HONDA一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ホンダ「CR-V」おすすめのグレードを考えてみる

2年ぶりに国内へ回帰したホンダ新型「CR-V」のおすすめグレードを考えてみます。初代の「CR-V」は5ナンバーサイズを僅かに超える、1,750mmの全幅で登場しましたが、回帰した5代目「CR-V」は1,855mmも全幅があり、堂々としたミドルクラスのSUVに成長しています。

ホンダが提案する「N-VAN」の使い方とその価格

ホンダの新しい軽バン「N-VAN」が、趣味と仕事において使い方を提案しています。趣味では車中泊、サーフィン、フィッシング、バイク、自転車での使い方で、仕事では「運輸・宅配」「修理・サービス」「クリーニング店」「酒類販売店」「建築・設備」「水産・農業」「電気設備」「生花店」の業種において使い方を提案しています。

ホンダ「ヴェゼル」特別仕様車ブリリアント スタイルエディションのお得度を検証してみる

ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」に、特別仕様車 HYBRID X・Honda SENSING ブリリアント スタイルエディションが追加されています。この特別仕様車は5つの装備が標準で備わる仕様で、他のグレードには無いボディカラーも選択可能となっています。この特別仕様車のお得度を検証してみたいと思います。

ホンダ「フリード」お勧めのグレードを考えてみる

2016年9月に登場した2代目ホンダ「フリード」は、Honda SENSING 、i-DCD を搭載し、予防安全性能と走行・燃費性能を大きく進歩させています。3列目シートを持つミニバンとしては、コンパクトで使い易いサイズとなっているコンパクトミニバン「フリード」の、装備を比較しお勧めのグレードを考えてみます。

ホンダ「フィット」(2017/6mc)お勧めグレードを考えてみる

マイナーチェンジされ最新の Honda SENSING を搭載した「フィット」の発売が開始されました。「フィット」はハイブリッドモデルと、ガソリンモデルをラインアップに揃え、コンパクトカーらしからぬ広い室内と、切れのある走りを実現させています。この「フィット」の装備を比較しお勧めのグレードを考えてみました。

ホンダ「N-WGN」の特別仕様車は本当にお得なのか

ホンダのベーシックポジションも受け持つ「N-WGN」に、特別仕様車が追加されています。「N-WGN」と「N-WGNカスタム」では、特別仕様車が異なる方向性を持って仕上げられています。このそれぞれの方向性を持つ特別仕様車は、通常のグレードと比較するとお得なのかを考えてみます。

ホンダ新型「N-BOX」お勧めグレードを考える

日本で今最も売れている車、ホンダの「N-BOX」がフルモデルチェンジされ登場しました。新型「N-BOX」では、安全運転支援システム Honda SENSING を、ホンダの軽自動車で初めて搭載し、予防安全性能も大きく進歩させています。この新型「N-BOX」のグレードと装備を比較し、お勧めする車を考えてみます

ホンダ「フィット」の特別仕様車は360°紫外線カットが魅力です

ホンダ「フィット」はコンパクトカーでありながら、広い室内とキビキビ感が光る走りが楽しい車です。「フィット」はハイブリッドモデルとガソリンモデルを用意し、特別仕様車を含め超ワイドセレクションと言える構成です。幅広い「フィット」のグレードを比較してお買い得となるモデルを探してみます。

ホンダ「N-ONE・Premium」特別仕様車SSブラウンスタイルパッケージのコスパが高い

ホンダ「N-ONE」は丸いスタイリングに親しみ易さを感じさせる車です。上質の軽自動車を目指して開発された「N-ONE」は、さらに品質を追求した「N-ONE Premium」もシリーズ展開し、グレードは多くなっています。この両モデルの多いグレードでは、どのモデルがおすすめとなるのか、比較して考えてみます。

ホンダ「N-BOX・カスタム」特別仕様車はかなりお得です

ホンダ「N-BOX」シリーズは発売以来人気を博していますが、グレードも多く特別仕様車も登場して車選びは少々複雑になっています。今回は「N-BOX」と「N-BOX」カスタムで、それぞれのグレードを徹底比較しお買い得なモデルを探していきます。「N-BOX」と「N-BOX」カスタムはこのグレードで決まりです。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171