車種別おすすめグレード一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

トヨタ新型「RAV4」おすすめグレードを考えてみる

5代目へとフルモデルチェンジを行った、新型「RAV4」のおすすめするグレードを考えてみます。グレードはガソリンモデルに “Adventure”  “G Zpackage”  “G”  “X” の4つを用意し、ハイブリッドモデルは “HRBRID G”  “HRBRID X” 2グレードの展開です。

「プリウス」(2018/12MC)おすすめグレードを考えてみる

「プリウス」は近年にまれなワイドセレクションを展開し、グレードも多彩で価格もベーシッモデルの2,518,560円から、最上位グレードの3,284,280円まで70万円を超える差があります。この多くのグレードの中から用途に合わせたおすすめモデルを考えてみます。

スズキ「ジムニー」のグレードを用途に合わせ考えてみた

スズキ「ジムニー」の4代目は2018年7月に登場しましたが、予想を超える人気に生産が追い付かない状況が続き、納車まで1年程度もかかるという人気ぶりです。この人気を博している4代目「ジムニー」ですが、グレードはシンプルな3モデルで構成されています。それぞれのグレード装備を比較し違いを確かめてみます。

スズキ「ハスラー」おすすめグレードを考えてみる(2018/11)

スズキの「ハスラー」が特別仕様車“Wanderer”を追加と同時に、グレードの一部仕様変更を行いました。新しくなったトップグレード “J” と、デュアルカメラブレーキを備える “G”、さらに特別仕様車 “Wanderer” の装備と価格を比較し、おすすめグレードを考えてみます。

スズキ「スイフト」XRリミテッドのお買い得度を考えてみる

スズキのコンパクトハッチバック「スイフト」に特別仕様車“XR”リミテッドが追加されました。“XR”リミテッドはベーシックグレード“XG”をベースに、スポーティなテイストで仕上げられた特別仕様車です。“XG”リミテッドに続き登場した特別仕様車“XR”リミテッドのお買い得度を考えてみます。

スズキ「ワゴンR」25周年特別仕様車のお買い得度を検証

スズキ「ワゴンR」が誕生25周年を記念し特別仕様車を発売します。特別仕様車はHYBRID FX リミテッド、HYBRID FZ リミテッド、「スティングレー」HYBRID X リミテッドとして設定されます。3タイプの特別仕様車の装備を検証し、お買い得な車に仕上げられているのか確かめてみます。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)お買い得グレードを考えてみる

2016年に登場した3代目のトヨタ「パッソ」が、2018年10月に存在感を高めるマイナーチェンジを行いました。「パッソ」はトヨタのボトムレンジを担う、コンパクトスモールカーですが、開発と製造はダイハツが行い、軽自動車の技術を使い小型車を作り上げています。お得な価格の「パッソ」のお買い得グレードを考えてみます。

ダイハツリミテッドシリーズのお買い得度を検証してみる

ダイハツがおとくなリミテッド仕様車を、6つの車種に設定し発売しました。リミテッド仕様が追加されたのは、「ウェイク」「タントカスタム」「キャンバス」「ミライース」「ムーヴ」「キャスト」の6つの車種です。今回のリミテッド仕様は、いずれもスマートアシストⅢ搭載車がベースグレードとなり、特別装備が追加されます。

ダイハツ「トコット」の個性を引き出す3つのスタイル

新しいベーシックカーとしてダイハツが提案する「トコット」は、セットオプションとされた、3つのスタイルパッケージを用意しています。このパッケージはアナザースタイルパッケージと呼ばれ、スィートスタイル、エレガントスタイル、クールスタイルで構成され、「トコット」をさりげなく個性的なクルマに仕上げています。

スズキ「ハスラー」タフワイルドのお得度を検証する

人気を集めるスズキの「ハスラー」にタフワイルドが登場しました。「ハスラー」タフワイルドはGグレードをベースに、Aピラー、ルーフ、リヤクォーターパネルがブラックで塗装され、2トーンカラーの外観をもつ特別仕様車です。ブラック塗装の使い方で、これまでにない精悍なイメージへと変身したタフワイドのお得度を検証してみます。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171