日産新型「デイズ」(2019/3FMC)試乗してみた

日産デイズハイウィスター左スタイル

日産の「デイズ」がフルモデルチェンジし2代目となるモデルが登場しました。

「デイズ」は日産が国内での軽自動車需要拡大を受け、他社からのOEM供給による販売から、自らのコンセプトを反映するため、自社での開発製造へと戦略の転換を図った車です。

しかし、日産にはこれまで軽自動車の開発や製造のノウハウがないため、三菱自動車と合弁会社NMKVを設立し、軽自動車の製造と開発を行うことを決断します。

初代「デイズ」では三菱自動車の主導により開発が進められましたが、2代目では日産の主導により開発が行われ、同一車線自動運転技術のプロパイロットなど、日産のコンセプトと技術が色濃く反映したモデルとなっています。

新開発されたプラットフォームとエンジンは、初代より走行性能を大きく向上させ、同じく新開発となるCVTは、有段式ATのようなフィーリングをもつのが特徴となっています。

外寸では全高が1,640mmと20mm高くなり、ホイールベースは65mm伸ばされ2,495mmとなって、室内空間の拡大を図っています。

スポンサーリンク
試乗記682×171

新型「デイズ」のグレード

新型「デイズ」のシリーズはこれまでと同様に、ノーマルモデルとカスタムモデルのハイウェイスターで構成し、全てのグレードに2WDと4WDを用意します。

グレードはノーマルモデルにベーシックグレードの “S”、上位グレード “X” で、ハイウェイスターにはベースグレード “X” と、ターボエンジンのグレード “G” を揃えています。

なお、プロパイロットとハイブリッドシステムは、ハイウェイスターのみに、搭載グレードが設定されます。

WLTCモードの燃費性能ではハイブリッドシステムと、ノーマルエンジンでは差がありませんが、実用燃費では性能差が出るとされています。

2WDグレード動力仕様燃費性能WLTCモード(km/L)車両重量(kg)
デイズSエンジン21.2830
Gエンジン21.2830
デイズ ハイウェイスターXエンジン+モーター21.2840
X プロパイロットエディションエンジン+モーター19.2860
Gエンジン+ターボ+モーター19.2860
Gプロパイロットエディションエンジン+ターボ+モーター19.2880

今回試乗したのは「デイズ ハイウェイスター」X プロパイロットエディションです。

日産のアイデンティティ Vモーショングリルを採用

日産車を象徴するVモーショングリルを採用し、ボリュームのあるバンパーと組み合わされ、上下の高さを抑えた薄いヘンドランプは、目じりを上げたつり目型のデザインです。

軽自動車ではエンジンルームのクーリングのため、オフセットされることの多いナンバープレートが中央に配置されます。

ボディサイドは3本のキャラクターラインに、深めの凹凸で変化をつけ、複雑な印象を与えるデザインです。

Cピラーには小さなパネルを使い変化をつけ個性を出しています。

初代モデルのルーフまで伸びていたリアコンビネーションランプは小型化され、バックドアガラスを端まで延ばしています。

初代のイメージが残るリアスタイルはですが、全高が高くなりバックドアのパネルが大きくなった印象です。

リアコンピネーションランプは初代と比べると、リアフェンダーへの食い込みも小さくなっています。

新開発されたBR06型エンジンは最高出力52PS/6,400rpm、最大トルク6.1kgf・m/3,600rpmの性能を発揮します。

BR06型エンジンはルノーが新興国向けに、基本設計を行ったとされるBR08をベースに作られています。

ハイウェイスター専用アルミホイールに、155/65R14サイズのダンロップエナセーブが装着されています。

インパネにはステッチ風のデザインを入れ、センターパネルはブラックの光沢仕上げで質感を高めます。9インチのナビゲーションは、コンパクトな室内に大きな存在感があります。

メーターは左にタコメーター右にスピードメーターの2眼タイプを採用し、中央にマルチインフォメーションディスプレイを配置します。

シフトレバーの横には電動式パーキングブレーキスイッチが備わり、空調のコントロールは初代と同様に静電気式のタッチパネルです。

インパネシフトのため足元は広がりを感じさせます。助手席前の収納ボックスは2段式タイプで使い勝手を高めています。

シート表皮はトリコットが使われエボニーカラーの内装色で仕上げられます。

助手席のドアパネルには車検証を入れるカバー付きのボックスが内蔵されます。

リアシートの足元は十分な広さが確保されていますが、スライドは一体式を採用しています。

ラゲッジスペースはリアシートを後ろまで下げると、さすがにミニマムですが、リアシートの膝周りには余裕があり、小さな荷物を積む程度のスペースは作り出せそうです。

リアシートの背もたれを倒しても座面が連動しスライドする機構をもたないため、フロアはフラットな形状とはなりません。

フロア下の収納ボックスはクラスを考えると大きめで、実用使用に耐える容量を確保しています。

力強さをアピールするフロントとボディデザイン

新型「デイズ」と対面します。

日産のアイデンティティであるVモーショングリルに、3Dメッシュグリルを組み合わせ、つり目型の薄型ヘッドランプを配置する顔つきは、遠目から見ても日産車と認識させるインパクトがあります。

このフロントに合わせるようにボディサイドも、キャラクターラインに凹凸をつけ強調させており、車の印象に統一感をもたせたデザインとしています。

乗り込むと室内は大型ディスプレイの、ナビゲーションが目を引きますが、オーソドックスな作りで、メーターも2眼タイプの馴染み易いデザインです。

電動式パーキングブレーキなどのインパネにあるスイッチは、分かり易く配置されており視認性も良好で、空調の静電式タッチパネルスイッチは大型化され操作性が改善されています。

収納は角型のドリンクホルダーや、助手席前の2段式収納ボックス・ドアパネルの収納ボックス、インパネセンターの引き出し式トレイなど、多彩に備え使い勝手を向上させており、ライバルを良く研究しています。

また、インパネの上部はカラーを変えステッチ風のデザインと、センターの光沢あるブラック操作パネルが、質感のある室内を作り出しています。

フロントシートはやや硬めですが見た目よりもサポート性が高く、腰部分のホルードに優れ体にフィットする感触です。

しかし、運転席シートの高さ調整機構は斜めにスライドし、高くするとステアリングに近づくため、ポジションが合わせ難くなっていますが、ポジションが決まると前方への視界は良好で、小さなフロントクォーターウィンドウは、斜め前方への視野も広げています。

ただ、左足は置き場が狭く常に周りと干渉するため、ドライビングポジションはやや落ち着きに欠けます。

リアシートの空間は広くなり足元の余裕も生まれていますが、フラット形状のシートは硬さが強調されるうえに薄い作りです。

さらに座面が低いため太ももが持ち上がり、長時間乗るには心配になる部分です。

安定性の高い走りを実現させた新開発プラットフォーム

Dドライブに入れ走りだすと新型「デイズ」は、低速からスムーズに加速し、初代で感じられた発進加速でのモタつきがありません。

ルノーが基本設計したと言われるRB06エンジンは、ダウンサイジンした悪影響は感じられずストレスなく軽快に回ります。

軽自動車のエンジンとしては最大トルクを、3,600rpmの低回転で発生させる特性は、扱い易くドライバビリティに優れており、ストレスの少ない走りを実現させています。

急激にアクセルを踏み込んだときの反応に、やや物足りなさを感じますが、それ以外では不満に感じることが少なく、軽自動車のエンジンとして良く仕上がっています。

ハンドリングも新開発されたプラットフォームにより安心感が高く、しっかりとしたフィーリングはナチュラルに車が曲がる感覚です。

カーブが連続する山道でも剛性感の高いボディは、リアタイヤの接地感を失わず追随させ、安定したコーナリングをキープしてくれます。

また、乗り心地でもこのプラットフォームは効果を発揮しており、サスペンションを正しく機能させることで、路面からの衝撃を和らげ大きな振動を伝え難くしています。

有段式ATのよう動作を行う新開発のCVTは、高回転での使用においてその特性を発揮し、市街地の走行では普通のCVTと変わらないフィーリングです。

疑似的に作りだされるシフト感覚は違う面白さがありますが、それほどの必要性は感じられず、普通のCVTでも良かったのではないかと思える機能です。

新型「ディズ」は運転席のシートリフト機能や、リアシートの高さや一体式スライド機能など、やや不満な部分もありますが、室内は広く収納も工夫が凝らされ使い勝手も向上し、新開発のエンジンとプラットフォームで、安定感の高い車に成長しています。

試乗した「デイズ ハイウェイスター」X プロパイロットエディションのメーカー希望小売価格は1,567,080円(2WD)です。

「デイズ」の見積り交渉してみました。

日産新型「デイズ」(2019/3/28FMC)見積り交渉してみた | tatumiの車試乗記
6年ぶりにフルモデルチェンジされ登場した、2代目日産新型「デイズ」の見積り交渉を行ってみました新型「デイズ」ではプラットフォームから、パワートレーンに至るまでを新開発したモデルですが、このように全てを刷新した車を登場させるのは、日産にとっても1年半振りとなるだけに販売にも力が入りそうです。
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1