ガソリンエンジンの革新となるかマツダSKYACTIV-X

スポンサーリンク
試乗記682×171

実現不可能と思われていたエンジンを「マツダ」がついに完成させる

次世代ガソリンエンジンSKYACTIV-X: SPCCI / Next Generation Gasoline Engine SKYACTIV-X: SPCCI

「マツダ」よりガソリンエンジンで世界初と言われる、圧縮着火を利用したエンジン「SKYACTIV-X」を2019年より導入するとの発表がありました。

この圧縮着火と言われる燃焼方法は、ディーゼルエンジンでは広く使われている技術ですが、それをマツダはガソリンエンジンで実現させることに成功しました。

圧縮着火によるガソリンエンジンのメリットは、ディーゼルエンジンのように燃費性能が良くトルクが太いことと、アクセルレスポンスや高回転域の伸びが失われないことにあります。

このように優れたメリットがあり注目されていましたが、様々な技術的な壁がありそれを克服出来ずに断念されて来ました。

そもそも圧縮着火によるガソリンエンジンの技術を最初に発表したのは「トヨタ」です。

この技術は「HCCI」と呼ばれ、理論的には燃焼効率の良いクリーンなエンジンが作れるはずでした。

しかし「HCCI」は着火するタイミングが、エンジンの置かれている環境に大きく作用され、燃焼の状態をコントロールすることが出来ずに、実用化にはこぎ着けませんでした。

現在F1レースを席巻しているドイツの高級車メーカー「メルセデスベンツ」でさえ、この技術に注目し開発を進めましたが、実用化することが出来ずに断念したと言われています。

「マツダ」では燃焼をコントロールするために、点火プラグを使うことで問題の解決を図ろうとします。

点火プラグを使うアイデアは、当時も考えられて開発が進められていましたが、点火プラグで燃焼させる状態と、圧縮着火で燃焼させる状態の、二つの領域を上手くコントロールすることが出来ませんでした。

「マツダ」はどのような環境下では、点火プラグを使い燃焼させるのか、また圧縮着火はどのような条件なら安定するのかを、細かなデータ取りを行いシュレーションを重ねて行きました。

そしてついに世界で初となる圧縮着火による「SPCCI」の技術開発に成功し「SKYACTIV-X」と名付けられたガソリンエンジンは、世に放たれようとしています。

もうガソリンエンジンは全てやり尽くされて、開発の余地は無いと世界中の自動車メーカーが思う中、「まだやれることはある」と地道な研究を続ける姿勢は、「マツダ」の技術力の高さと着眼点の良さを裏付けるものです。

EVやハイブリッドの開発は行わず、独自の路線を歩む「マツダ」だからこそ成し得た、究極のガソリンエンジンの誕生です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1