車種別おすすめグレード一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

スバル新型「フォレスター」おすすめグレードを考えてみる

スバル「フォレスター」がフルモデルチェンジを行い、5代目となる新型モデルが登場しました。この5代目となる新型「フォレスター」の装備を点検し、おすすめとなるモデルを考えてみます。新型「フォレスター」のグレードはTouring、Premium、X-BREAK、Advanceの4タイプで構成されます。

ホンダ「CR-V」おすすめのグレードを考えてみる

2年ぶりに国内へ回帰したホンダ新型「CR-V」のおすすめグレードを考えてみます。初代の「CR-V」は5ナンバーサイズを僅かに超える、1,750mmの全幅で登場しましたが、回帰した5代目「CR-V」は1,855mmも全幅があり、堂々としたミドルクラスのSUVに成長しています。

ダイハツ「トコット」おすすめのグレードを考えてみた

ダイハツより新しく女性に向けた車として登場した「トコット」の、おすすめグレードを考えてみます。「トコット」は「カワイイ」からの決別を図り、ムダな装飾を省いたシンプルなデザインが特徴の車で、これまでの考えを覆すスタイリングです。新しく登場した「トコット」の、おとくに乗れるグレードを考えてみました。

トヨタ「カローラスポーツ」おすすめのグレードを考えてみた

2018年6月国内に向けて発表された「カローラ」は、「カローラ ハッチバック」ではなく、「カローラ スポーツ」の名で登場して来ました。グレードは G GX GZ の3タイプが用意され、パワーユニットはハイブリッドと、ガソリンターボモデルが選択可能です。新登場した「カローラ スポーツ」のおすすめグレードを考えます

ホンダが提案する「N-VAN」の使い方とその価格

ホンダの新しい軽バン「N-VAN」が、趣味と仕事において使い方を提案しています。趣味では車中泊、サーフィン、フィッシング、バイク、自転車での使い方で、仕事では「運輸・宅配」「修理・サービス」「クリーニング店」「酒類販売店」「建築・設備」「水産・農業」「電気設備」「生花店」の業種において使い方を提案しています。

ダイハツ「タント カスタム」特別仕様車 X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”のお得度を考える

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント カスタム」に、特別仕様車「X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”」が追加されました。この「タントカスタム」に追加された、特別仕様車「X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”」を、ベース車両と比較しお得度を検証してみます。

ダイハツ「タント」特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”のお得度を考える

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」に特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」が追加されました。「 X“リミテッド SA Ⅲ”」は「X“SA Ⅲ”」をベースに特別装備が施された車両です。この特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」のお得度を検証してみます。

スズキ「スイフト」XGリミテッドのお得度を考えてみる

2018年RJCカーオブザイヤーを獲得したスズキ「スイフト」に、特別仕様車“XG”リミテッドが登場しました。“XG”リミテッドは、「スイフト」のベーシックグレードとなる“XG”をベースに装備を追加しています。外観ではクロームメッキが追加され、上級グレードと同じ顔付きとなった“XG”リミテッドの得度を考えてみます

トヨタ「ヴォクシー」特別仕様車「煌」のお得度を検証してみる

トヨタのミドルサイズミニバン「ヴォクシー」に特別仕様車「煌」が追加されました。「ヴォクシー煌」はそのネーミングが示すように、光り物を多く取り入れた特別装備が施され、趣味性が強く個性を主張する車です。通常のグレードと比較して、どのような価格に設定されているのかお得度を評価してみます。

トヨタ「ノア」特別仕様車「“W×B”」のお得度を検証してみた

トヨタの5ナンバーサイズミニバン「ノア」に特別仕様車「W×B」が追加されました。2017年7月にはマイナーチェンジを行い、大人しいスタイルからスポーティーなスタイルへと変わりっています。「ノア」に追加された特別仕様車は、通常のグレードと比較してどの程度のお買い得なのでしょうか。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171