スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ホンダ「S660」試乗してみた

2015年4月より発売が開始されたホンダ「S660」。オープン2シーターにミッドシップエンジンを搭載するスポーツモデル。軽自動車規格の狭い枠の中で、リアルスポーツを追及し、作り上げられた渾身の1台。ホンダ「S2000」以来の復活したSモデル「S660」は、どのような走りをみせるのでしょうか。

ダイハツ「コペンセロ」試乗してみた

ダイハツ「コペンセロ」は、「コペン」シリーズの最後に登場した車です。オープン2シーターのスタイルは、柔らかな丸みを帯びたラインでボディが構成され、親しみ易いスポーツカーとして仕上がっています。この「コペンセロ」の走りは、オープンスポーツの車として、どこまで高められているのか、試乗で確かめてみました。

ダイハツ「ムーヴ」日産「ディズ」比較してみた

2013年の発売以来、快進撃を続ける日産の軽「ディズ」。軽ハイトワゴンの分野では、老舗で幅広い年齢層に支持されるダイハツ「ムーヴ」。今回は「ムーヴ」に挑戦する「ディズ」と位置付けて、両車種を比較してみたいと思います。新興勢力である「ディズ」は老舗「ムーヴ」を超える実力を備えて登場して来たのでしょうか。

新型トヨタ「シエンタ」試乗してみた

2015年7月より発売を開始した2代目新型「シエンタ」。初代より途中中断をはさんで、12年ぶりにフルモデルチェンジを実施したボディスタイルは、先代のイメージを大きく変える、スポティーなスタイルになり、ファミリーカーのイメージを払拭しています。ハイブリッドモデルもシリーズに加わり、その走りや選び方を紹介します。

新型ホンダシビックタイプRの商談申し込み締切迫る!!

2015年10月に公式発表された、新型ホンダシビックタイプRの詳細な販売方法と販売台数が発表されました。シビックタイプRは、タイプR史上初めてのターボエンジンを搭載し、性能も歴代タイプRの中で最高となっています。

VWの排気ガス不正問題を考えてみた

VWの排気ガス不正問題は深刻化を深める VWの排気ガス不正問題が拡大しています。 当初、VWが開発したディーゼルエンジン(2.0L4...

ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」比較してみた

「キャストスポーツSA-Ⅱ」「キャストスタイルGターボSA-Ⅱ」は、同じボディで同じターボエンジンを搭載するモデルです。この両車種の走行性能の違いを試乗を通じて比較してみました。さらに、装備の違いと価格設定についても比べてみました。

ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」スズキ「アルトターボRS」比較してみた

ダイハツキャストシリーズの最後に登場した「スポーツSA-Ⅱ」と、軽量でハードな走りをイメージさせるスズキ「アルトターボRS」。この両モデルの、走りの質や性格はどのように違うのか試乗を通じて比較してみました。

ダイハツ「キャストスポーツSA-Ⅱ」「ムーヴカスタムRSハイパーSA-Ⅱ」比較してみた

キャスト3シリーズ最後の登場で、スポティー部門を受け持つ「キャストスポーツSA-Ⅱ」。幅広い層から支持を集め、ダイハツの最量販車種として人気を集めるムーヴ。そのムーヴのスポティー部門トップグレード「ムーヴカスタムRSハイパーSA-Ⅱ」。同じメーカーで、スポーティ部門を受け持つ両車種を比較してみました。

スズキ「アルトターボRS」試乗してみた

スズキのボトムエンドを担当する、ベーシックな軽自動車「アルト」。そのアルトに、2015年3月走りを指向するユーザーに向けて、ターボモデルのRSが追加されました。今回は、その「アルトターボRS」の実力を確かめるために試乗を行い、魅力を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル