スズキ新型「スペーシアカスタム」(2017/12FMC)試乗してみた

「スズキ」の軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」が、フルモデルチェンジされ2代目となるモデルの登場です。新型「スペーシア カスタム」では、先代「カスタムZ」を引き継ぐような、高さのある大きなフロントグリルが与えられ、存在感が増すフロントデザインとなっています。新型「スペーシア カスタム」ターボ試乗してみました。

トヨタ「カローラ フィールダー」(2017/10MC)試乗してみた

トヨタの大衆車として長年親しまれて来ている「カローラ」が、2017年10月に2度目となるマイナーチェンジを実施しました。フロントの意匠変更が行われ華やかでスポーティなデザインとなり、インテリジェントクリアランスソナーも備わり安全性能を進歩させています。11代目となる「カローラ」試乗してみました。

ホンダ「ステップワゴン ハイブリッド」試乗してみた

ホンダ「ステップワゴン」がマイナーチェンジされ待望のハイブリッドモデルが登場しました。ハイブリッドモデルが追加されたのは、「スパーダ」系で同時にフロントデザインも変更され、存在感を高める顔付きとなっています。ハイパワーツインモーターを搭載した「ステップワゴン」は、どのように進化したのでしょうか。試乗してみました

ホンダ新型「シビック ハッチバック」試乗してみた

ホンダ主力車種の一つである「シビック」が7年のブランクを経て国内での販売を開始しました。新型の「シビック」はロー&ワイドの地面に張り付くようなフォルムで、スタイリッシュさが強調されるエクステリアデザインです。パワーに優れる1.5Lターボエンジンを積む「シビック ハッチバック」はどのような走りをみせるのでしょうか

日産新型「リーフ」試乗してみた

日産の電気自動車「リーフ」に新型モデルが登場します。新型「リーフ」は2代目のモデルとなりますが、その世界累計販売台数は28万台を記録していて、世界で最も売れている電気自動車となっています。実用的な電気自動車として、世界で初めて市販された「リーフ」の新型車は、どのような性能向上をみせているのでしょうか。

スズキ新型「スイフト スポーツ」試乗してみた

スズキのホットハッチ新型「スイフトスポーツ」の登場です。4代目となる新型「スイフトスポーツ」は、歴代で初となる3ナンバーのワイドボディとなり、安定感を一層際立たせています。新たに1.4Lターボエンジンを搭載した新型「スイフトスポーツ」は、どのような走りを魅せるのでしょうか。「スイフトスポーツ」試乗してみました。

ホンダ新型「N-BOX」カスタム(2017FMC)試乗してみた

人気を誇るホンダ「N-BOX」がフルモデルチェンジされ、2代目となるモデルが登場しました。新型「N-BOX」は初代モデルのイメージを踏襲していて、スタイリングは変化が少なくなっていますが、その中身や内容は先代を超える大きな改良が施されて大幅な進化を遂げています。新型「N-BOX カスタム」ターボ試乗してみました

トヨタ「ヴィッツ」見積りしてみた

トヨタネッツ店で販売されるコンパクトカー「ヴィッツ」が、9月の決算期限定でキャンペーンを行っています。通常の値引き額を大幅に超える条件が出されていて販促に力が入っています。2017年1月のマイナーチェンジで、「ヴィッツ」にもハイブリッドがラインアップに加わりましたので、ハイブリッド車にお得に乗れるチャンスです。

お互いがもう続けたく無いマクラーレンとホンダ提携解消

2015年より開始されたマクラーレンとホンダのパートナーシップの解消が正式に発表されました。本来なら長期の提携契約が結ばれており、それを履行する義務があるのですが、マクラーレン側の強い要望により中途での解消となりました。マクラーレンとホンダの今後置かれる状況について考えてみました。

トヨタ「ヴィッツ」「アクア」比較してみた

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」と「アクア」は、その手頃なサイズから、誰にでも扱い易い車として高い人気を持っています。「ヴィッツ」にも待望のハイブリッドシステムが搭載され、両車の関係は益々近づいたと思えるのですが、実際のところはどうなのでしょうか。「ヴィッツ ハイブリッド」と「アクア」を比較してみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告