スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

マツダ「CX-3」の予防安全性能評価を考えてみる

マツダ「CX-3」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「CX-3」はミリ波レーダー+近赤外線レーザー+単眼カメラによる、安全運転支援システム i-ACTIVSENSEを搭載し、その性能は次のように説明されています。

ホンダ「CR-V」の予防安全性能評価を考えてみる

ホンダ「CR-V」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「CR-V」はミリ波レーダーと単眼カメラによる、安全運転支援システムHonda SENSINGを搭載し、その性能は次のように説明されています。

ホンダ「インサト」の予防安全性能評価を考えてみる

ホンダ「インサイト」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。「インサイト」が搭載するHonda SENSINGは、ミリ波レーダーに単眼カメラを組み合わせた安全運転支援システムで、その性能は次のように説明されています。

トヨタの新サービス「KINTO」を考えてみる

トヨタの新しいサブスクリプション(月額定額)サービス「KINTO」を考えてみます。「KINTO ONE」は従来からの大きな金額を負担し、車を所有する使い方から、気軽に趣向に合った好きな車や、乗りたい車を自由に選び気軽に楽しむことを目的として提供されるサービスです。

「プリウス」(2018/12MC)おすすめグレードを考えてみる

「プリウス」は近年にまれなワイドセレクションを展開し、グレードも多彩で価格もベーシッモデルの2,518,560円から、最上位グレードの3,284,280円まで70万円を超える差があります。この多くのグレードの中から用途に合わせたおすすめモデルを考えてみます。

ホンダ「ヴェゼルTOURING」試乗してみた

ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」に “TOURING”が追加されました。「ヴェゼル “TOURING”」は1.5LVTEC+ターボエンジンを搭載したモデルで、これまで「ヴェゼル」にはなかったハイパワースポーティグレードです。「ヴェゼル」に積まれるターボエンジンはどのような走りをみせるのでしょうか。

トヨタ「プリウス」ホンダ「シビック」比較してみた

2018年12月にマイナーチェンジを行った「プリウス」と、2017年9月に7年ぶりに国内へ回帰した「シビック」を比較してみます。「プリウス」「シビック」はともにCセグメントに属する車で、全長は4.5mを超え全幅は1.7mを超える大きめのサイズです。「プリウス」と「シビック」の長所と短所を考えてみます。

トヨタ新型「プリウス」(2018/12MC)試乗してみた

トヨタの元祖ハイブリッドカー「プリウス」が、2018年12月にマイナーチェンジを行い登場しました。今回は不評とされるスタイリングの変更に大きな力が注がれ、親しみ易を増すことが大きなテーマとなっています。先鋭過ぎた4代目「プリウス」が、どのように変化したのか試乗で確かめてみました。

「スペーシア ギア」「スペーシア カスタム」比較してみた

スズキの軽スーパーハイトワゴンに新たに加えられた「スペーシア ギア」と、「スペーシア カスタム」を比較してみます。「スペーシア ギア」はこれまでにない、軽スーパーハイトワゴンSUVで、ワイルドでタフな外観をもち、「スペーシア カスタム」はエアロパーツを装備した、押出しの強さが特徴のモデルです。

2018年前期予防安全性能6位~11位を発表

独立行政法人自動車事故対策機構が、2018年度前期予防安全性能アセスメントを発表しています。試験に用いられた車両は11車種で得点により予防安全性能を評価しています。ここでは予防安全性能評価6位~11位の車種を紹介しその内容を詳しくお伝えしています。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171