TOYOTA一覧

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

トヨタ新型「RAV4」おすすめグレードを考えてみる

5代目へとフルモデルチェンジを行った、新型「RAV4」のおすすめするグレードを考えてみます。グレードはガソリンモデルに “Adventure”  “G Zpackage”  “G”  “X” の4つを用意し、ハイブリッドモデルは “HRBRID G”  “HRBRID X” 2グレードの展開です。

「プリウス」(2018/12MC)おすすめグレードを考えてみる

「プリウス」は近年にまれなワイドセレクションを展開し、グレードも多彩で価格もベーシッモデルの2,518,560円から、最上位グレードの3,284,280円まで70万円を超える差があります。この多くのグレードの中から用途に合わせたおすすめモデルを考えてみます。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)お買い得グレードを考えてみる

2016年に登場した3代目のトヨタ「パッソ」が、2018年10月に存在感を高めるマイナーチェンジを行いました。「パッソ」はトヨタのボトムレンジを担う、コンパクトスモールカーですが、開発と製造はダイハツが行い、軽自動車の技術を使い小型車を作り上げています。お得な価格の「パッソ」のお買い得グレードを考えてみます。

トヨタ「カローラスポーツ」おすすめのグレードを考えてみた

2018年6月国内に向けて発表された「カローラ」は、「カローラ ハッチバック」ではなく、「カローラ スポーツ」の名で登場して来ました。グレードは G GX GZ の3タイプが用意され、パワーユニットはハイブリッドと、ガソリンターボモデルが選択可能です。新登場した「カローラ スポーツ」のおすすめグレードを考えます

トヨタ「ヴォクシー」特別仕様車「煌」のお得度を検証してみる

トヨタのミドルサイズミニバン「ヴォクシー」に特別仕様車「煌」が追加されました。「ヴォクシー煌」はそのネーミングが示すように、光り物を多く取り入れた特別装備が施され、趣味性が強く個性を主張する車です。通常のグレードと比較して、どのような価格に設定されているのかお得度を評価してみます。

トヨタ「ノア」特別仕様車「“W×B”」のお得度を検証してみた

トヨタの5ナンバーサイズミニバン「ノア」に特別仕様車「W×B」が追加されました。2017年7月にはマイナーチェンジを行い、大人しいスタイルからスポーティーなスタイルへと変わりっています。「ノア」に追加された特別仕様車は、通常のグレードと比較してどの程度のお買い得なのでしょうか。

トヨタ「C-HR LED Edition」のお得度を検証してみる

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車「LED Edition」が追加されました。「LED Edition」は個性の強い「C-HR」の雰囲気が、一層引き立つLEDランプを、フロントとリアに標準装備しています。追加された「LED Edition」のお得度を検証してみました。

トヨタ「プリウス」特別仕様車のお得度を考えてみる

トヨタTNGA第1号車「プリウス」に特別仕様車が登場しました。特別仕様車として追加されたのは、「プリウス」Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited” 、S “Safety Plus”、S “Safety Plus・Two Tone” です。このお得度を考えてみます。

トヨタ「シエンタ」特別仕様車G Cuero のお得度を検証してみた

トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に特別仕様車 G Cuero が登場しました。 G Cuero はライバルの、ホンダ「フリード」に対しアドバンテージを保つために、投入されたと思えるモデルです。特別仕様車 G Cuero とノーマルグレードとの装備内容を比較し、そのお買い得度を検証してみたいと思います。

特別仕様車 特「プリウス」のお得度を検証してみた

爆売れの「プリウス」に特別仕様車S“Safety Plus”が追加されました。SグレードをベースにToyota Safety Sense Pや、上位Aグレードにしか装備されない機能を標準装備しています。特「プリウス」とも言われる特別仕様車S“Safety Plus”のお得度を検証してみます。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171