きなテーマとなっています。先鋭過ぎた4代目「プリウス」が、どのように変化したのか試乗で確かめてみました。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)試乗してみた

トヨタのコンパクトハッチ「パッソ」が、マイナーチェンジを行い登場しました。「パッソ」はトヨタが扱う乗用車の中では、最も小さな車で製造はダイハツが行い、ダイハツは「ブーン」として販売しています。今回のマイナーチェンジでは、フロンント、リアの意匠変更と、スマートアシストⅢの搭載が大きな変更となっています。

トヨタ「86」試乗してみた

2012年にFRレイアウトのスポーツカーとして登場し、2018年で6年目を迎えるトヨタ「86」に試乗してみました。「86」は長らくトヨタに欠落していた、若者にアピールする車を復活させたモデルで、スバルとの共同開発により誕生しました。ワイドで背の低いスタイルは、シャープなグローバルで通用するデザインです。

トヨタ「カローラスポーツ」試乗してみた

トヨタ「カローラ」に新しく「カローラスポーツ」が登場しました。「カローラスポーツ」は5ナンバーサイズの、セダン、ステーションワゴンとは違い、TNGA-Cのプラットフォームを使用し、3ナンバーサイズのワイドなボディを纏っています。新しい機能を搭載し走りに磨きをかけた「カローラスポーツ」試乗してみました。

トヨタ「カローラ フィールダー」(2017/10MC)試乗してみた

トヨタの大衆車として長年親しまれて来ている「カローラ」が、2017年10月に2度目となるマイナーチェンジを実施しました。フロントの意匠変更が行われ華やかでスポーティなデザインとなり、インテリジェントクリアランスソナーも備わり安全性能を進歩させています。11代目となる「カローラ」試乗してみました。

トヨタ「ヴィッツ ハイブリッド」試乗してみた

マイナーチェンジされ待望のハイブリッドシステムを搭載した「ヴィッツ ハイブリッド」は、これまでより更に改良されたハイブリッドシステムとされ、足回りはヨーロッパで使用されているものを組み入れて、ボディの剛性確保では溶接個所を増やし走行性能を上げています。走りの資質を高めた「ヴィッツ ハイブリッド」試乗してみました

トヨタ「ノア」(2017/7MC)試乗してみた

トヨタの売れ筋ミニバン「ノア」がマイナーチェンジされました。今回のマイナーチェンジでは、フロントデザインが大きく変えられ、シャープでスポーティな顔付きになっています。これまで3兄弟の中では、大人しいスタイリングでしたが、押し出しの強さを身に着けています。大きく変身した姿をアピールする「ノア」試乗してみました。

トヨタ新型「カムリ」試乗してみた

Beautiful Monsterとサブネームが与えられた、新型「カムリ」がデビューしました。新型「カムリ」ではセダンの復権を目指し、そのスタイルの美しさに加えて、走行、快適、省燃費性能を、高い次元でまとめあげています。グローバルで人気を誇る「カムリ」は、日本でセダン復活ののろしを上げることが出来るのでしょうか

新型トヨタ「プリウス」PHV試乗してみた

4代目「プリウス」に登場した「プリウス」PHVは、不振だった先代「プリウス」PHVの反省をもとに入念な開発が行われました。スタイリングは大きな差別化が図られ、未来感漂うものへと変化し、EVでの走行距離、最高速度とともに大幅な進歩を見せています。「プリウス」を超えた「プリウス」PHV試乗してみました。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171