マツダ「アクセラ」2016年度予防安全性能評価第2位

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

「アクセラ」に搭載される被害軽減ブレーキは高い性能を発揮

マツダ「アクセラ」の2016年度予防安全性能評価を、独立行政法人自動車事故対策機構が公表しています。

2016年度予防安全性能評価の項目は、対車両被害軽減ブレーキ(満点32.0点)、対歩行者被害軽減ブレーキ(満点25.0点)、はみ出し警報(満点8.0点)、後方視界情報(満点6.0点)の4つの機能別に評価し、その総合得点が12点を超えると「ASV+」46点を超えると「ASV++」にランク付けされます。

テストされた車両「アクセラ」15XD L Packageに搭載される、被害軽減ブレーキ アドバンストSCBS & SBS(衝突被害軽減ブレーキ)の 作動領域と性能は次のように記されています。

アドバンストSCBS (アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート)

■前⽅の歩⾏者を認識して⾃動ブレーキ
先行車や前方の歩行者をフロントガラスに設置したカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、衝突の危険性を判断。衝突の危険性が高い状況下でブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮します。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。

SBS (スマート・ブレーキ・サポート)

■中⾼速⾛⾏時の衝突被害を、ブレーキの⾃動制御で軽減
約15km/h以上で走行中、アドバンストSCBS共用のカメラと、遠くまで高精度で検知できるミリ波レーダーで先行車を捕捉。そして車間距離が基準値に達した場合は、前方衝突警報(FOW)が通常の運転操作で衝突を回避できるタイミングで警報。車間距離がさらに短くなると、軽いブレーキを作動。衝突が避けられない状況では強いブレーキでさらに減速し、衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートします。
*対象物(レーダー波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

LDWS(⾞線逸脱警報システム)

車両が車線を踏み越えそうであると判断すると、ステアリング振動またはランブルストリップス音やビープ音によって警告。また、ランブルストリップス音は右側の車線を踏み越えそうになると右側のスピーカーから鳴るなど、逸脱の方向を直感的に判断でき、ドライバーのすばやい回避操作を促します。
*天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

「アクセラ」の予防安全性能は「70.5/71.0」の評価

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/

「アクセラ」15XD L Packageに搭載される、アドバンストSCBS & SBS(衝突被害軽減ブレーキ)の予防安全性能評価は「70.5点」で、「ASV++」に分類され非常に高い性能を発揮しています。

この評価得点は2016年度のテスト車両の中で第2位につけており、1位の日産「セレナ」ハイウェイスターの満点「71.0点」に肉薄しています。

各項目での性能評価を確認してみます。

車両に対しての被害軽減ブレーキ

アクセラ:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h
アクセラ:被害軽減ブレーキ試験 CCRm60km/h

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

「AEBS(Autonomous Emergency Braking System)」とは、自動車が横断歩行者との衝突を回避又は衝突速度を下げるために自動でブレーキを操作する装置です。

「FCWS(Forward Collision Warning System)」とは、横断歩行者との衝突の危険性に応じて運転者に制動操作を促す目的で提供される、聴覚及び触覚・視覚情報を用いた警報です。

「アクセラ」の対車両試験は10~60km/hの速度域において衝突回避が行われており、満点「32.0」の評価を獲得しています。

歩行者に対しての被害軽減ブレーキ

アクセラ:被害軽減ブレーキ試験 CPN40km/h
アクセラ:被害軽減ブレーキ試験 CPN55km/h
アクセラ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO40km/h
アクセラ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO45km/h

対歩行者での衝突被害軽減ブレーキ試験では、満点「25.0」に対して「24.5」点の高い評価を得ています。CPN、CPNO各試験においての得点は次の通りです。

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

遮蔽物がない状態の試験では、55km/hで衝突回避性能に不安定さが表れ始め、60km/hでは衝突回避に至っていません。

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

遮蔽物がある状態の試験では、設定された全ての速度域で衝突を回避し、満点の評価を獲得しています。

この状況から考えると「アクセラ」に搭載されているアドバンストSCBS & SBSは、速度域が高くなるとシステムの対応が遅れると推察されます。

車線はみ出し警報

アクセラ:車線はみ出し警報試験

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

「アクセラ」の車線はみ出し警報試験では、確実に作動することが確認され「8.0」点の満点評価となっています。

後方視界情報

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

「アクセラ」のリアカメラ近接視界、近傍視界、遠方視界ともに視認性に優れていると評価され、満点「6.0」を得ています。

マツダ車はスタイリングやドライビングテイストなどに注目しがちですが、搭載される被害軽減ブレーキ アドバンストSCBS & SBS(衝突被害軽減ブレーキ)は、高い性能を備えています。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1