知っていると得する情報一覧

図柄ナンバープレートの第3弾が登場

国土交通省はラグビーワールドカップ、東京オリンピックに続く、特別仕様ナンバープレート第3弾となる、地方図柄入りナンバープレートを公表しました。地方図柄入りナンバープレートは、ナンバープレートの走る広告塔としての機能に注目し、地域の風景や観光資源を図柄にし、地域振興・観光振興に繋げようとするものです。交付開始は全国の41地域で2018年10月から予定されており、2020年には新たに17地域が追加され交付される予定です。

トヨタ「ヴィッツ」見積りしてみた

トヨタネッツ店で販売されるコンパクトカー「ヴィッツ」が、9月の決算期限定でキャンペーンを行っています。通常の値引き額を大幅に超える条件が出されていて販促に力が入っています。2017年1月のマイナーチェンジで、「ヴィッツ」にもハイブリッドがラインアップに加わりましたので、ハイブリッド車にお得に乗れるチャンスです。

ホンダ「フィット」(2017MC)見積りしてみた

2017年6月にマイナーチェンジが実施されたホンダ「フィット」の見積もりを行ってみました。見積りを取ったグレードはスポーティな外観に仕上げられた、HYBRID S とガソリンモデルの13G・S です。「フィット」はマイナーチェンジ後、販売も順調で好調の模様ですが、乗り出し価格はどの程度となったのでしょうか。

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート発行

2019年のラグビーワールドカップ国内開催に向けて、特別仕様ナンバープレートが発行されます。この特別仕様ナンバープレートは、日本国初となる取り組となっており、デザインは図柄入りとロゴ付タイプがあり、図柄入りは寄付金が必要ですが、ロゴ付は寄付金無しでも取り付けることが出来ます。国内初のナンバープレート気になります

トヨタ「C-HR」見積りしてみた

トヨタから「C-HR」いよいよ登場しました。このクラスのSUVをもたなかったトヨタが、満を持して送り出して来たのが、スタイリッシュなSUV「C-HR」です。現在多くのバックオーダーを抱えている「C-HR」ですが、乗り出しの価格はどれ程になるのか、見積もりをとってみました。

ヘッドライトはハイビームが基本となっています

車と歩行者の夜間接触死亡事故は96%がロービームで走行中に発生しています。この結果を踏まえ警察庁ではハイビームの利用を呼び掛けていますが、切り替えレバーを頻繁に操作するような状況では億劫になりついついロービームのままで走行しがちです。この頻繫な切り替え操作を自動で行う車種をメーカーごとにピックアップしてみましす

ホンダ「フリード」値引き交渉してみた

見積もりを行った車種は、「フリード」ハイブリッド特別仕様車プレミアムエディション6人乗りモデルです。特別装備として室内LED照明(フロントマップ/ルーム/ラゲッジルームランプ)/本革巻ステアリングホイール/本革巻セレクトレバー/照明付ドリンクホルダー(運転席/助手席)などが装備されます。

新・安全性能総合最高評価はマツダ「CX-3」

国土交通省より2015年度のJNCAP(Japan New Car Assessment Program)新・安全性能総合評価が発表されました。優れた安全性能を有する自動車に与えられるファイブスター賞には5車種が認定され、その中でも最高の評価を得たのはマツダ「CX-3」となりました。

車買取業者を見分けるコツ

業者をチェックする4つのポイント 車を高く売る基本は、数多くの業者に見積もりをもらい、そこからさらに、交渉するのが基本なのですが、やは...

査定士はココを見ている

車には数多くの査定ポイント 査定士が車を査定する場合、どのように車を評価しているのか、見ている箇所は何を調べているのか気になりますよね。 ...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告