車を売る場合に必要な書類

スポンサーリンク
試乗記682×171

車は大事な財産

車は、財産的な価値や治安の側面から、所定の書類を提出しなければ、簡単には所有者の変更はできなくなっています。

所有者に、無許可で名義変更し売却されないように、間違いなく所有者の意思で、変更が行われるための書類となっています。

又、車は持っていても税金、走っても税金といわれるように、課税対象になっていますので、その対象の明確化のためにも、名義変更手続きは重要になっています。

1.車検証(自動車検査証明書)

車検証に明示してある車両が、国の自動車保安基準に適合していることを証明する書類です。所有者の氏名、車台番号、型式、自動車登録番号、車検の期間などが記載されています。

常時、車に携行していなければならない書類(法律で義務化)になっています。

紛失した場合には査定前に書類の準備をするで再発行手続きを紹介しています。

2.自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)

車の車検を取得する時に、必ず加入(強制)が必要となる保険です。車検を取得すると、公道での車両運行が可能となります、その運行上の事故に備えて、最低限の保証をするための保険です。

常時、車に携行していなければならない書類(法律で義務化)になっています。

紛失した場合には査定前に書類の準備をするで再発行手続きを紹介しています。

3.自動車税納税証明書

車を所有していると、毎年5月頃に送られて来る納税通知書に、納税場所で支払をすると領収印が押され控えが渡されます。渡された控えが納税証明書になります。

紛失の場合は、都道府県の税事務所、自動車税管理事務所で再交付してもらえます。

再交付に必要な書類は

  • 車検証
  • 印鑑

手数料は無料です。

4.リサイクル券

2002年(平成14年)7月に制定された、自動車リサイクル法に従って、リサイクル料金が収められていることを証明する書類です。

紛失の場合は、自動車リサイクルシステムのホームページ「リサイクル料金の預託状況」より印刷して、リサイクル券の替りとして使用できます。リサイクル券自体は再発行されません。

5.実印

住民登録をしている市区町村役場に、実印登録をしている印鑑です。本人が書面の内容を、確認了承したことを証明するために必要となります。

持っていない方は、住民登録のある市町村役場で登録します。

6.印鑑証明書

実印を登録している、市区町村の役場で発行してもらいます。使用している実印が、間違いなく登録してあることを証明する書類です。車を売却する場合に使用できるのは、発行日より3ヶ月以内のものが必要となります。

買取店が用意してくる書類

1.委任状

売却する車の名義変更を、買取店に任せることに同意するための書類です。実印を押します。

2.譲渡証明書

売却する車の、譲渡を認めるための書類です。実印を押します。

3.口座振替依頼書

売却する車の、代金を振り込んでもらうために必要です。現金で支払う買取店もありますが、口座の振り替えにより支払いをする店が多いです。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1