日産「ノート e-POWER」ホンダ「フィットハイブリッド」比較してみた

シリーズハイブリッドVSパラレルハイブリッド

モーターで走行するシリーズハイブリッド日産「ノート e-POWER」と、スポーツハイブリッドのホンダ「フィットハイブリッド」を比較してみたいと思います。

「ノート e-POWER」は、「リーフ」と同出力性能のモーターを搭載し、力強い加速力が魅力となっていて、コンパクトカークラスに新たなインパクトを与えています。

特長としてはエンジンを発電専用とすることで、燃焼効率の良い回転域を使用し燃費性能を向上させることが出来ます。

モーターのみで走行するために、日産では「発電機を積んだ電気自動車」と位置づけています。

対する「フィットハイブリッド」は、パラレル方式ハイブリッドを採用する「i-DCD」で、エンジンとモーターを効率よく使い燃費を向上させます。

エンジンの燃費効率が悪い状況ではモーターがカバーし、モーターが不得手な領域はエンジンで走行し燃料消費をコントロールします。

さらに、よりパワーが求められる場面では、エンジンとモーターからパワーが供給されスポーツ走行を支えます。

「フィットハイブリッド」より車両重量が重い「ノート e-POWER」

2WDノートe-POWER XフィットHB・Lパッケージ
全長(mm)4.1003.955
全幅(mm)1.6951.695
全高(mm)1.5201.525
ホイールベース(mm)2.6002.530
トレッド前(mm)1.4801.480
後(mm)1.4851.470
車両重量(kg)1.2101.140
室内寸法長さ(mm)2.0651.935
幅(mm)1.3901.450
高さ(mm)1.2551.280
最小回転半径(m)4.94.9

「ノート e-POWER」と「フィットハイブリッド」のスペックを比較してみます。

全長が4mを超える「ノート e-POWER」に対して、「フィットハイブリッド」は4m以内に収めています。

ホイールベースが長い「ノート e-POWER」は、室内長も長くなっていますが、室内幅、室内高は「フィットハイブリッド」が勝っています。

リアトレッド幅が、「フィットハイブリッド」より広い「ノート e-POWER」は、安定性を得やすい設計となっています。

「ノート e-POWER」の車両重量は、「フィットハイブリッド」より70kg重くなっています。

ちなみに「ノート」“X”のガソリンモデルは、車両重量1,040kgとなっていますので、「ノート e-POWER」“X”は約1.2倍重くなったことになります。

「フィット」は同じグレードがガソリンモデルに存在しませんので、装備内容が近い“XL”と比較してみます。

“XL”の車両重量は1,060kgとなっていますので、「フィットハイブリッド」“Lパッケージ”は約1.08倍重くなったことになります。

このことから判断すると、「ノート」の 「e-POWER」システムは、「フィット」のハイブリッドシステムより重くなっていると考えられます。

パワーでは「フィットハイブリッド」だがトルクは驚異的な「ノート e-POWER」

2WDノートe-POWER XフィットHB・Lパッケージ
エンジン排気量(L)1,1981,496
最高出力(kW[PS]/rpm)58[79]/5,40081[110]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)103[10.5]/3,600-5,200134[13.7]/5,000
モーター最高出力(kW[PS]/rpm)80[109]/3,008-10,00022[29.5]/1,313-2,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)254[25.9]/0-3,008160[16.3]/0-1,313
システム最高出力(kw[PS])101[137]
JC08走行燃料消費率(km/L)34.033.6

パワーユニットの最高出力は、「フィットハイブリッド」が勝っていますが、「ノート e-POWER」の最大トルクは、クラスを大幅に超える数値で「フィットハイブリッド」を上回っています。

燃費性能は僅かながら「ノート e-POWER」が良い数値ですが、ほぼ互角の性能と言えます。

オーソドックスな「ノート e-POWER」新しさを感じる「フィットハイブリッド」

「ノート e-POWER」は、バンパーが存在感を主張するデザインとなっていて、手堅くまとめ上げた印象です。

「フィットハイブリッド」はバンパーのデザインにトレンドを感じさせます。

両車両ともにフロントとリアにクォーターウィンドを持つデザインで、ウェストラインは「フィットハイブリッド」が、よりリアに向かって跳ね上げるラインです。

「ノート e-POWER」はバンパーを認識させるデザインとしていますが、「フィットハイブリッド」はバンパーをボディと一体的に処理し、目立たないデザインとしています。

リアウィンドガラスが「ノート e-POWER」は直立に近くなっていますが、「フィットハイブリッド」は、丸みを帯び傾斜したラインになっています。

「ノート e-POWER」の円形空調操作パネルは、存在感が強くでスマートさに欠けるデザインです。

「フィットハイブリッド」のタッチパネルは、スマートなデザインですが正確性に欠けるのが難点です。

センターに1眼のメーターを配置するのは同じレイアウトですが、メーターパネルの華やかさと未来感は「フィットハイブリッド」に軍配が上がります。

メーターの視認性はオーソドックスですが「ノート e-POWER」が良く、「フィットハイブリッド」は慣れるまでに多少の時間が必要と感じます。

電子式制御のシフトレバーと、レバー式のパーキングブレーキをともに採用しています。

Dシェイプと呼ばれる、下端が水平にカットされたステアリングを「ノート e-POWER」は採用していますが、効果は限定的に思えるデザインです。

ブラックのモノトーンでアクセントカラーを採用する「ノート e-POWER」に対して、「フィットハイブリッド」はブラックで仕上げています。

シートの素材は「ノート e-POWER」がトリコットで、「フィットハイブリッド」はプライムスムース×ファブリックのコンビシートとなっていますが、質感は「フィットハイブリッド」のコンビシートが上回っています。

ノート e-power

フィットハイブリッド

フィットハイブリッド

リアシートのレッグスペースは、ほぼ互角の広さとなっていて、スペックでは「ノート e-POWER」が室内長は長いのですが有利性は感じられません。

加えて「ノート e-POWER」は、運転席、助手席下に駆動用バッテリーの凸があり、足先を滑り込ませるとつま先が干渉しますが、フラットな構造になっている「フィットハイブリッド」は、つま先の自由度が高く楽な姿勢が作り易くなっています。

また、「フィットハイブリッド」は、「ノート e-POWER」より室内幅が広く、ヘッドスペースも高くなっていて、更にシートレイアウトの変更も可能となっています。

リアシートの快適性と機能性では、センタータンクレイアウトを採用する「フィットハイブリッド」に軍配が上がります。

「ノート e-POWER」のラゲッジスペースは、コンパクトカーとして標準的なレベルだと思えますが、「フィットハイブリッド」は、それを超える広いスペースを作り出しています。

リアシートを倒してもフラットにならない「ノート e-POWER」に対して、フルフラットになる「フィットハイブリッド」は、使い勝手が優れていて、さらに広さも「フィットハイブリッド」が勝っています。

エンジンルームに、駆動モーターとインバーターが大きく配置されている「ノート e-POWER」に対して、「フィットハイブリッド」はガソリンモデルと大差ない配置です。

「ノート e-POWER」のタイヤサイズは、185/70R14でタイヤはブリジストンエコピアが装着されています。

「フィットハイブリッド」のタイヤサイズは、185/60R15でタイヤはヨコハマブルーアースが装着されています。

「ノート e-POWER」「フィットハイブリッド」ともに、燃費指向のタイヤを装着しています。

「ノート e-POWER」のタイヤは、オプションで「フィットハイブリッド」と同じサイズが装着できますが、最小回転半径が5.2mと大きくなるので注意が必要です。

 安定性重視の「ノート e-POWER」軽快な「フィットハイブリッド」

「フィットハイブリッド」は、ドライビングポジションによるお尻への影響は少なく、シート位置の自由度は高くなっています。
ダッシュボードが高いために、そうすることも必要となるのですが、低めのポジションをとるとお尻への負担が大きくシートとの相性が良くありません。

シートに収まった印象はやや圧迫感がある(シートを高くするので影響は少ないですが)「ノート e-POWER」に対して、「フィットハイブリッド」は、運転席、助手席のヘッドスペース近くまで、フロントウィンドガラスを張り出させ開放感を作り出しています。

走り出しての印象は、加速力の「ノート e-POWER」キビキビ感の「フィットハイブリッド」と言う感じです。

クラスを超えるトルクを持つ「ノート e-POWER」は、出足鋭くグイグイと前に出て行きコンパクトカーを感じさせない加速力です。

「フィットハイブリッド」は、Sモードを使用するとエンジン主体の走りに切り替わり、発進加速も力強くなるのですが、それでも「ノート e-POWER」には追いつけない感じです。

加速力が鋭い「ノート e-POWER」ですが、コンパクトカーらしいキビキビとした動きは伝わって来ません。

ステアリングの反応もおとなしく、「安定しているな」と思わせるセティングで、サスペンションもそれに合わせているように感じられます。

その安定性を重視した設定のために、クラスを超えた落ち着きが感じられ、車両重量が重いことも相まって2.0Lクラスのドライビング感覚です。

「フィットハイブリッド」は、スポーツハイブリッドと謳うだけあって、ステアリングの反応が早く、ドライブするのが楽しくなるセッティングです。

コンパクトカーらしいキビキビとした動きを伝えて来て、コーナーを曲がるのが面白くなる走りの要素を備えています。

乗り心地は「ノート e-POWER」が、コンパクトカーらしかなぬ落ち着きのあるところを実現させていますが、「フィットハイブリッド」はコンパクトカーの軽さを感じさせます。

室内の静粛性でも「ノート e-POWER」は高く保たれ、エンジンの音も良く遮断されています。

「フィットハイブリッド」もモーター走行では十分静かですが、エンジンが始動するとその鼓動が伝わり高回転域では顕著になります。

「ノート e-POWER」「フィットハイブリッド」の装備の違いと価格を比較

2WDノートe-POWER XフィットHV Lパッケージ
ヘッドランプハロゲン(LEDはオプション)LED
ステアリングウレタン本革
衝突軽減ブレーキ標準(約10km~80km 歩行者と車両 停止している歩行者と車両には60km以下 緊急ブレーキは30km以下標準(約5km~30km車両のみ)
車線逸脱警報標準設定なし
踏み間違い防止アシストオプション標準
SRSカーテンエアバッグシステムオプション標準
クルーズコントロール設定なし標準
エアコンオートフルオート(プラズマクラスター搭載)
リアヒーターダクト設定なし標準
ドアミラー電動格納リモコン式オート電動格納リモコン式(LEDランプ)
センターアームレストオプション標準(コンソールボックス付)
リアセンターアームレスト設定なし標準
テールゲートスポイラーオプション標準
メーカー希望小売価格(円)1,959,0001,959,120

「ノート e-POWER」と「フィットハイブリッド」は、価格がほぼ同じとなっていますが、標準装備は「フィットハイブリッド」が充実しています。

しかし、衝突軽減ブレーキは、「ノート e-POWER」が歩行者まで対応するのに対して、「フィットハイブリッド」のシティブレーキアクティブシステムは、車両のみとなっています。

総合力では「フィットハイブリッド」「ノート e-POWER」はモーターの力と衝突軽減ブレーキの性能が魅力

この2台のコンパクトカーを目的に合わせて選ぶとすると、衝突軽減ブレーキの性能、低中速の加速力(パワーの余裕)、室内の静かさ、乗り心地を重視するなら「ノート e-POWER」です。

SRSカーテンエアバッグシステムと、踏み間違い防止アシストが、標準で装備されないところが残念ですが、衝突軽減ブレーキの性能は「フィットハイブリッド」を上回っています。

「ノート e-POWER」は力強いモーターの加速で、ストレス無くドライブすることができ、室内も静かで落ち着いた乗り心地はコンパクトカーのレベルを超えています。

反面、落ち着き過ぎてドライブする楽しさはあまり伝わって来ません。モーターの力強さを実感してしまうと、ドライビングの楽しみが少ないのも事実です。

反対にドライビングの楽しさ、室内の広さ、使い勝手を重視するなら「フィットハイブリッド」です。

「フィットハイブリッド」は、ガソリンモデルよりも重量が重いにもかかわらず、コンパクトカーらしいキビキビとした操縦性は健在です。

反応の良いステアリングは、コーナーを曲がるのが楽しく、サスペンションもそれを支える軽快なキレのある動きです。

コンパクトボディですが、室内は想像以上の広さを確保して、マルチな用途に使える多様性を備えています。

標準装備が充実しているので、追加の予算を抑えることも可能となっています。

ただ、問題なのは衝突軽減ブレーキ性能が低いことです。

「フィット」が搭載するシティブレーキアクティブシステムは、ホンダが初期に開発したシステムですので、今となっては時代遅れの感は否めません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1