車種別おすすめグレード一覧

ダイハツ「タント・カスタム」選ぶならこのグレードです

「タント」は軽自動車スーパーハイトワゴンのパイオニアです。軽自動車の限られた室内スペースを、全高を高くすることで拡大させ、使い勝手を高めました。このコンセプトは高い支持を受け、高い人気を保ち続けています。「タント」「タントカスタム」それぞれのシリーズで、お買い得となるグレードを徹底比較してみました。

トヨタ「シエンタ」特別仕様車G Cuero のお得度を検証してみた

トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に特別仕様車 G Cuero が登場しました。 G Cuero はライバルの、ホンダ「フリード」に対しアドバンテージを保つために、投入されたと思えるモデルです。特別仕様車 G Cuero とノーマルグレードとの装備内容を比較し、そのお買い得度を検証してみたいと思います。

ホンダ「ヴェゼル」特別仕様車ブリリアント スタイルエディションのお得度を検証してみる

ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」に、特別仕様車 HYBRID X・Honda SENSING ブリリアント スタイルエディションが追加されています。この特別仕様車は5つの装備が標準で備わる仕様で、他のグレードには無いボディカラーも選択可能となっています。この特別仕様車のお得度を検証してみたいと思います。

スバル新型「XV」お勧めのグレードを考える

スバル「XV」に3代目となる新型モデルの登場です。エンジン排気量は1.6Lと2.0Lが用意され、AWDにはXモードが搭載されています。この新型「XV」の各グレードに、必要とされるオプション装備を追加し、価格を比較してお勧めとなるグレードを考えてみます。

特別仕様車 特「プリウス」のお得度を検証してみた

爆売れの「プリウス」に特別仕様車S“Safety Plus”が追加されました。SグレードをベースにToyota Safety Sense Pや、上位Aグレードにしか装備されない機能を標準装備しています。特「プリウス」とも言われる特別仕様車S“Safety Plus”のお得度を検証してみます。

特別仕様車 特「アクア」のお得度を検証してみた

発売以来、常に販売台数上位をキープするコンパクトハイブリッド「アクア」に特別仕様車が追加されています。特別仕様車は2グレード設定されていて、S“Style Black”は特「アクア」とも言われています。特「アクア」を含めた特別仕様車のお得度を検証してみたいと思います。

日産「セレナ」プロパイロットエディションは期間限定で発売

同一車線自動運転技術プロパイロットを搭載できる「セレナハイウェイスター」に、プロパイロットを標準で装備した、特別仕様車プロパイロットエディションが、2017年3月までの期間限定で発売されています。プロパイロットが標準で装備されるプロパイロットエディションは、どの程度のお得度となっているのか比較してみました。

ホンダ「フリード」お勧めのグレードを考えてみる

2016年9月に登場した2代目ホンダ「フリード」は、Honda SENSING 、i-DCD を搭載し、予防安全性能と走行・燃費性能を大きく進歩させています。3列目シートを持つミニバンとしては、コンパクトで使い易いサイズとなっているコンパクトミニバン「フリード」の、装備を比較しお勧めのグレードを考えてみます。

ホンダ「フィット」(2017/6mc)お勧めグレードを考えてみる

マイナーチェンジされ最新の Honda SENSING を搭載した「フィット」の発売が開始されました。「フィット」はハイブリッドモデルと、ガソリンモデルをラインアップに揃え、コンパクトカーらしからぬ広い室内と、切れのある走りを実現させています。この「フィット」の装備を比較しお勧めのグレードを考えてみました。

ホンダ「N-WGN」の特別仕様車は本当にお得なのか

ホンダのベーシックポジションも受け持つ「N-WGN」に、特別仕様車が追加されています。「N-WGN」と「N-WGNカスタム」では、特別仕様車が異なる方向性を持って仕上げられています。このそれぞれの方向性を持つ特別仕様車は、通常のグレードと比較するとお得なのかを考えてみます。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171