知っていると得する情報一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

トヨタの新サービス「KINTO」を考えてみる

トヨタの新しいサブスクリプション(月額定額)サービス「KINTO」を考えてみます。「KINTO ONE」は従来からの大きな金額を負担し、車を所有する使い方から、気軽に趣向に合った好きな車や、乗りたい車を自由に選び気軽に楽しむことを目的として提供されるサービスです。

AIG損保が子どもの事故防止地図サービスの提供を開始

AIG損保が子どもの交通事故防止につなげようと、事故発生場所がわかる地図の提供を始めました。この地図サービスは「あんぜんmyマップ」と呼ばれるもので、交通事故総合分析センターのデータを基にした、全国の交通事故発生場所を表示することが可能です。事故情報には年齢、発生回数などのリスクを、わかりやすく表示しています。

トヨタ・ダイハツ車の踏み間違い加速抑制装置が後付け可能に

トヨタ自動車とダイハツ工業は、駐車場などから発進時の事故防止や被害を軽減する、「踏み間違い加速抑制システム」を発売すると発表しました。これまで、このようなドライバー支援の機能は、車を購入する場合に取付ける必要がありましたが、これにより購入後でも取り付け可能となりました。

トヨタのつながる車「コネクティッドカー」は何ができるのか

トヨタ初となるコネクティッドカー「クラウン」と「カローラスポーツ」は、DCMと呼ばれる専用通信機を搭載しつながることで、さまざまな機能と情報を提供し、ユーザーのサポートを行います。これからのスタンダードとなるつながるクルマは、ユーザーにどのような利便性をもたらしてくれるのでしょうか。

損保各社のスマートフォンアプリを比較してみる

損保会社は事故が発生した場合や、ロードサービス要請時の連絡を簡略化するため、スマートフォンアプリによる通知サービスを提供しています。スマートフォンアプリに契約者情報を入力しておくと、その情報が保険会社へと送信され、即座に対応の手順へと進むことができます。損保各社のスマートフォンアプリの機能を比較してみます。

テレマティクス(ドライブレコーダー)特約を比較してみる

事故発生時の迅速な対応と、その原因特定などを目的として、損保会社ではテレマティクス端末を利用した特約を発売しています。テレマティクス端末は事故時の通報や記録だけでなく、ドライブ中の安全運転支援を行う機能などがあります。テレマティクス端末を利用して、損保各社が提供するサービスの違いを比較してみます。

当然ですが自動ブレーキには限界があります

近年の発売される新車には、衝突被害軽減ブレーキが高い割合で装着されています。しかし、その性能は全面的に信頼し任せられるものではありません。作動する条件を確認し、あくまでも補助的なシステムとして運転することが必要です。国土交通省がシステムの作動しない状態を再現し注意を呼び掛けています。

図柄ナンバープレートの第3弾が登場

国土交通省はラグビーワールドカップ、東京オリンピックに続く、特別仕様ナンバープレート第3弾となる、地方図柄入りナンバープレートを公表しました。交付開始は全国の41地域で2018年10月から予定されており、2020年には新たに17地域が追加され交付される予定です。

トヨタ「ヴィッツ」見積りしてみた

トヨタネッツ店で販売されるコンパクトカー「ヴィッツ」が、9月の決算期限定でキャンペーンを行っています。通常の値引き額を大幅に超える条件が出されていて販促に力が入っています。2017年1月のマイナーチェンジで、「ヴィッツ」にもハイブリッドがラインアップに加わりましたので、ハイブリッド車にお得に乗れるチャンスです。

ホンダ「フィット」(2017MC)見積りしてみた

2017年6月にマイナーチェンジが実施されたホンダ「フィット」の見積もりを行ってみました。見積りを取ったグレードはスポーティな外観に仕上げられた、HYBRID S とガソリンモデルの13G・S です。「フィット」はマイナーチェンジ後、販売も順調で好調の模様ですが、乗り出し価格はどの程度となったのでしょうか。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171