スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ダイハツ新型タント2019年7月登場

軽スーパーハイトワゴンの元祖ダイハツ「タント」が、フルモデルチェンジを行い2019年7月に4代目が登場します。新型「タント」はDNGAの導入により、プラットフォームやエンジン、トランスミッション、サスペンションに至るまでを新開発し、基本性能を大幅にレベルアップさせています。次世代を担う新型「タント」発進です。

トヨタ「RAV4」ホンダ「CR-V」比較してみた

米市場を中心に世界で販売台数を競うトヨタ「RAV4」と、ホンダ「CR-V」は20年を超える長いライバル関係にあります。両モデルともに国内では一時販売が中止されていましたが、SUV人気もあり再び国内でも販売が開始されます。ミドルサイズのSUVとして成長した5代目の「RAV4」と「CR-V」を比較してみます。

トヨタ新型「RAV4」おすすめグレードを考えてみる

5代目へとフルモデルチェンジを行った、新型「RAV4」のおすすめするグレードを考えてみます。グレードはガソリンモデルに “Adventure”  “G Zpackage”  “G”  “X” の4つを用意し、ハイブリッドモデルは “HRBRID G”  “HRBRID X” 2グレードの展開です。

トヨタ「RAV4」スバル「フォレスター」比較してみた

アクティブなスタイルとなり、ワイルドイメージを強調する新型「RAV4」と、キープコンセプトで現行モデルへとチェンジした「フォレスター」を比べてみます。世界で販売され支持を集めるミドルクラスのSUV「RAV4」と「フォレスター」は、どんな魅力を備えているのでしょうか。

トヨタ新型「RAV4」試乗してみた

トヨタ新型「RAV4」が3年の空白期間を経て国内へ登場しました。新型の「RAV4」は多角形のデザインを多用することで、、悪路走行が似合うワイルドなスタイリングに仕上げ、ハードな走行をイメージする車となっています。都会的なSUVとは違う逞しさを表現する新型「RAV4」は、どのような魅力を秘めているのでしょうか。

2019年度版ドライブレコーダーを考えてみる

2017年6月の東名高速道路での煽り運転死亡事故発生以来、事故内容を記録するための機器として、ドライブレコーダーが注目され販売を伸ばしています。ドライブレコーダーの必要性を感じていた人達が、一気に購入に踏み切ったものと思われます。今回は煽り運転に有効な対策となる、2カメラドライブレコーダーを比べてみます。

日産「デイズ」三菱「ekクロス」価格を比較してみた

日産「デイズ」と三菱「ekクロス」は同じプラットフォームを共用し造られる姉妹車です。そのため性能は同じですが、外観を構成するパーツを変えることで、違う車のように仕上げています。今回の「デイズ ハイウェイスター」と「ekクロス」では、その傾向が顕著ですが価格はどのように設定されているのでしょうか。

三菱新型「ekクロス」試乗してみた

三菱自動車より新型「ekクロス」が登場しました。「ekクロス」は先代「ekカスタム」の後継となるモデルですが、SUV指向を強く打ち出しています。その特徴はフロントフェイスを作る、三菱のダイナミックシールドデザインで、アグレッシブで個性的な顔を演出しています。注目を集める「ekクロス」試乗してみました。

三菱「ekクロス」見積り交渉してみた

三菱自動車から新たに登場した「ekクロス」の見積りを行ってみました。「ekクロス」は「ekカスタム」の後継を担うモデルですが、SUV色を強めこれまでとは違う雰囲気で仕上げられています。ダイナミックシールドデザインで、個性的な顔だちとなった「ekクロス」の値引額を調べてみました。

日産新型「デイズ」(2019/3/28FMC)見積り交渉してみた

6年ぶりにフルモデルチェンジされ登場した、2代目日産新型「デイズ」の見積り交渉を行ってみました新型「デイズ」ではプラットフォームから、パワートレーンに至るまでを新開発したモデルですが、このように全てを刷新した車を登場させるのは、日産にとっても1年半振りとなるだけに販売にも力が入りそうです。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171