各車見積り一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

三菱「ekクロス」見積り交渉してみた

三菱自動車から新たに登場した「ekクロス」の見積りを行ってみました。「ekクロス」は「ekカスタム」の後継を担うモデルですが、SUV色を強めこれまでとは違う雰囲気で仕上げられています。ダイナミックシールドデザインで、個性的な顔だちとなった「ekクロス」の値引額を調べてみました。

日産新型「デイズ」(2019/3/28FMC)見積り交渉してみた

6年ぶりにフルモデルチェンジされ登場した、2代目日産新型「デイズ」の見積り交渉を行ってみました新型「デイズ」ではプラットフォームから、パワートレーンに至るまでを新開発したモデルですが、このように全てを刷新した車を登場させるのは、日産にとっても1年半振りとなるだけに販売にも力が入りそうです。

ダイハツ「トコット」値引交渉してみた

ダイハツの新型車「トコット」の値引交渉を行ってみました。「トコット」は女性向けた車と思われていますが、飾らないシンプルなスタイルは、男性でも抵抗なく乗れる車に仕上がっています。「ミライース」とは違う新しい価値観をもつベシックカー「トコット」の値引額を調べてみます。

スズキ「ジムニー」値引交渉してみた

20年振りのフルモデルチェンジとなった新型「ジムニー」の値引交渉を行いました。新型「ジムニー」は、原点回帰したスタイルが特徴で、多くのジムニストがこれを好意的に受け入れ、熱い視線を送っています。多くの話題と注目を集め登場間もない「ジムニー」は、どの程度の値引が可能なのでしょうか。

ホンダ「N-VAN」見積り交渉してみた

ホンダの新しい軽商用車バン「N-VAN」の、見積り交渉を行ってみました。「N-VAN」はこれまでの軽バンとは違い、人にも優しい商用車として開発され、低いフロアやピラーレスの開口部としたスライドドアなど、多くのアイデアを積み込んでいます。パーソナルユースにも対応した軽バン「N-VAN」の値引額を調べてみました。

スバル「インプレッサ」値引き交渉してみた

スバル「インプレッサ」の値引き交渉してみました。5代目の「インプレッサ」は2016年10月に登場し、2年目となることから値引額も期待できる時期と考え、セールス氏と交渉に臨んでみます。また、スバル60周年特別仕様車も登場させ、「インプレッサ」の販促には力が入っていることを考えると、良い購入条件がもらえそうです。

スズキ「スティングレー」見積り交渉してみた(2018/6)

スズキのスペシャリティー軽自動車「スティングレー」の見積もりを行ってみました。「スティングレー」は「ワゴンR」のカスタム仕様にあたるモデルで、4代目となる現行車はこれまでのスタイルを大きく変え、2017年2月に発売が開始されています。今回見積もりを行ったグレードはHYBRID “ X ” です。

ホンダ「ヴェゼル ハイブリッド」見積りしてみた

2018年2月にマイナーチェンジを受けた「ヴェゼル」の見積り交渉を行ってみました。マイナーチェンジを受けた「ヴェゼル」は、インラインタイプのヘッドランプとなり、これまでよりシャープな顔つきで精悍さが増しています。マイナーチェンジで成熟度を上げた「ヴェゼル」の、販売条件はどのようにされているのでしょうか。

日産「セレナe-POWER」見積り交渉してみた

日産e-POWERモデルの第2弾となる「セレナ e-POWERE」が登場しました。「ノートe-POWERE」に続き日産のヒット作となった「セレナe-POWER」は、強気な販売戦略が予想されますが、実際の現場での値引額はどの程度なのか交渉を行ってみました。

トヨタ「カローラ フィールダー」見積り交渉してみた

2017年10月に2度目のマイナーチェンジを実施した、トヨタ「カローラ」の見積もりを行いました。見積もりを行ったのは「カローラ フィールダー」の HYBRID G “W×B”グレードです。“W×B”グレードは特別仕様車としての位置づけでしたが、カタログモデルへと昇格したグレードです。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171