スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ホンダ「ステップワゴン」選ぶならこのグレードです

5代目となるホンダ「スッテプワゴン」は、テールゲートにわくわくゲートを備えて登場して来ました。SPADAとノーマル系に分かれるシリーズ構成ですが、それぞれのシリーズで、どのグレードがお買い得なモデルなのか比べてみました。SPADAとノーマル系それぞれに、このモデルを選べば間違いなく楽しめます。

マクラーレンホンダ不振の原因を考えてみた

2015年よりマクラーレンと組み、第4期目のF1挑戦を始めた「ホンダ」ですが、周囲の大きな期待とは裏腹に、結果は想像以上に厳しいものでした。この結果を受けて「ホンダ」は矢面に立たされていますが、果たして不振の原因は「ホンダ」のエンジンだけにあるのでしょうか。

ホンダ「ヴェゼル」違いを出すならRSです

国内No.1SUVホンダ「ヴェゼル」ですが、ハイブリッドモデル、ガソリンモデルを用意し、それぞれのモデルの中でグレードを展開しています。グレードにより価格設定が違いますが、当然装備も違ってきます。「ヴェゼル」はどのグレードを購入すれば、バランスのとれた満足感が得られるのか、グレードの違いを比べて徹底比較しました

トヨタ新型「プリウス」試乗してみた

4代目の新型トヨタ「プリウス」は、2015年9月にアメリカで先行発表となり、今までの「プリウス」のイメージを覆す、シャープなスタイリングで登場して来ました。世界初の量産化されたハイブリッドカーは、今までの「プリウス」とは違う「プリウス」へと進化を遂げていました。別物となった「プリウス」の走りを体感してみました。

ホンダ「N-BOXカスタム」ダイハツ「タントカスタム」比較してみた

軽スパーハイトワゴンの人気を二分する「N-BOXカスタム」と「タントカスタム」。共に広い室内に、使い勝手を考えたアイデアが詰め込まれたモデルです。「N-BOXカスタム」と「タントカスタム」両車種の特長ある持ち味はどこなのか、短所はどんなところなのか、どのように選べばいいのか、比較して検討してみました。

ホンダ「N-BOXカスタム」試乗してみた

N-BOX」は、軽スーパーハイトワゴンの車種を持たないホンダが、2011年12月に市場に投入したNシリーズ第一弾のモデルです。2015年2月にリアシートスライド機能を追加して、利便性を向上させた「N-BOX」シリーズの、カスタムモデルの試乗を行い、「N-BOXカスタム」の走りと使い勝手を検証してみました。

スズキ「スペーシアカスタム」ダイハツ「タントカスタム」比較してみた

キングと自称する「タントカスタム」。2015年12月迫力のフロントグリルとなり正にキングの風貌です。対する「スペーシアカスタム」は2015年8月にSエネチャージ搭載になり、デュアルカメラブレーキシステム、全方位メモリー付ナビゲーションが装備できる体制を整え別格を謳っています。この特長のある両車種を比較してみます

ダイハツ「タントカスタムXトップエディションSA-Ⅱ」試乗してみた

軽スーパーハイトワゴンのパイオニア「タント」。2003年11月に初代の販売が開始されて、現行のモデルは3代目となります。「タント」がヒットすると他社も追随し、スーパーハイトワゴン分野も、激しい競争が繰り広げられています。今回は、「タント」ノンターボカスタムXトップエディションSA-Ⅱの、魅力を探ってみました。

スズキ「スペーシアカスタムXSターボ」試乗してみた

スズキ「スペーシアカスタム」は、「スペーシア」の大人しいイメージから、迫力のある外観へと変貌した男性ユーザーを意識したモデルです。2015年8月にターボモデルがSエネチャージに換装され、デュアルカメラブレーキがオプションとして装備できるようになった、「スペーシアカスタムXSターボ」の試乗を行ってみました。

ダイハツ「コペンセロ」ホンダ「S660」比較してみた

ホンダ「S660」とダイハツ「コペン」。オープン2シータースポーツとして、軽自動車規格の中で競い合う良きライバルです。両車種が目指すのは共に、スポーツカーの走りですが、アプローチの仕方は違っています。「S660」と「コペン」の魅力と走りのテイストを比較して比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル