ナンバープレートにアルファベットが追加されます

スポンサーリンク
試乗記682×171

希望ナンバー制度で人気番号が枯渇

国土交通省によりますと、2017年4月以降ナンバープーレートに、アルファベットが導入される模様です。

導入の経緯は、1998年に始まった希望ナンバー制度での希望ナンバーが、東京都、大阪府、愛知県など大都市の都道府県で、取得できなくなる見通しとなったためです。

取得ができなくなる要因は「1」「7」「8」などの特定の番号に、人気が集中してしまった事によります。

このため分類番号のパターンを増やし、ナンバープレート中央の指定番号4桁に、引き続き人気のある番号でも、要望に沿えるようにするためです。

アルファベットが使われるのは、ナンバープーレー地名の右側の分類番号で、表示される分類番号3桁のうちの下2桁に使われるようになります。

使用されるアルファベットは、見やすさと間違えやすさを考慮し、数字に近い「I」「O」は除かれる見通しで、初期に採用されるのは10文字程度の予定です。

今後、どの地域でアルファベットを導入するかなど、詳細を検討していくことになっています。

希望ナンバーの取得方法

では、実際にどのような手続きで、希望の番号をナンバープレート入れることができるのか紹介していきます。

希望ナンバーを申請できる条件

  • 新規登録を行う場合
  • 管轄変更を伴う移転登録又は変更登録を行う場合
  • 現在のナンバープレートが破損、汚損した場合(上記以外の場合はこちらを理由に変更申請ができる)

希望ナンバーで指定できる箇所

  • 4桁以下のアラビア数字の部分のみが自由に選べます

※他の箇所については指定できません

希望ナンバーの種類

希望ナンバーには好みの番号を選択できる一般希望番号と、希望しても人気がある番号のため抽選になる抽選希望番号があります。

抽選希望番号は月~金曜日(インターネットは日曜)までの受付を、翌週月曜日にコンピューターにより抽選します。

全国一律の抽選となる希望番号は以下のようになっています。

なお、特定の地域については平成28年6月13日(月)から抽選希望番号が追加されています。

希望ナンバーの対象となる自動車

  • 登録自動車の自家用と事業用
  • 軽自動車の自家用(車両番号のかな文字が「わ(貸渡)」および「A B(駐留軍)」の車両は対象外)

※二輪車は申し込みできません

希望ナンバーの申し込み場所

  • 運輸支局等の近くにて設置されている「希望番号予約センター」の窓口
  • 郵送、FAX、インターネット

※インターネットのアドレス(一社)全国自動車標板協議会希望番号申し込みサービス【www.kibou-number.jp/

(一社)全国自動車標板協議会サイトから申し込みの場合、流れはこのようになっています。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1