日産新型「デイズ」2019/3/28発売開始

日産の軽ハイトワゴン新型「デイズ」「デイズハイウェイスター」が2019年3月28日より発売されます。

「デイズ(デイズハイウェイスター)」は日産と三菱が共同で出資する会社NMKVが、企画と開発を行うモデルで、2013年の初登場以来大きなモデルチェンジは行われていませんでした。

しかし、6年振りとなる今回のモデルチェンジでは、プラットフォーム、エンジン、トランスミッションなど、車の基本構成部分を新しく刷新し、大きく性能の向上を図っています。

特に、エンジンはルノーが設計したものをベースとし、「デイズ」用に開発が行われており、どのようなパフォーマンスを発揮するのかが注目されます。

その他ではドライバー支援の安全運転システムProPILOTを、軽自動車として初めて搭載し、時速0km/hから25km/hにも対応するシステムは、渋滞時の追随も可能となり魅力を高めています。

なお、三菱では「ekワゴン」として発売される新型モデルは、「デイズ」との差別化がこれまで以上に明確となり、カスタムモデルは「ekクロス」に改名されます。

「ekクロス」はSUVテイストを強く意識しており、「デリカ:D5」のフロントに近いデザインを採用し、アグレッシブな表情を作り出しています。

【中継録画】新型軽自動車 #日産デイズ オフライン式
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

日産新型「デイズ」

ハイウェイスターXプロパイロットエディション

新型「デイズ」は日産のデザインアイデンティティである、Vモーショングリルを採用し、精悍さを増す顔立ちにデザインされています。

インテリアは現行モデルより作り込みが進み質感を大きく向上させています。

標準モデルのフロントはVモーショングリルが小さくデザインされ、インテリアもベージュ系のカラーが使われます。

標準モデル、カスタムモデルともにフロントグリルが直立に近く存在感を主張します。特にカスタムモデルのハイウェイスターは、スーパーハイトワゴンに近いイメージをもたせます。

渋滞追随も行うProPILOTはドライバーの負担軽減に大きく貢献しそうです。

三菱「ekワゴン」

「ekクロス」は三菱の新たなフロントフェイスデザイン、ダイナミックシールドを採用し、これまで以上のアグレッシブな表情となっています。

インテリアは「デイズハイウェイスター」と同様にブラックカラー基調で仕上げられます。

標準モデルはヘッドランプの形状が、現行モデルより薄くシャープな印象ですが、全体のフォルムは先代のイメージを引き継いでいます。

三菱ではドライバー支援の安全運転システムをMI-PILOTと名付けています。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1