スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ホンダ「N-ONE・Premium」特別仕様車SSブラウンスタイルパッケージのコスパが高い

ホンダ「N-ONE」は丸いスタイリングに親しみ易さを感じさせる車です。上質の軽自動車を目指して開発された「N-ONE」は、さらに品質を追求した「N-ONE Premium」もシリーズ展開し、グレードは多くなっています。この両モデルの多いグレードでは、どのモデルがおすすめとなるのか、比較して考えてみます。

スズキ「ハスラーJスタイルⅡ」試乗してみた

スズキの「ハスラー」に「Jスタイル」に続き「JスタイルⅡ」が投入されました。「JスタイルⅡ」は、これまでの「ハスラー」の特徴でもある、カラフルなインテリアカラーを止め、シックなブラック基調のインテリアとなり、落ち着きを感じさせるデザインとなっています。今回「JスタイルⅡ」4WDの試乗を行い確かめてみました。

スズキ新型「イグニス」試乗してみた

スズキ新型「イグニス」は、今までに無いサイズのSUVで、スモールコンパクトSUVとも呼ぶべき車です。1.2Lエンジンを搭載し、インテリアはポップな色使いで楽しく遊べる雰囲気を伝えて来ます。アグレッシブSUV「イグニス」のトップグレードMZフルタイム4WDの試乗を行い、この車の持つ魅力と走りを検証してみました。

ホンダ「ヴェゼル」マツダ「CX-3」比較してみた

国内では取り回しのし易さから、人気の高いコンパクトSUVホンダ「ヴェゼル」とマツダ「CX-3」。両車種ともスタイリッシュなボディデザインですが、ターゲットとする購買層は違っているようです。「ヴェゼル」と「CX-3」両車種の狙いとするユーザーは又、走りの違いや特長はどの辺りにあるのか比較してみました。

ホンダ「ヴェゼル」試乗してみた

人気を集めるコンパクトSUVにホンダが投入したのが「ヴェゼル」です。クーペのようなスタイリッシュなボディに、ハイブリッドとガソリンモデルを展開し、発売後の2014、2015年と国内SUVの年間新車販売台数No.1の座を保っています。今回ハイブリッドモデルのトップグレードとなるハイブリッドZの試乗をお届けします。

ホンダ「フィットハイブリッド」マツダ「デミオXD」比較してみた

ホンダ「フィットハイブリッド」は、コンパクトカーにハイブリッドシステムを搭載し、尚且つ走りの性能を追求した車です。対するマツダ「デミオXD」は、クリーンディーゼルターボエンジンを搭載して、走りと環境性能の両立を目指しています。それぞれ異なるアプローチで、魅力を放つ両車種の走りや室内の広さなど比べてみました。

ホンダ「N-BOX・カスタム」特別仕様車はかなりお得です

ホンダ「N-BOX」シリーズは発売以来人気を博していますが、グレードも多く特別仕様車も登場して車選びは少々複雑になっています。今回は「N-BOX」と「N-BOX」カスタムで、それぞれのグレードを徹底比較しお買い得なモデルを探していきます。「N-BOX」と「N-BOX」カスタムはこのグレードで決まりです。

マツダ「デミオ」試乗してみた

マツダのコンパクトカー4代目「デミオ」は、魂動デザインコンセプトにより、躍動感と緊張感を持たせたボディデザインを纏って登場して来ました。1.5Lディーゼルターボエンジンと1.3Lガソリンエンジンを搭載し、スポーティーな走りを実現させています。今回は1.3Lガソリンエンジン車の試乗を行ってみました。

マツダ「CX-3」試乗してみた

マツダ「CX-3」はコンパクトSUVとして、1.5LのクリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-Dエンジンを搭載し、魂動デザインと呼ばれるコンセプトでスタイリングされた5番目の車となっています。動的な躍動感を見せるボディと、SKYACTIV-Dエンジンの織り成す走りはどの様なものか試乗で確かめてみました。

新型スズキ「アルトワークス」試乗してみた

15年振りに登場したスズキ「アルトワークス」。軽量ボディにパワフルなエンジンを搭載して、若者を中心に熱い支持を集めたホットハッチの復活です。レカロシートとマニュアルミッションを装備し、スポーツ性を高めた現行の「アルトワークス」は、マニュアルに乗りたくなる魅力を備えた、軽カースポーツ最速の加速力を誇る車です。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル