気になるニュース一覧

トロロッソ・ホンダ4位入賞の躍進を見せる

2018 F1 バーレーンGP決勝で、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが4位に入賞し、開幕戦での不調を吹き飛ばす走りをみせ、周囲はこの躍進に驚きを隠せず称えています。今後のGPシリーズに大きな期待をもたせる結果となったバーレーンは、2015年ホンダがF1に復帰して以来の最高のリザルトです。開幕戦ではエンジントラブルが発生し、深刻な状況となったホンダでしたが、このレースの結果から彼らは、新しいステップへと進むことができ、今後更なるパフォーマンスを上げたパワーユニットの投入が可能になると考えられます。ホンダが反撃を開始した今期は、今まで以上に中団グループの争いが激化するF1となりそうです。

トロロッソ・ホンダ トップ3に次ぐ6番手で予選を通過

2018 F1 バーレーンGPの予選においてトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、トップ3に次ぐ6番手のポジションを獲得し予選を終えています。また決勝レースではメルセデスの1台がペナルティとなるために、ガスリーは5番手のポジションからスタートとなり、大いに期待を抱かせる決勝レースとなっています。開幕戦ではパワーユニットにトラブルを抱えたホンダですが、急遽日本で対策を行ったものをバーレーンに持ち込み、耐久性を向上させ第2戦に臨んでいます。トロロッソも新たな空力パッケージをバーレーンに投入し、これが効果を発揮し予選での好結果へと繋がっています。ホンダは反撃の口火をバーレーンから切ることができるのでしょうか。

ホンダのエンジン開発はまだ道半ばなのか

2018年F1開幕戦となるオーストラリアGP決勝が3月25日に行われました。トロロッソ・ホンダ初の公式戦となるレースでしたが、2人の新人ドライバーは予選結果が振るわず、ブレンドン・ハートレーが16番手、ピエール・ガスリーが最後尾の20番手となるポジションで、決勝をスタートすることになりました。決勝レースでは下位のポジションからの、追い上げが期待されましたが、ブレンドン・ハートレーはミスにより最後尾でレースを終え、ピエール・ガスリーはパワーユニットトラブルによりリタイヤしました。テストではトラブルがなかっただけに、ホンダには深刻な問題となりそうです。

トロロッソ・ホンダテスト快走の要因

トロロッソ・ホンダは順調にバルセロナテストを終え、多くの重要なレースデータを収集し、開幕戦オーストラリアに臨もうとしています。この順調にテストが行われた背景には、周到なな準備を行い短期間の内に良好なパートナーシップを築いた結果が、今迄の不振を一蹴する快走を実現させています。開幕戦に強いトロロッソがホンダエンジンを積み、好成績が期待されるなか、バルセロナテスト好調の要因を振り返ってみます。

トロロッソ・ホンダ順調にプレシーズンテストを終了

2018年F1プレシーズンテストが、スペインバルセロナのカタルニアサーキットで8日間に渡り行われました。今年は寒波の影響による降雪でテストが行えない状況になり、例年と比較するとテスト走行を行う時間が少なくなってしまいましたが、今年よりパートナーとなったトロロッソ・ホンダは順調に周回を重ね、重要なテストデータを収集し開幕戦に向け大きな弾みをつけています。昨年までホンダのパートナーだったマクラーレンは、ルノーエンジンへとスイッチした今年度もトラブルが続出し、少ない周回数でテストを終えています。ホンダエンジンに不振の責任を押し付け、ルノーエンジンへとスイッチしたマクラーレンと、批判に耐え続けたホンダは対照的な滑り出しを見せています。

お互いがもう続けたく無いマクラーレンとホンダ提携解消

2015年より開始されたマクラーレンとホンダのパートナーシップの解消が正式に発表されました。本来なら長期の提携契約が結ばれており、それを履行する義務があるのですが、マクラーレン側の強い要望により中途での解消となりました。マクラーレンとホンダの今後置かれる状況について考えてみました。

スリー・ポインテッド・スター「ベンツ」よお前もか!!

世界を落胆させた「VW」のディーゼル車排ガス不問題が、今度は同じドイツの高級車メーカー「ベンツ」にも疑いが持たれています。「ダイムラーベンツ」では、この問題を正式には認めていませんが、不正なプログラムにより、基準値をクリアしたのではないかと言うのが大方の見方です。「ベンツ」のコンプライアンスが問われる問題です。

ガソリンエンジンの革新となるかマツダSKYACTIV-X

「マツダ」より世界初となるガソリンエンジンSKYACTIV-Xが登場します。SKYACTIV-Xはこれまでガソリンエンジンでは不可能と思われていた、圧縮着火による燃焼を可能としています。「トヨタ」や「メルセデスベンツ」でさえも、その有利性を認めながら開発を断念したと言われる究極のエンジンはいよいよ世に放たれます

なぜ、ホンダエンジンの進化は遅いのか!

ホンダF1エンジンがマクラーレンホンダ全ての不振の原因とメディアでは扱われています。しかしそれが真実の全てではありません。確かにホンダエンジンのパフォーマンスは期待以上の活躍をみせていないのも事実です。F1挑戦第4期の3年目を迎えるホンダのエンジン開発は、なぜ進捗の度合いが遅いのでしょうか。

マクラーレンホンダは今年もダメなのか!

2017年F1プレシーズンテストが、カタルニアサーキットで始まりました。マクラーレンホンダチームは、初日からトラブルが続き苦しいスタートとなりました。テストは全てを完了させることが出来ないままGPシーズンに突入することになってしまいました。原因はホンダエンジンとされていますが、それが果たして真実なのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告