SUZUKI一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

スズキ「ジムニー」のグレードを用途に合わせ考えてみた

スズキ「ジムニー」の4代目は2018年7月に登場しましたが、予想を超える人気に生産が追い付かない状況が続き、納車まで1年程度もかかるという人気ぶりです。この人気を博している4代目「ジムニー」ですが、グレードはシンプルな3モデルで構成されています。それぞれのグレード装備を比較し違いを確かめてみます。

スズキ「ハスラー」おすすめグレードを考えてみる(2018/11)

スズキの「ハスラー」が特別仕様車“Wanderer”を追加と同時に、グレードの一部仕様変更を行いました。新しくなったトップグレード “J” と、デュアルカメラブレーキを備える “G”、さらに特別仕様車 “Wanderer” の装備と価格を比較し、おすすめグレードを考えてみます。

スズキ「スイフト」XRリミテッドのお買い得度を考えてみる

スズキのコンパクトハッチバック「スイフト」に特別仕様車“XR”リミテッドが追加されました。“XR”リミテッドはベーシックグレード“XG”をベースに、スポーティなテイストで仕上げられた特別仕様車です。“XG”リミテッドに続き登場した特別仕様車“XR”リミテッドのお買い得度を考えてみます。

スズキ「ワゴンR」25周年特別仕様車のお買い得度を検証

スズキ「ワゴンR」が誕生25周年を記念し特別仕様車を発売します。特別仕様車はHYBRID FX リミテッド、HYBRID FZ リミテッド、「スティングレー」HYBRID X リミテッドとして設定されます。3タイプの特別仕様車の装備を検証し、お買い得な車に仕上げられているのか確かめてみます。

スズキ「ハスラー」タフワイルドのお得度を検証する

人気を集めるスズキの「ハスラー」にタフワイルドが登場しました。「ハスラー」タフワイルドはGグレードをベースに、Aピラー、ルーフ、リヤクォーターパネルがブラックで塗装され、2トーンカラーの外観をもつ特別仕様車です。ブラック塗装の使い方で、これまでにない精悍なイメージへと変身したタフワイドのお得度を検証してみます。

スズキ「スイフト」XGリミテッドのお得度を考えてみる

2018年RJCカーオブザイヤーを獲得したスズキ「スイフト」に、特別仕様車“XG”リミテッドが登場しました。“XG”リミテッドは、「スイフト」のベーシックグレードとなる“XG”をベースに装備を追加しています。外観ではクロームメッキが追加され、上級グレードと同じ顔付きとなった“XG”リミテッドの得度を考えてみます

スズキ「バンディット」Fリミテッドお得度を考察する

スズキのコンパクトミニバン「バンディット」に特別仕様車Fリミテッドが登場しました。Fリミティッドはこれまでの「バンディット」から考えると、それよりも上の年齢層を意識しているのではないかと思えるカラーリングで造られています。装備内容も充実させたFリミティッドのお得度を検証してみます。

スズキ「スペーシアカスタムZ」お得度を検証してみた

スズキ「スペーシアカスタム」に「スペーシアカスタムZ」シリーズが追加されました。「スペーシアカスタムZ」は「スペーシアカスタム」と、スタイリングでは差別化が図られていますが、価格を比較すると、どのような設定で販売されているのでしょうか。スズキの軽スーパーハイトワゴンの価格を比べてみます。

スズキ「ハスラー」に特別仕様車 Fリミテッド登場

人気の軽自動車SUVスズキ「ハスラー」に、特別仕様車 F リミテッドが登場しました。既に「ハスラー」は、 J スタイルの特別仕様を発売していますが、それに続く第二弾の特別仕様車になります。F リミテッドは、中間グレードの G をベースに作り上げられています。特別仕様車 F リミテッドのお得度を検証してみました。

スズキ「ソリオ バンディット」お得なハイブリッドはどちらか

スズキ「ソリオ」にハイブリッドモデルが登場しました。これまでのマイルドハイブリッドは、モーターパワーで、エンジンをアシストしていましたが、ハイブリッドはモーター単独でのEV走行を可能としています。二つのハイブリッドをラインアップする「ソリオ」ですが、どちらのモデルがお得度が高いのでしょうか比較してみました。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171