スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

自動車保険の気になる特約4つ

自動車保険は自由化をきっかけに、保険会社が独自に保険料を設定することや、特色あるサービスを提供することが可能となりました。この特色あるサービスが自動車保険の特約と呼ばれるもので、よりきめ細かな特約で他社との違いを明確にし、自社の有利性をアピールする部分になっています。

スズキ「スティングレー」見積り交渉してみた(2018/6)

スズキのスペシャリティー軽自動車「スティングレー」の見積もりを行ってみました。「スティングレー」は「ワゴンR」のカスタム仕様にあたるモデルで、4代目となる現行車はこれまでのスタイルを大きく変え、2017年2月に発売が開始されています。今回見積もりを行ったグレードはHYBRID “ X ” です。

マツダ「アクセラ」2016年度予防安全性能評価第2位

マツダ「アクセラ」の2016年度予防安全性能評価を、独立行政法人自動車事故対策機構が公表しています。「アクセラ」に搭載される被害軽減ブレーキ「アドバンストSCBS & SBS」は、評価試験で満点に迫る得点を獲得し、高い安全性を発揮しています。

こんな時に役立つ対物超過修理費用特約

自動車保険の対物賠償保険は無制限を契約しているので、どのような物損事故に対しても補償は大丈夫と思いがちですが、実はそうではありません。対物賠償保険で補償されるのは損害を受けた車の時価額とされています。これを超えた修理費は補償されません。このような場合でも対物超過修理費用特約なら修理費が補償されます。

事故のとき心強い弁護士費用特約

自動車保険に加入していると、保険会社が示談交渉を相手方又は相手方の保険会社と行いますが、自分に過失がなく相手方に一方的な責任がある事故では、保険会社に支払義務がないために示談交渉が行えません。この場合自分に代わり賠償交渉を行えるのが弁護士です。このときにかかる弁護士費用の補償を行うのが弁護士費用特約です。

スズキ新型「ジムニー」2018年7月に登場

スズキの「ジムニー」「ジムニーシエラ」が、4代目となり2018年7月にデビューします。先代から20年振りのフルモデルチェンジです。「ジムニー」は軽自動車(シエラは小型車規格)でありながら、高い走破性をもち、日本の狭い林道にはそのコンパクトな車体がマッチし、林業などを営むプロの間でも引き合いが強いことでも有名です

日産「セレナ」2016年度予防安全性能最高評価

日産「セレナ」ハイウェイスターの2016年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構から公表されました。「セレナ」に搭載される被害軽減ブレーキは、実施される4つのテスト項目全てにおいて満点を獲得し、「ASV++」にランク付けされる2016年度テスト車両の中で最高評価となっています。

家族の原付がお得になるファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約は自動車保険の本契約に付帯することで、125cc以下の原動機付自転車搭乗中の事故を補償する特約です。ファミリーバイク特約には任意のバイク保険よりも有利な点も多くあり、家族の原動機付自転車の補償をお得な保険料で入ることができます。小さな原動機付自転車ですが補償はしっかりと備えておきましょう。

日産「ノート」2017年度予防安全性能評価満点を獲得

日産「ノート」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構から公表されました。「ノート」に搭載されるインテリジェント エマージェンシーブレーキは、単眼カメラのみのシンプルな構成で、衝突回避を支援するシステムを作り上げています。「ノート」の予防安全性能はどのような評価を残したのでしょうか。

自動車保険での家族の範囲

自動車保険では家族の言葉が良く使われ、家族であったために補償されたり、家族であるが故に補償外におかれたりと、重要な部分の区切りで家族は良く使われています。 自動車保険での家族と決められている範囲は、通常私たちが認識しているものとは少し違う部分があるので、良く確認しておきましょう。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171