自動車保険の乗り換えで大事なポイント

自動車保険は複数年での契約も可能ですが、多くの場合は1年で満期を迎え、そのまま現在の保険会社で契約を継続するか、他社の保険に乗り換えるかを決めなければなりません。

保険の見積もりを行って見たところ、他社の自動車保険の補償が自分に合っていたり、同じ補償でも保険料が安かったなどの場合は、保険の乗り換えをしてみたくなります。

今の自動車保険をそのまま使う場合は、継続手続きを行うだけですが、他社の自動車保険へ乗り換える場合は、確認しておくポイントがあります。

スポンサーリンク
試乗記682×171

乗り換えるタイミング

自動車保険は満期になり乗り換えを検討するのが一般的ですが、契約期間の途中でも解約し他の自動車保険へ乗り換えることも可能です。満期を待って乗り換えた場合と、中途解約し乗り換える場合は次のようなことが違います。

満期での乗り換え

自動車保険は無事故であれば、満期で乗り換えると、等級は確実に1つ上がり、満期日を過ぎても7日以内であれば、等級を引き継ぐことができます。

満期での乗り換えでは現在契約中の保険会社に、連絡や特別な手続きをすることなく、新たな保険会社と契約を結ぶことで乗り換えが完了します。

しかし、現在の保険会社と自動更新契約が結ばれている場合は、現在契約中の自動車保険会社に、継続しない旨を伝えることが必要です。また、乗り換える際には、保険の等級を間違えずに伝えておくことも重要です。

保険会社では相互に契約者情報のやり取りをしており、乗り換えた保険会社がこれまで契約していた保険会社に問合せを行い、申請された等級に違いがないかを確認します。このときに実際より高い等級で申請していると、後日、保険料を追加で請求されます。

これと同様に、事故による保険使用の有無も伝える必要があり、保険を使ったことを隠していても、後日、追加の保険料が請求されます。

さらに、間違った内容の申請を、乗り換え先の保険会社に行うと、保険料が適正に支払われていないため、告知義務違反とされ起こした事故に対して、補償が行われない可能性もあるので注意が必要です。

保険契約者の情報確認に遅れが生じるのは、満期日が過ぎ解約が行われないと、今までの保険会社から、乗り換える保険会社に契約者情報が提供されないためです。

なお、自動車保険の更新手続きは、多くの保険会社が3カ月前より可能なので、この頃より他の保険会社から見積りを集め、余裕をもって乗り換えられるように準備することも必要です。

満期での乗り換えでも等級が引き継げない場合

保険の満期を迎え保険会社を乗り換えても、等級が引き継げない場合があります。等級の引継ぎには等級制度の共有化が必要となり、この仕組みに参加していないと等級の引継ぎができません。

国内の通販型を含む損保会社と外資系の損保会社は、この共有化が行われており問題なく等級の引継ぎが可能ですが、自動車共済との共有化は行われていません。

自動車共済でもJA共済や全労済などは、損保会社との共有化が行われており、等級の引継ぎが可能ですが、教職員共済や自治労共済などは等級の引継ぎができません。

自動車保険から自動車共済へまたは、その逆で自動車共済から自動車保険に乗り換えると、等級の引継ぎができない場合があるので注意が必要です。

満期で保険を乗り換えるときのポイント

  • 現在の保険が自動更新となっていないか
  • 保険等級に間違いがないか
  • 事故の有無を正確に伝えたか
  • 自動車保険と自動車共済での乗り換えは等級引き継ぎの確認が必要になる
  • 3カ月前より早期に準備を始める

中途解約しての乗り換え

自動車保険の中途解約を行う場合は、現在加入中の保険会社に申し出を行い、送られてきた書類に記入し保険証書とともに送り返します。このときに、注意するのは解約返戻金と、等級の引継ぎです。

解約返戻金は保険料を一括で支払っている場合に、残りの契約期間に応じてた保険料を戻してもらえます。しかし、戻ってくる金額は日割りで計算されたものではなく、短期率と言う保険会社が独自に定めた保険料が摘要され、日割り計算で戻される額より少ない金額になります。

また、単に中途解約し自動車保険を乗り換えても、等級の引継ぎは行われないので、等級を引き継ぐためには、保険期間通算特則を使う必要があります。

この保険期間通算特則は、中途解約するまでの保険期間と、新しく乗り換えて契約する保険期間を合わせることで、1つの保険契約期間とし扱い、等級の引継ぎができるようにしています。

ただし、保険期間通算特則を適用させるには、中途解約のその日に、乗り換える保険会社との契約が完了し、補償が始まっている必要があります。これを怠ると保険期間通算特則が適用されず、乗り換え後の保険等級は据え置かれ、現在と同じ等級で、もう1年保険料が算出されてしまいます。

等級が引き継げる保険期間通算特則ですが、事故で保険を使用した場合は適用されません。

事故で保険を使用し中途解約で乗り換えた場合は、事故係数ありの等級が下がった状態で、保険料が算出されるため、乗り換え後の保険料が高くなります。しかし、契約中の保険をそのま継続させても、契約期間が終わるまで保険料のアップはありません。

このように事故で保険を使い乗り換えてしまうと、早期に高い保険料を負担することになるので、乗り換えは思い止まるのが賢明です。

中途解約で保険を乗り換えるときのポイント

  • 解約返戻金があるが金額は日割り計算よりも少ない額になる
  • 単に中途解約しても等級の引継ぎができないが、保険期間通算特則を使うとできるようになる
  • 現在の保険の解約日と乗り換える保険の開始日を同じにする必要がある
  • 事故で保険を使っていると保険期間通算特則が適用されない
  • 事故で保険を使用しているときの中途解約は費用負担が大きくなる

乗り換えに必要な書類

1.現在契約している自動車保険の証書(現在の補償内容や契約が存在するかの確認に必要)

2.契約車両の車検証(保険料を算出するための細かな車両情報が必要)

3.運転免許書(免許証の色による割引確認などに必要)

自動車保険乗り換えでのメリット

自動車保険を乗り換えると、どのようなメリットがあるのか考えてみます。

補償内容が充実する可能性がある

損保会社は顧客獲得のため、独自のサービスを打ち出しているので、現在の保険会社にないサービスが、他社の保険会社で受けられる可能性がある。

保険料が安くなる可能性がある

自動車保険の保険料は保険会社が独自に算出し決めています。このため同じ補償内容でも保険料が違い、現在の保険会社よりも安い保険会社が見つかる可能性がある。

新規加入割引が受けられる

新規加入者向けに特別な割引を設定し、初年度に限り保険料が安くなる特典を付けている保険会社もあるので、初年度は保険料を安くすることができる。

自動車保険乗り換えでのデメリット

自動車保険を乗り換えて、デメリットになるところを考えてみます。

中途解約ではリスクが高くなる

中途解約では短期率が適用され保険料が高くなるなど、費用負担が大きくなる場合があり、乗り換えの手続きもやや煩雑になる。

まとめ

自動車保険の乗り換えは満期で手続きを行うのが、手間も少なくメリットを多く受けられます。一括見積サイトなどで満期日の3カ月前より保険料を確認し、準備を早く進めておくと自分が求めていた補償を、納得した金額で契約できる可能性が高くなります。

どうしても、保険期間の中途で解約を行い乗り換える場合は、解約返戻金の金額などを考慮し、乗り換えても費用負担が増えないように、慎重に行動することが必要です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1