日産「セレナ」2016年度予防安全性能最高評価

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

「セレナ」の2016年度予防安全性能アセスメント公表

日産「セレナ」ハイウェイスターの2016年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構から公表されました。

2016年度評価項目は、対車両被害軽減ブレーキ(満点32.0点)、対歩行者被害軽減ブレーキ(満点25.0点)、はみ出し警報(満点8.0点)、後方視界情報(満点6.0点)の4つの機能別に評価し、その総合得点が12点を超えると「ASV+」46点を超えると「ASV++」にランク付けされます。

今回のテスト車両「セレナ」ハイウェイスターに搭載される、インテリジェント エマージェンシーブレーキの作動領域と能力は次のように説明されています。

・ 前方の車両や歩行者と衝突する可能性がある場合に作動し、
衝突被害の軽減を図ります。
・ 車速約10~80km/h の範囲で作動します。
(車速約 60km/h以上では、歩行者に対しては作動しません。)
・ 約30km/h 以下で衝突回避の能力があります。

「セレナ」の予防安全性能は「71.0/71.0」の満点評価

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/

「セレナ」ハイウェイスターに搭載される、インテリジェント エマージェンシーブレーキは71.0満点を獲得し、「ASV++」にランク付けされたテスト車両の中で、2016年度の最高評価となっています。

各項目での評価と得点を確認してみます。

車両に対しての被害軽減ブレーキ

セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h
セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CCRm60km/h

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

「AEBS(Autonomous Emergency Braking System)」とは、自動車が横断歩行者との衝突を回避又は衝突速度を下げるために自動でブレーキを操作する装置です。

「FCWS(Forward Collision Warning System)」とは、横断歩行者との衝突の危険性に応じて運転者に制動操作を促す目的で提供される、聴覚及び触覚・視覚情報を用いた警報です。

対車両のテストでは10~60km/h全ての速度域において、衝突を回避し満点「32.0」を獲得しています。

歩行者に対しての被害軽減ブレーキ

セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CPN40km/h
セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h
セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO40km/h
セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO45km/h

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

対歩行者への遮蔽物が無い(CPN)、遮蔽物がある(CPNO)状態のテストでも、それぞれ衝突回避が行われ満点「25.0」を獲得しています。

2016年度テスト車両でこの項目の満点を獲得したのは「セレナ」だけで、高性能を証明しています。

はみ出し警報

セレナ:車線はみ出し警報試験

車線をはみ出すと警報音で確実に警告する動作が確認され満点8.0を獲得しています。

後方視界情報

「セレナ」リアカメラの近接視界、近傍視界、遠方視界ともに視認性に優れていると評価され、満点6.0を得ています。

「セレナ」ハイウェイスターのインテリジェント エマージェンシーブレーキは、2016年度評価において最も優れており、そのシステムのレベルの高さを見せつけた結果となっています。

「セレナ」の試乗記事はこちらです。

日産新型「セレナ」試乗してみた
新型の「セレナ」が話題のプロパイロット技術を搭載していよいよ登場して来ました。プロパイロットは将来の自動運転に繋がるドライバー支援システムです。スタイリングは旧型のイメージを残しつつ、シャープなデザインに生まれ変わり、使い勝手を高める便利な機能も充実させています。機能充実の新型「セレナ」を紹介して行きます。
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1